コラム

other

名作を世に生み出す! ジュエリーデザイナーの名仕事

豪華なダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪は、多くの女性の憧れ。そんな婚約指輪などの、さまざまな宝飾品をデザインするのがジュエリーデザイナーの役割です。そこで今回は、美しい婚約指輪を世に送り出す、ジュエリーデザイナーという職業についてご紹介します。

 

さまざまな宝飾品を生み出す、ジュエリーデザイナーの仕事

6-2

ジュエリーデザイナーとは、婚約指輪やイヤリング、ブレスレットなどの宝飾品をデザインする職業のことです。ダイヤモンドなどの宝石や、金・プラチナなどの貴金属の知識を活かして、さまざまな宝飾品を世に送り出します。ジュエリーデザイナーには、“企業内デザイナー”と“フリーデザイナー”という2パターンの雇用形態があります。

企業内デザイナーは、会社のコストを考慮しながら多くのデザイン案を提案しなくてはいけません。これは婚約指輪をはじめ、宝飾品に使用されるダイヤモンドや貴金属が高価な資材であるからこそ求められるスキルです。会社側のコストを押さえつつ、消費者の好みや流行を掴んでデザインを固めていく力が必要とされます。一方、フリーデザイナーは、宝飾店などをクライアントにして宝飾品をデザインします。

また、ジュエリーデザイナーには、デザインを専門で請け負う人と、製作までの工程を請け負う人がいます。後者には、優れたデザインスキルはもちろんですが、一連の工程を俯瞰して調整するスキルも必要とされます。具体的な仕事の流れは、以下の通りです。

 

・デザインの描き起こし
ダイヤモンドなどの宝石、金やプラチナといった貴金属の知識を活かして、アナログまたはデジタルツールでデザイン画を描き起こしていきます。

・製作
作成したデザインをもとに、宝飾品を製作していきます。製作担当者が別にいる場合は、このタイミングで仕事をバトンタッチします。

・仕上げ
専用の型を使って形を作り、ヤスリで形を整えていきます。その後、細かい調整や仕上げをして、宝飾品が完成します。

ダイヤモンドを使った特別な婚約指輪も、ジュエリーデザイナーのこうした仕事があってこそ美しくなるのです。

 

ジュエリーデザイナー、その厳しい道のり

Ideas Creation Design Inspiration Vision Concept

ジュエリーデザイナーへの道のりは、大きく3パターンに分けることができます。

最も一般的なコースが、専門学校や美術学校で専門知識を学んでから企業に入社するというパターンです。専門学校に通うことで、ダイヤモンドなどのジュエリーや各種素材の基礎知識が身につき、必要なノウハウを習得できます。就職活動のバックアップなど、学校側から手厚いサポートを受けられるのも大きな特徴です。どんなジュエリーデザイナーになりたいのかを明確にして、自身の目標に合った学校を選ぶことが大切です。

2つめが、専門知識やノウハウを独学で取得して就職活動をするというパターンです。デザインや各種素材の基礎知識をはじめ、製図のノウハウや製作技術を全て一人で学ばなければならないため、忍耐力と根気が必要です。こうして学んだ基本をもとにして、自分なりの感性でデザインをします。デザインした作品はポートフォリオにして、デザイン会社や宝飾店に売り込むための材料にします。ここで企業に実力が認められれば、ジュエリーデザイナーとしてのキャリアをスタートさせることができます。

3つめが、デザイン会社でアルバイトをしながら実務経験を積むというパターンです。現場でプロのデザイナーの仕事を間近で見ることができるため、知識や技術を効率よく吸収できます。しかし、全くの未経験者を雇う企業は少ないのも事実。最低限の知識を事前に学習しておき、根気よく求人を探すことが大切です。

 

ジュエリーデザイナーとして成功するためには、国内外のコンペティションに参加する方法があります。例えば、1984年のベルギーで立ち上げられたダイヤモンドジュエリーのコンペティション“HRD Awards”。“ジュエリー界のオスカー”とも呼ばれるほど権威のあるコンペティションでは、毎年世界中のジュエリーデザイナーが腕を競い合っています。コンペティションに集まる応募作品は、実に1,000点を超えます。これだけ多くのライバルのなかから選ばれることは、到底容易なことではありません。厳しい競争を勝ち抜いてきたジュエリーデザイナーが手掛けた婚約指輪やダイヤモンドは、それだけの価値があるといえるのです。

 

ダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪やネックレス、ブレスレットなどの宝飾品は、世界レベルの狭き門を潜り抜けてきたジュエリーデザイナーたちの並々ならぬ努力によって作り出されているのですね。

 

美しい婚約指輪たちを生み出す仕事

いかがでしたか。高価なダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪は、恋人との絆を象徴するのにふさわしいアイテムです。これらのアイテムをより価値あるものにするのが、ジュエリーデザイナーの仕事。ダイヤモンドや婚約指輪を選ぶ際は、デザイナーの鋭いセンスに注目してみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム