other

国際結婚はいろいろ面倒?外国人の恋人と幸せになるために知っておくべき2つのこと

喜ばしい反面、何かと手続きが面倒な国際結婚。「国籍や戸籍はどうなるの?」「必要な書類は何?」などと心配になってしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、スムーズな国際結婚を実現するために知っておくべき必要書類の種類と国籍変更の手順についてご紹介します。さらに、国際結婚ならではのロマンチックな婚約指輪の渡し方やプロポーズの豆知識もご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

 

まず把握すべきは、手続きに必要な書類

d-11-2

まずご紹介するのは、外国人と結婚する際に必要な書類についてです。

「婚姻届」や「戸籍謄本」などは日本人同士での結婚でも必要ですが、国際結婚ではこれらの書類に加えて「パスポート」や「婚姻要件具備証明書」といった書類も必要となります。特に婚姻要件具備証明書は、あまりなじみのない書類ではないでしょうか?

婚姻要件具備証明書とは、「結婚相手の外国人が独身であること」「相手の国の法律において、日本人と結婚することに問題がないこと」を証明するための書類です。

婚姻要件具備証明書が入手できるのは、結婚相手の母国にある在日大使館もしくは領事館などの場所。これらの場所で入手した婚姻要件具備証明書は相手の母国の言語で書かれるため、手続きの際は必ず日本語訳したものも一緒に用意しましょう。翻訳するのは、結婚する当事者たちでも第三者でもOKです。翻訳者の氏名も一緒に記入して、手続きに臨みましょう。

ただし、国によっては婚姻要件具備証明書を発行する制度がないケースも。

その際は「宣誓書」など、代わりの書類を発行してもらう必要があります。宣誓書は、結婚相手の外国人が母国の領事館へ赴いて「法律で定める結婚年齢に達していること」「日本人との結婚が法律上において問題ないこと」を宣誓し、領事に認めてもらうことで発行してもらうことができます。

 

変更は必要?不要?国際結婚時の国籍

d-11-3

国際結婚をする際、国籍や戸籍にはどのような変化があるのでしょうか。

例えば日本人男性と外国人女性が結婚した場合は、両者とも母国の国籍のままとなり、変更手続きの必要はありません。一方、日本人女性と外国人男性が結婚する場合は変更手続きが必要になることがあります。ただ、その内容は外国人男性の出身国によって異なります。

外国人男性の国籍がタイやフランスであった場合、日本人女性は任意によってパートナーと同じ国籍へ変更することができます。言い換えれば、変更手続きをしなければ両者とも母国の国籍のままということになります。

一方、外国人男性の国籍がイランなどの場合は、日本人女性は自動的に外国籍を取得することになります。ただし日本国籍も保持したままとなるので、日本の法律では認められていない「二重国籍」の状態になってしまうのです。
そのため、この場合は結婚から2年以内に「国籍選択届」という書類を記入して提出する必要があります。手続きを放置していると、日本国籍が消失してしまうので要注意です。

ちなみに戸籍については、外国人パートナーの日本での戸籍は作ることはできず、日本人の戸籍に外国人パートナーの情報が新しく追加される対応が行われます。具体的には、戸籍の身分事項にある「婚姻」欄に外国人パートナーの氏名や生年月日、国籍などの情報が追加されるのです。

苗字については、手続きを行わなければ日本国籍上の苗字のままです。苗字を変更したいのであれば、結婚から6カ月以内に在外日本大使館、もしくは領事館で手続きをする必要があります。

 

外国人ならでは?ロマンチックな婚約指輪の渡し方

当然ながら、日本人と外国人には言葉や文化に大きな違いがあります。その違いは、国際結婚にも大きく表れるもの。プロポーズ時の婚約指輪の渡し方がその一例です。その方法は、男性が女性の前にひざまずいて婚約指輪を取り出し、プロポーズするというもの。映画などでよく見る、憧れのシチュエーションです。

このロマンチックなプロポーには、実は古くからあった貴族や騎士の文化に起源があります。膝をつくという仕草は、本来「敗北を認める仕草」「忠誠や敬意を表す仕草」です。この仕草を男性が女性にするということは最大限の愛情表現とされ、時代とともに求愛行動として変化してきたのです。

シェイクスピア文学など英語文化圏で親しまれている文学作品には、この仕草でプロポーズをして婚約指輪を手渡すシーンが多く登場します。

こうした文化的な背景があり、英語文化圏の男性には婚約指輪を手渡す際にひざまずく方が多いのです。映画の中だけでなく、現実でも一般的に行われているロマンチックなプロポーズ。婚約指輪やプロポーズへの憧れが、より強まるエピソードではないでしょうか。

 

幸せな国際結婚へのカギは厳重な下調べ

国際結婚には文化や言葉の壁、なじみのない手続きなどがつきもの。必要書類や手続き方法をあらかじめ把握しておくことは、スムーズな国際結婚につながります。

大切なパートナーと無事にゴールインするためにも、必要書類や手続きに関する情報はこまめに収集しておきましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム