other

夫婦の絆をさらに深める。結婚指輪・マリッジリングの買い替え

大切なパートナーとの永遠の愛を誓う証、結婚指輪。基本的に毎日身につけるものですので、長い年月が過ぎると変色したり、傷が目立ってしまったり、サイズが合わなくなるケースもあります。今回お話するのは、そんな結婚指輪を買い替えるメリットについて。輝きを取り戻した結婚指輪をもって、夫婦の絆をさらに深めましょう。

 

夫婦の絆を再確認!マリッジリングを買い替えるメリット

「結婚指輪は一生ものであり、買い替えるべきではない……」。そう考えている方も多いのではないでしょうか?事実、既存の指輪はクリーニングできるほか、ベースを保ったままサイズ・デザイン変更まで可能です。

 

そもそも結婚指輪には末永く同じものを愛用する、といった決まりがありません。そして、クリーニング・デザイン変更等よりも、買い替えるメリットの方が大きいのです。その具体的な内容は以下の通り。

・倦怠期の脱却に繋がる

二人で過ごしてきた時間が長ければ長いほど、倦怠期を招く恐れがあります。結婚指輪を買い替えると、忘れかけていた思い出や、あの頃の初々しい気持ちが蘇えるはず。もう一度新鮮な気持ちで、夫婦生活を楽しむことができるようになります。

・改めてデザインを選べるのも魅力

年齢を重ねるにつれて指輪のデザインに対する好みが変わります。そして、年齢に応じたふさわしい服装も変化するものです。結婚指輪のデザインが変わると、これまでとは異なる新たなファッションが楽しめるように。“指輪からコーディネートを考える”といった楽しみ方もできるでしょう。

・指にぴったりとフィットする指輪を

経年劣化から指輪のサイズは変化するもの。当然サイズ変更は可能ですが、デザイン性が損なわれる可能性もあるので、ものを選んでしまうわけです。サイズの合わない指輪は、その着用感からストレスに繋がりますので、買い替えを検討してみましょう。“今の指にフィットするかどうか”が最も大切なポイントです。

 

新たな二人の記念日を。マリッジリングを買い替えるタイミングは?

結論からいうと、結婚指輪の買い替えはどのタイミングで行っても構いません。強いていうならば、二人の記念日となる結婚10周年、20周年といった大きな節目がおすすめ。もしくは、結婚記念日や夫婦どちらかの誕生日、お子様の誕生日でもいいでしょう。

 

結婚から一定の年月が経つと、指輪のデザインや好みは変わるもの。美しいダイヤモンドをあしらったデザインや、気品漂うゴージャスなデザインを好む方が多くなります。結婚から10年、あるいは20年経ったタイミングで買い替えを検討してみると、より自分たちに合った結婚指輪がみつかるはず。新しい指輪を身につけ、フレッシュな気持ちで結婚生活を続けていきましょう。

 

年齢に適した一点をみつけよう。マリッジリングを選ぶポイント

指輪選びのポイントは実にさまざま。ある程度の年齢を重ねてから結婚指輪を新調する場合は、以下を重視しつつ探してみましょう。理想的な一点を選ぶことができます。

・年相応のデザインを選ぶ

最初のポイントとなるのが、その指輪が“自分たちの年齢にふさわしいデザイン”かどうか。10代から20代の内は比較的シンプルなものがマッチする一方、年齢を重ねると、上品なデザインの指輪が似合うようになります。夫婦二人の年齢と照らし合わせ、納得のいく結婚指輪を探してみてください。

・長く愛用できるものを選ぶ

上述した通り、指輪はデザインによってサイズ変更が難しくなります。せっかく結婚指輪を新調するのであれば、末長く愛用するためにも、サイズ変更や修理が容易な一点を選びたいところです。

 

結婚指輪の材質はプラチナやイエローゴールド、ピンクゴールドなどが定番。そこにダイヤモンドをあしらったものが人気です。一方、金属は純度によって傷つきやすい一面を持っています。万が一傷をつけてしまったり、破損した場合でも、柔軟に対応できる指輪を選ぶべきです。

 

おすすめはコレ!買い替えにぴったりのマリッジリング

買い替えにおすすめなのは、やはりラザール ダイヤモンド様の結婚指輪。ここでは、記念すべき二点目にぴったりなダイヤモンドをあしらった指輪をご紹介しましょう。

ミネッタ

シンプルなデザインでありながら、きらびやかな手元を演出するミネッタ。完成度の高いストレートアームによって引き立てられるダイヤモンドが、夫婦の絆を連想させてくれます。カジュアルなファッションにもマッチする指輪ですので、デイリーユースにぴったり。日々の生活を華やかに彩ってくれることでしょう。

キャナル

キャナルはアンティークな建築が立ち並ぶ街並みをイメージしてデザインされた指輪です。メンズ・レディースでデザインが異なり、5石のダイヤモンドを贅沢にあしらったレディースと、シンプルかつクールな印象を与えるメンズが用意されています。いずれも柔らかな丸甲のフォルムに仕上げられており、クラシカルで優美な結婚指輪です。

 

新しいマリッジリングが、二人の絆をさらに深める

 2 これまで身につけてきた結婚指輪は、愛するパートナーの想いが詰まっている宝物。だからこそ、容易に手放せないものですが、残念ながら経年劣化には逆らえません。デザイン等の関係から、修理やサイズ変更ができないケースも多いので、節目となるタイミングで買い替えを検討してはいかがでしょうか? 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム