それは、ふたりのロマンスの証。
愛のストーリーを結ぶダイヤモンド・エンゲージリング

メインビジュアル

永遠の愛を誓って贈られるダイヤモンド・エンゲージリング。

キラリと薬指に光るそのリングには、装飾品として以上の特別な価値があります。それは、最愛の人と歩んできた軌跡が創り出した価値。そして、これから二人が刻んでいく新たなストーリーの始まりのしるし。

そんなダイヤモンド・エンゲージリングは、どんなときも愛するふたりの「ロマンスの証」として存在しているのです。

映画の中でも。『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 

グレース・オブ・モナコ

ハリウッド女優とモナコ王国大公の「世紀のロマンス」。ふたりの愛を繋げたカルティエ10.47カラットエメラルドカット・ダイヤモンド・リング

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」は、2014年に公開されたニコール・キッドマン主演の映画。ハリウッドのトップ女優からモナコ公国王妃になったグレース・ケリーが、公国の危機に際して「一世一代の芝居」を打って出るという、モナコ公国の歴史の知られざる1ページを描いた物語です。

この映画の見どころのひとつが、劇中に登場する美しいジュエリー。グレース・ケリーといえば、そのファッションに大きな注目が集まる世界的ミューズ。モナコ王妃となってからも、彼女が身に付けるジュエリーやドレスは世界中の女性の憧れの的でした。そんな彼女が愛していたのが、名門ジュエラー・カルティエ。

彼女のカルティエ・ジュエリーコレクションの中でも特に有名なのは、結婚に際してモナコ公国大公レーニエ3世から贈られたダイヤモンド・エンゲージリング。センターに輝く10.47カラットのエメラルドカット・ダイヤモンドの左右に、バゲットカットのダイヤモンドがふたつ、寄り添うようにあしらわれています。

グレース・ケリー自身も、「ロマンスの証」であるこのリングに特別な想いを持っていたようで、引退作となった映画「上流階級」では自ら願い出てこのリングを左薬指にはめていたそう。

もちろん、このリングは、「グレース・オブ・モナコ」の中でもひときわ眩い存在感でスクリーンに華を添えています。そのゴージャスながらもエレガントな佇まいは、王族と女優という立場を超えたふたりの「世紀のロマンス」にふさわしい美しさです。

フレームイン カルティエ

ブランド公式サイト

ブランドを詳しく見る

テレビドラマでも。フジテレビ系『5時から9時まで 〜私に恋したお坊さん〜』 

私に恋したお坊さん

数々の苦難と障害を乗り越えた先の、まばゆいほどのダイヤモンド・エンゲージリング「RAVINE」ラザール ダイヤモンド

石原さとみさんと山下智久さん主演のドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」は、世間知らずのお坊さんとキャリアウーマンの恋の物語。

このドラマの魅力は、石原さん演じるオシャレでトレンドに敏感な英会話教師・桜庭潤子と山下さん演じる由緒正しいお寺の跡継ぎ・星川高嶺が真実の愛にたどり着く、その軌跡。身分の違いや人生に対する価値観の違いによって生じる数々の困難を乗り越え、最後には強い愛がふたりを結びます。

その最終回のプロポーズシーンで贈られたのが、ラザール ダイヤモンドのダイヤモンド・エンゲージリング「RAVINE」。ふたりのドラマチックな愛の結晶としてふさわしい逸品です。「RAVINE」とは、セントラルパークにある滝の名前。柔らかな陽の光をキラキラ反射させながら流れ落ちる水の様子が、リングセンターに輝く大粒のダイヤモンドとそこから続くメレダイヤの煌めきに表現されています。途切れることなく続くダイヤモンドは、まるでふたりのこれからの未来を象徴するよう。

同ドラマの中では、お寺の庭に飾った大きなクリスマスツリーのもと、プロポーズの言葉とともにこのリングが贈られます。ロマンチックなシチュエーションとリングボックスの中でまばゆい光を放つRAVINEに、思わずうっとりした方も多いのではないでしょうか。

フレームイン_ラザールラヴィン

指輪の詳細を見る

ブランドを詳しく見る

テレビドラマでも。日本テレビ系『ホタルノヒカリ2』 

ホタルノヒカリ

干物女が掴んだ愛の結晶!待ちに待った幸せのカタチ…… ヴァンクリーフ・アーペル「エステル」

綾瀬はるかさんと藤木直人さん主演のドラマ、「ホタルノヒカリ」シリーズ。職場では優秀なOLを装っているのに、プライベートは男っ気なし、恋愛するより家でダラダラしていたい「干物女」と、そんな彼女とひょんなことからひとつ屋根の下で生活することになった「部長」とのラブストーリーを描いた作品です。

このドラマの見どころは、なんといっても、綾瀬さん演じる干物女・雨宮蛍と藤木さん演じる部長・高野誠一がお互いの性格や価値観のちがいに反発しあいながらもだんだんと愛を育んでいく様子。シリーズ一作目の一話目では単なる同居人にすぎなかったふたりですが、ドラマ回をかさねるごとに互いが互いにとってかけがえのない大切な存在となっていきます。そして、シリーズ二作目「ホタルノヒカリ2」では、ついに結婚という運びに。

その際に高野から蛍に贈られたのが、ヴァンクリーフ・アーペルの「エステル」です。ヴァンクリーフ・アーペルは、宝石商の娘・エステル・アーペルと宝石のカット職人の息子アルフレッド・ヴァン・クリーフのラブロマンスの末に誕生したジュエラー。愛しあうふたりにはぴったりのブランドです。

エステル・アーペルの名がつけられたこの「エステル」リングは、プラチナのリングの両端を縁取るようにあしらわれたビーズ上のダイヤモンドが繊細で優美な逸品。同ドラマの中では、プロポーズの言葉こそ高野らしいそっけないものでしたが、エステルリングのセンターに輝く大粒のダイヤモンドには部長の大きな愛が込められていたのでした。

フレームイン_ヴァンクリーフアーペルエステル

指輪の詳細を見る

ブランドを詳しく見る

 

芸能界でも。DAIGO×北川景子『ハリー・ウィンストンのダイヤモンド・エンゲージリング』 

北川景子&ダイゴ大物カップルのエンゲージリングは、名門ジュエラー・ハリー・ウィンストンの「ウィンストン・ブロッサム・エンゲージリング」

2016年1月11日に、歌手のDAIGOさんと女優の北川景子さんの結婚会見が開かれました。このとき大きな注目を集めたのは、会見用のマイクを握る北川さんの左手薬指にはめられたきらびやかなダイヤモンドリングでした。

DAIGOさんから贈られたこのリングは、名門ジュエラーとして世界的に知られるハリー・ウィンストンの「ウィンストン・ブロッサム・エンゲージリング」。2カラットのラウンドカット・ダイヤモンドを囲むように16枚の小さな花びらがあしらわれたデザインで、そのエレガントさと可憐さは北川さんの醸し出す雰囲気にぴったり。

華やかな芸能界でのラブロマンスの末に、ふたりを結んだハリー・ウィンストンのダイヤモンドリング。その上質な輝きは、ふたりの人生を明るく照らしていくことでしょう。

フレームイン_ハリー・ウィンストン

指輪の詳細を見る

ブランド詳細を見る

いかがでしたでしょうか。

ダイヤモンド・エンゲージリングは、今も昔も、恋人たちのロマンスの証。でも、それは映画やドラマ、テレビの中だけのことではありません。あなたやあなたの愛する人の薬指を飾るリングには、一体どんなストーリーが刻まれることになるのでしょうか。

ダイヤモンドの煌めきに映し出されるのは、目の前に広がるまだ見ぬ幸福な未来。

二人の愛のストーリーをドラマチックに引き立てる最上級のダイヤモンド・エンゲージリングをお探しください。

一覧へ戻る

おすすめの特集記事