コラム

other

おなかの赤ちゃんに愛をこめて。妊婦さんのための「マタニティリング」

妊娠・出産は、結婚と並んで喜ばしい出来事。そんな素敵なイベントを祝福するアイテム、“マタニティリング”をご存じでしょうか? 今回は、ダイヤモンドをあしらった婚約指輪と一緒に付けられる“マタニティリング”についてご紹介します。

 

ダイヤモンドの婚約指輪と、パールのマタニティリング

6-2

指輪と一口でいっても、その種類はさまざま。なかでも婚約指輪や結婚指輪は、幸せに満ち溢れた男女を象徴するアイテム。多くの女性が、きらめくダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪を受け取る瞬間を夢見ています。この他にも最近は、赤ちゃんに贈る“ベビーリング”や、妊婦さんが身に付ける“マタニティリング”と呼ばれる指輪も登場しています。

 

マタニティリングとは、妊娠が発覚した時から身に付ける記念の指輪のこと。小粒の真珠“ベビーパール”があしらわれているのが、大きな特徴です。指輪の素材には特に指定がなく、ゴールドをはじめプラチナやシルバーなどが使用されています。ゴールド素材でファッション性の高いものに仕上がっているものや、シルバー素材でシンプルかつ上品に仕上がっているものなど、デザイン性はさまざま。そのため、自身にとって満足のいくデザインの指輪を選ぶことができます。

 

婚約指輪に使用されるダイヤモンドに、“清浄無垢”や“変わらぬ愛”といった石言葉があるように、マタニティリングにあしらわれるパールにも石言葉があります。それは“円満”、“健康”、“無垢”というもの。赤ちゃんとお母さんの健康や固い絆を象徴するアイテムに相応しい石言葉といえます。

 

マタニティリングは、旦那様が奥様にプレゼントするケースの他、奥様のご友人やご家族から贈られるケースもあります。マタニティリングをいただいた際は、“安産祈願のお守り”として身に付けるとよいかもしれません。

 

小さな指輪には、こんな意図が込められていた

6-3

ダイヤモンドがはめ込まれた婚約指輪や結婚指輪は、左手の薬指に付けるもの。マタニティリングを付ける指にも決まりがあり、左手の小指に付けるのが一般的だとされています。

マタニティリングの意義は、“周囲へアプローチができる”というもの。マタニティリングにより、自身が妊婦であることを周囲へ知らせることで、周囲の協力を得られやすくなります。

 

そんなマタニティリングを選ぶ際は、妊娠中や産後のことを意識することが大切です。むくみやすい妊娠中や産後は、指のサイズが変動するもの。そのため、柔らかい素材のプラチナや18金など、サイズ変更がしやすい指輪を選ぶのが得策です。自身のサイズに合ったマタニティリングなら、婚約指輪との重ね着けを気軽に楽しむことができます。

 

マタニティリングを婚約指輪や結婚指輪のすぐ隣に付けることで、親子がそっと寄り添っているような印象になり、自身はもちろん、周りの人たちもほっこりした気持ちになります。また、手元がより一層華やかになり、女性としての美しさもさらにアップすること間違いなしです。

 

明確な定義がない“出産のお守り”

マタニティリングは、身に付ける本人が妊娠中であることを周囲へ知らせるものであると同時に、妊婦さんを精神的に支えるお守りとして認知されつつあります。ただ、婚約指輪や結婚指輪の習慣と比べると、まだ定着しているとはいえません。そのため、マタニティリングの在り方は人により異なることがあります。

 

マタニティリングの代わりに、赤ちゃんにベビーリングを付けるというのがその一例です。ベビーリングとは、赤ちゃんの誕生石をあしらった赤ちゃん用の指輪のこと。4月生まれの赤ちゃんにはダイヤモンド、5月生まれの赤ちゃんにはエメラルドというように、指輪に小さな宝石をあしらって赤ちゃんの健康と幸せを祈ります。

 

ここで注意しなければならないのは、ベビーリングはあくまでも赤ちゃんが大人に成長してから贈る指輪だということ。赤ちゃんの頃に付けてしまうと、誤飲の危険性が出てきます。そのため、「赤ちゃんが成長した際に改めてプレゼントし、それまではお母さんがペンダントとして身に付ける」といった使い方が望ましいといえます。

 

ガーネットやアクアマリン、ダイヤモンドなどの誕生石があしらわれたべビーリングは、「健やかに、そして幸せに育ちますように」という願いが込められた指輪。出産前から身に付ければマタニティリング同様、安産のお守りになってくれるはずです。

 

赤ちゃんとお母さんの絆を象徴するアイテム

ダイヤモンドをあしらった婚約指輪が夫婦の絆を象徴するアイテムなら、パールのマタニティリングは親子の絆を深めるアイテム。パールをあしらった正統派マタニティリングを贈るのもよし、ダイヤモンドなど赤ちゃんの誕生石をあしらったベビーリングを、赤ちゃんが大きくなったときに贈るファーストジュエリーとして贈るもよし。赤ちゃんとの絆を象徴するマタニティリングを、ぜひ身に付けてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム