コラム

other

婚約指輪を紛失してしまった!どうすればいい?

婚約指輪や結婚指輪は、大切なパートナーとの絆を象徴する特別なアイテム。しかし、日常生活でうっかり指輪を紛失してしまった、という方も意外に多いのです。そこで今回は、大切な婚約指輪や結婚指輪を紛失してしまった際の対処法や、紛失しないように普段から気をつけておきたいポイントなどをご紹介していきます。

 

要注意!指輪を紛失しやすいケース

食器洗い

大事にしまっていたはずの婚約指輪の保管場所をいつの間にか忘れてしまったり、「家事をする間だけ」と思って一瞬外していた結婚指輪を紛失してしまったりする方は意外に多いもの。大切な婚約指輪や結婚指輪を紛失してしまわないためには、まずは紛失しやすいシーンを把握しておくことが大切です。一般的に、指輪を紛失しやすいシーンには以下のような例があげられます。

水仕事の際に外していつの間にか紛失
料理や食器洗いなどの水仕事中は、「指輪を水で傷めたくないから」という理由で婚約指輪や結婚指輪を外す方も多いのではないでしょうか。水仕事中に指輪を外して、家事が済んだらまた付け直すことができれば問題はありません。しかし、指輪は思ったよりも小さく目立たないもの。どこに置いたかをうっかり忘れてしまわないように、指輪はできるだけ目立つところや定位置に置いておきましょう。

指輪のサイズが合わなくなって紛失
指と指輪のサイズの変化にも気を付けましょう。購入時はサイズがぴったりであっても、指のサイズや形は年月とともに変わるものです。婚約指輪や結婚指輪を付けたとき、リングが指の周りでくるくると回せるようになったらサイズが変化している証拠。うっかり外れてなくさないように、注意が必要です。

もちろん、これらのシーン以外にも指輪を紛失する事例はさまざまです。大切なことは、紛失しないための防止策や、万が一紛失してしまった際の対策をきちんと考えておくことです。

 

今からできる、紛失の防止策

Golden wedding ring in the brown box

婚約指輪や結婚指輪をきちんと保管しておくためにも、紛失には細心の注意を払いましょう。そこで、今からでも簡単に行える、紛失防止策の一例をご紹介します。 

指輪はずっと付けたまま
指輪紛失の防止策として最も確実な方法は、「指輪を外さない」ということです。結婚指輪はシンプルで洗練されたデザインのものが多いため、普段から身に付けやすいですし、婚約指輪もカジュアルなデザインのものは普段から身に付けておくことをおすすめします。 

サイズ選びとその後の変化に気を付ける
指輪のサイズの変化は意外に気がつかないものです。いつの間にか指輪が抜けてしまい、そのまま紛失してしまうのは絶対に防ぎたいところ。指の形はそのときの体調や季節によって微妙に変わってくるものなので、定期的なサイズチェックを忘れずに行いましょう。もしサイズが合わない場合は、サイズ変更などを検討するとよいかもしれません。なお、購入前の段階であれば、ぴったりサイズのものや少しきつめのサイズを選ぶのが得策です。

しまう場所をあらかじめ決めておく
人によっては、「仕事中は指輪を外す」「料理や皿洗いをしているときは指輪を外す」という方もいるはず。そんな方は、指輪の保管場所をあらかじめ決めておくことをおすすめします。決まった容器に入れておいたり、ネックレスなどに指輪を通してかけたりと、定位置に保管することを徹底しましょう。

これらのことを意識しておけば、大切な婚約指輪や結婚指輪の紛失を効果的に防ぐことができます。

 

万が一、紛失してしまったらするべきこと

いくら気を付けていても、ちょっとした不注意から指輪を紛失してしまう場合もあります。そうなった場合は、落ち着いて以下のような対処法を試してみましょう。

排水溝を探す
万が一、水仕事中に指輪を紛失してしまったら、まずは排水溝を調べてみましょう。指輪は比重があるため、水の勢いでも流れきれずに排水管のどこかに留まっている可能性があります。場合によっては排水管を分解する必要も出てきますが、一度時間をかけてじっくり探してみることが大切です。

遺失物届を出す
外出先で指輪を紛失してしまった場合は、速やかに近くの派出所に遺失物届を出しましょう。駅やショッピングセンターなどの広い場所で紛失したのであれば、施設内の忘れ物担当部署や管理室、駅務室に相談するという手もあります。届出を出す際、紛失した大まかな場所を覚えているのであればそれをしっかり伝えることも大切です。

紛失保障を利用する
すべてのブランドではないものの、婚約指輪や結婚指輪に「紛失保障」を付けているブランドもあります。紛失した指輪にこうした保障が付いているのであれば、保障の内容や条件を確認してみましょう。無料ではありませんが、同じ指輪が手元に帰ってくる可能性があります。指輪選びをしている方は、こうした紛失保証を付けてくれるブランドで指輪を購入するのも手です。

 

ずっと大切にしたいものだから

いかがでしたか。婚約指輪や結婚指輪は夫婦にとって特別なアイテムです。それを紛失してしまうと、精神的に落ち込んでしまいますよね。そうならないためにも、上記で紹介したポイントを意識して、指輪を大切に保管してくださいね。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム