コラム

other

結婚60年目・ダイヤモンド婚式に贈るおすすめジュエリー

結婚60年目のおめでたい節目は、「ダイヤモンド婚式」と呼ばれています。これからの健康長寿や子孫繁栄を祈願するダイヤモンド婚式は、特別なダイヤモンドジュエリーでお祝いしてみませんか?今回は、ダイヤモンド婚式とはどのようなイベントなのか、ダイヤモンド婚式で贈るのに相応しいおすすめのダイヤモンドジュエリーについてご紹介します。婚約指輪を選んだときのような特別な気持ちで、ジュエリーを選んでみてください。

 

特別な結婚記念日「ダイヤモンド婚式」とは?

d-12-2

結婚すると、1年に1度やってくる大切な日が「結婚記念日」です。毎年の結婚記念日には、さまざまな贈り物をしたりサプライズをしたりする方も多いのではないでしょうか。

 

節目となる年の結婚記念日は、特別な呼び名で呼ばれていることがあります。25年目の結婚記念日である「銀婚式」、50年目の結婚記念日である「金婚式」は有名です。他にも、結婚1年目は「紙婚式」、5年目は「木婚式」というような名称もあります。

 

これらの記念日の中でも、結婚60年目の節目を祝う「ダイヤモンド婚式」は特におめでたい記念日です。ダイヤモンドといえば、婚約指輪や結婚指輪にあしらう宝石として人気が高く、結婚したころの思い出が蘇るという方も多いのではないでしょうか?また、ダイヤモンドは地上で最も硬い鉱物だとされ、長年連れ添った夫婦の硬い絆を象徴するのにも相応しいといえます。

 

せっかくのダイヤモンド婚式は、ご家族や親しい友人知人を招いて、ちょっとしたパーティーを開いてみてはいかがでしょうか?パーティーの場を設ければ、普段なかなか感謝の気持ちを伝えられないご子息やお孫さんと喜びを分かち合うことができます。加えて、長らく会っていない旧友と久しぶりの再会を楽しむ場にもなりますよ。ホームパーティーのようにささやかにお祝いするもよし、ホテルやレストランなど、特別な日に相応しい場所を予約してお祝いするもよし。人数や日程を調節しながら、楽しいお祝いを過ごしてみてください。

 

節目の結婚記念日に贈りたいギフト

d-12-3

ダイヤモンド婚式は、夫婦が60年もの間育んできた絆を祝福する大切な記念日です。節目を飾るのに相応しい、特別なギフトを用意することも忘れずに。ダイヤモンド婚式のギフトには、やはりダイヤモンドがあしらわれたジュエリーがおすすめです。中でも、日常使いしやすく上品なデザインのジュエリーであれば実用性も抜群です。

 

例えば、小ぶりなダイヤモンドをあしらったペンダントトップはいかがでしょうか?エレガントかつ主張しすぎないデザインなので、どんな服装にも合わせることができます。小ぶりで上品な大きさのダイヤモンドがあしらわれたジュエリーを選んで、さりげない胸元のおしゃれを楽しんでもらいましょう。初めて婚約指輪を選んだときのように、初々しい気持ちで選んでみてくださいね。

 

また、指輪をプレゼントするというのもひとつの手です。婚約指輪や結婚指輪に代表されるように、指輪はさまざまな記念日をお祝いするのに最適なアイテムなのです。上述したとおり、普段使いしやすくいつでも身につけておけるデザインの指輪を贈るもよし。婚約指輪のように華やかなデザインの指輪を贈り、結婚60年目の節目を飾るもよしです。

 

思い切って、オーダーメイドジュエリーを贈るという選択肢もあります。オーダーメイドジュエリーには「セミオーダー」と「フルオーダー」の2つのスタイルがあり、ご自身の予算や好みに合わせてセミオーダーかフルオーダーかを選ぶことができます。

 

セミオーダーは、宝石やそれを飾る枠の素材、デザインなどをいくつものパターンの中から選んでいくスタイルを指します。宝石のサイズを調節したり、枠の素材を変更したりすることが可能で、安定感と柔軟性を兼ね備えているのがポイントです。「せっかくだから特別感のあるジュエリーを贈りたいが、フルオーダーはなんとなく気負いしてしまう」という方に適していますよ。完成するまでの期間は1カ月~1カ月半程度なので、お祝いに間に合うよう事前にしっかりと依頼のプランを立てておきましょう。

 

フルオーダーの場合は、ジュエリーデザイナーに希望のデザインをヒアリングしてもらい、一からオリジナルのジュエリーを製作してもらうことができます。世界にひとつしかない、特別なジュエリーを作りたいという方におすすめのスタイルです。完成までの期間は、デザインの描き起こしから2カ月~3カ月程度だと考えておきましょう。ダイヤモンド婚式に間に合うよう、しっかりとしたプランを立てて購入することが大切です。

 

60年目の絆を、ダイヤモンドの輝きで祝福しよう

ダイヤモンド婚式は、60年育んできた夫婦の絆を祝福する大切な記念日です。そんなダイヤモンド婚式は、婚約指輪や結婚指輪と同じく特別なジュエリーで祝福してみてはいかがでしょうか?夫婦でどのような日にするのかよく話し合い、素敵なダイヤモンド婚式を迎えてくださいね。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム