other

誕生石・星座石だけじゃない!日本独自の「干支石」とは

見るものを虜にしてしまう美しい宝石たち。ダイヤモンドやルビー、サファイアなどは誕生石・星座石としても知られており、その眩い煌めきだけでなくロマンティックな石言葉でも多くの人々を魅了しています。
一方、中国から伝わったアジアならではの文化・干支にも「干支石」と呼ばれるものがあり、それぞれを象徴する宝石やパワーストーンが決められています。

そこで今回は、干支石の由来や干支ごとに割り振られている干支石の種類、石言葉などについてご紹介します。

 

ミステリアスなヴェールをかぶった「干支石」の由来

d-6-2

日本をはじめ、アジア圏の文化のひとつである「干支」。時刻や方角を表す十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)と、年や日を表す十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)を組み合わせたものです。また、十干を省略して十二支だけで年を表すことも一般的であり、日本では鼠・牛・虎・兎・竜・蛇・馬・羊・猿・鶏・犬・猪の12種類の動物をあてはめています。

十二支には「干支石」が決められており、守護石とも呼ばれています。今でこそ12の干支それぞれに決まったパワーストーンがあてはめられていますが、もともとは極楽浄土を司るといわれる七宝の中から選ばれていたそう。しかし、多くの美しいパワーストーンが発見されてからは、十二支の守り神であるご神体の色にちなんだ石を守護石=干支石とするようになったそうです。

 

パワーストーンの恩恵とは?干支石が囁く愛

d-6-3

干支石は開運をもたらすといわれており、それぞれの干支にはメインストーンとサブストーンが据えられています。

 

・子
子年の干支石は、琥珀です。健康や長寿、安産などのお守りとしても知られています。石言葉には「抱擁」「癒やし」「家族の繁栄」「大きな愛」などがあり、恋人や家族への贈り物にぴったりの甘い色をしています。なお、サブストーンは「誠実」という石言葉を持つトパーズです。

 

・丑
丑年の干支石は、真珠です。女性の美しさを象徴する宝石として知られている他、縁結びの石としても人気があります。石言葉には「純潔」「円満」「富」などがあり、純粋無垢な輝きを放つダイヤモンドと同じく結婚式などで人気があります。なお、サブストーンは「純粋な愛」という石言葉を持つムーンストーンです。

 

・寅
寅年の干支石は、タイガーアイです。洞察力や決断力を養い、仕事運や金運を高めるパワーストーンとして知られています。石言葉には「好奇心」「独立」「富貴」などがあります。なお、サブストーンは「静かに見守る」という石言葉を持つキャッツアイです。

 

・卯
卯年の干支石は、翡翠です。仁・義・礼・智・信の5つの徳を備えた「奇跡の石」と呼ばれており、石言葉には「健康と繁栄」「福徳」「幸福」などがあります。なお、サブストーンは「夫婦愛」という石言葉の他、「愛の成就」という意味も持つエメラルドです。

 

・辰
辰年の干支石は、カーネリアンです。迷いを振り切り希望に向かって突き進む勇気を授ける他、理想の恋愛をもたらす「愛の石」としても知られています。石言葉には「頭脳明晰」「深い友情」「満足」などがあります。なお、サブストーンは「真実」という石言葉を持つガーネットです。

 

・巳
巳年の干支石は、黒真珠です。別名「月のしずく」とも呼ばれており、母性を感じさせる女性的な魅力を秘めています。石言葉は「静かな心強さ」です。なお、サブストーンは「夫婦の幸福」という石言葉を持つオニキスと、「密かに燃える思い」という石言葉を持つヘマタイトです。

 

・午
午年の干支石は、サードオニキスです。恋人や夫婦の関係を安定させる力があり、大切な人との結びつきをサポートします。石言葉には「夫婦の幸福」「和合」などがあります。なお、サブストーンは「情熱」「愛」などの石言葉を持つルビーです。

 

・未
未年の干支石は、紅珊瑚です。石言葉は「寛容と冷静な愛情」「幼心」であり、ヨーロッパでは子どもを守るお守りとしても知られています。また、家庭円満や子宝運にもパワーを発揮することから、妊娠や出産のお守りにもぴったりです。なお、サブストーンは「新しい愛の到来」「秘めた情熱」などの石言葉を持つインカローズです。

 

・申
申年の干支石は、水晶です。直感力や創造力を育むパワーストーンであり、ダイヤモンドにも負けない透明な輝きから多くの方々に愛されています。石言葉は「純粋」「繁栄」「純真」などです。なお、サブストーンは「潤い」「好転」などの石言葉を持つオパールです。

 

・酉
酉年の干支石は、シトリンです。金運や財運を呼ぶパワーストーンであり、「幸運の石」として古くから愛されています。石言葉は「友愛と希望」「金運」などです。なお、サブストーンは「成功」「長寿」などの石言葉を持つ黄瑪瑙(イエローアゲート)です。

 

・戌
戌年の干支石は、ラピスラズリです。深い青が魅力的であり、古くから「幸運を招く石」として知られています。石言葉には「成功の保証」「幸運」「真実」などがあり、持ち主を正しい方向へと導きます。なお、サブストーンは「誠実」「愛情」「不変」などの石言葉を持つサファイアです。

 

・亥
亥年の干支石は、紅翡翠です。理想や願いを叶えるエネルギーを秘めており、前に進むための力や忍耐力などを与えます。石言葉は「決断力」であり、人生において大きな選択を迫られたときによい結果へと導きます。なお、サブストーンは「愛の告白」「真実の愛」「平和」などの石言葉を持つローズクォーツです。

 

日頃から婚約指輪や結婚指輪などのダイヤモンドジュエリーを身につけているという方は、ダイヤモンドと相性のよい干支石を選びましょう。例えば、エメラルド、パール、サファイア、ルビー、翡翠などはダイヤモンドとの相性がよく、仕事運、財運、恋愛運、家庭運などのさまざまな運気を呼び寄せて自身を守ります。

 

守護を司る干支石を身近に……

それぞれの干支には、守護を司る石・パワーストーンが決められています。誕生石や星座石などに興味がある方は、ぜひ干支石にも目を向けてみてください。きっと、あなたにぴったりのパワーストーンが見つかります。ダイヤモンドや真珠など、よく身につける身近な宝石との相性を考えながら素敵な石を選んでみてくださいね。

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム