【デザインタイプ別】日本で人気の海外ブランドから厳選!婚約指輪wishリスト10

【デザインタイプ別】
日本で人気の海外ブランドから厳選!
婚約指輪wishリスト10

Engagement Ring Pick upEngagement Ring Pick up

左手の薬指に輝くダイヤモンドの婚約指輪は永遠を誓うふたりの愛の証。
一生にひとつだけの宝物ですから本当に気に入った逸品を選びたいものですね。
そこで今回は売上上位の海外フランドからデザインタイプ別に厳選したダイヤモンド婚約指輪10点をご紹介します。

ダイヤモンドの美しさを堪能できるデザイン

婚約指輪の主役・ダイヤモンドの煌めきを最大限に引き出すのは、ゴージャスながらエレガントなデザイン。
その洗陳されたフォルムには、いつの時代も変わらない普偏的な価直があります。

  • ラザール ダイヤモンド 「COOPER’S クーパーズ」

    世界3大カッティングブランド

    1903年創業、世界3大ダイヤモンドカッティングブランドのひとつ、ラザールダイヤモンド。創業者のラザール・キャプランは天才カッターとして名高く、ラザールダイヤモンドは世界基準の4CのCutを提唱・定着させたブランドとして知られています。
    こちらのリングは、全米屈指のリゾート地、クーパーズ・ビーチをコンセプトに、永遠に続くかのような白い砂浜と、太陽の光を浴びてキラキラ輝くさざ波を表現した逸品。センターダイヤモンドは、台座部分の深い切り込みによってあらゆる角度から光を取り入れられる設計。左右に拡がるメレダイヤモンドラインは女性の指にしなやかに寄り添い、美しく輝きます。

  • グラフ 「Paragon Pear Shape パラゴン・ペアシェイプ」

    1969年創業、イギリスを代表するダイヤモンドジュエリーブランド、グラフ。創業者のローレンス・グラフ氏は「21世紀のキング・オブ・ダイヤモンド」の異名をとり、大粒かつ最高級品のダイヤモンドのみを扱うハイジュエラーとして知られています。
    こちらの婚約指輪は、センターにペアカット・ダイヤモンドがあしらわれたデザイン。シンプルゆえに、グラフの極上ダイヤモンドの迫カと、クラフトマンの卓越した技術を堪能できる逸品となっています。

  • ショーメ 「Frisson Collection フリソン・ソリテールリング」

    マリー・アントワネットの時代から、フランス王朝御用達ジュエラーとして名を馳せてきたショーメ。懐古主義、自然主義をデインに取り入れたスタイルは、女性の美しさをナチュラルに引き出してくれます。
    こちらのリングは、ブリリアントカットのセンターダイヤモンドのまわりをパヴェダイヤが取り囲むゴージャスかつモダンなデザイン。センターダイヤモンドは5本爪でセッティングされており、光を取り込みながらまばゆいプリズムを演出します。

乙女心をくすぐる可憐なデザイン

レディライクなデザインがお好きな方には、ハートやフラワーモチーフのダイヤモンドリングを。
左手薬指を彩る優美なフォルムは、いつまでも乙女心を忘れない女性にぴったり。

  • カルティエ 「Ballerina バレリーナ」

    フランスを代表するハイジュエラー・カルティエ。こちらのリングは、カルティエの婚約指輪の中でも特に人気の高い逸品。
    センターにあしらわれたダイヤモンドは、カルティエの宝石職人がよりすぐった最高級品。また、センターストーンを両サイドから彩るのは、小粒ながらキラリと輝くメレダイヤ。決して派手すぎないデザインながらも、女性の可愛らしさと華やかさを引き立ててくれます。
    なお、こちらのリングには、リング部分の素材にピンクゴールドを使用したものもあります。

  • ハリー・ウィンストン 「Heart Shape Classic ハートシェイプ・クラシック」

    アメリカを代表するジュエリーブランド、ハリー・ウィンストン。創始者であるハリー・ウィンストン氏は「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれ、美しいダイヤモンドを賛沢に配した高級ジュエリーは今も昔も世界中のセレブリティたちから寵愛されています。そんなハリー・ウィンストンンを代表する婚約指輪がこちら。大粒のハートシェイプダイヤモンドをセンターに、そのサイドにはテーパードカットのダイヤモンドがあしらわれています。ゴージャスさとエレガントさを併せ持ったデザインは、多くの女性の憧れともいえる存在です。

  • ヴァンクリーフ・アーペル 「Socrate Ring Flower ソクラテスリング フラワー」

    宝石商の娘エステル・アーペルと、ダイヤモンド職人のアルフレッド・ヴァン・クリーフの結婚によって1906年に誕生したジュエリーブランド、ヴァンクリーフ・アーペル。卓越したダイヤモンドのカット技術と革新的なデザインは、現在でも世界中の恋人たちから選ばれています。
    こちらのリングは、センターに咲く一輪のダイヤモンドフラワーが印象的な逸品。幼い頃に野原に咲く花でつくった指輪のような可憐さと、最高級ダイヤモンドゆえの輝きが共存しています。リング部分に散りばめられたメレダイヤも、華やかな印象。

  • ティファニー 「Tiffany setting ティファニー®セッティング」

    オードリー・ヘップバーン主演の名作映画「ティファニーで朝食を」のモチーフともなったアメリカのハイジュエラー、ティファニー。
    そんなティファニーを代表するジュエリーが、こちらのティファニー®セッティング。現在の婚約指輪のスタンダードスタイルともいえるこのデザインは、1世紀以上にわたって世界中の女性を魅了し続けています。6本の立て爪でセッティングされたダイヤモンドは、あらゆる角度から光を取り込みキラキラと輝き、左手薬指をエレガントに飾ります。

個性が際立つデザイン

スタンダードな婚約指輪もいいけど、人とはちがう個性的なデザインに惹かれる……そんな方には、ダイヤモンドの美しさとともにクリエイティブなデザインの婚約指輪がおすすめ。

  • ブルガリ 「SPIGA スピガ」

    イタリアエレガンスの象徴として、古くから映画スターやセレブたちに愛されるハイブランド、ブルガリ。
    時代のトレンドを取り入れつつも、時代に流されない普遍的なブランド価値をつくり出しています。そんなブルガリアイテムの中で、ブランドコンセプトを象徴したデザインともいえる婚約指輪がこちら。
    センターにセッティングされたラウンド・ブリリアンカットのダイヤモンドと、豊穣と繁栄の象徴である麦の穂からインスパイアされたリングデザインの組み合わせは、とても個性的。ダイヤモンドの美しさを楽しみつつも、人とは違ったデザインを求める方にぴったりです。

  • グッチ 「Icon Amour アイコン・アモール」

    1921年にイタリアで創業した老舗ブランド、グッチ。上質な素材と卓越した技術、独創的なデザインをベースにファッションから腕時計、ジュエリーなど多くのアイテムを輩出。今も昔もラグジュアリーの本質を求めるセレブリティたちを魅了し続けています。
    そんなグッチが手がける婚約指輪として人気なのがこちらの日本限定リング。グッチのシンボルであるGGパターンとハートシェイプを組み合わせ、ダイヤモンドをあしらったデザイン。シンプルながらもグッチらしいセンスが感じられる逸品です。なお、同デザインでピンクゴールド素材のものも販売されています。

  • シャネル 「Ultra Collection Ring ウルトラ コレクション リング」

    1910年、パリ・カルボン通りの一軒の帽子屋から始まったシャネル。創始者であるココ・シャネルが掲げた「時代は変わってもスタイルは永遠」という理念のもと、ファッションアイテムからジュエリーまで多数のヒット商品を世に送り出しています。
    そんなシャネルの婚約指輪として人気なのがこちらのウルトラコレクションシリーズ。センターにダイヤモンドを配し、リング部分にはいつまでもクオリティが変わることのないハイセラミックを便用しています。シャネルらしいレディライクなフォルムはファッションアイテムとしての価値も高いといえるでしょう。

一覧へ戻る

おすすめの特集記事