other

多色性、カラーチェンジ……宝石の持つ不思議な特徴

ダイヤモンドをはじめ、世界にはさまざまな宝石があります。そのなかには、カラーチェンジや遊色効果など、不思議な色の特徴をもつ宝石もあります。そこで今回は、そんなミステリアスな輝きを見せる宝石についてご紹介します。婚約指輪をはじめ、大切なジュエリーを選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ドラマチックな表情を見せる宝石たち

pixta_1284411_M

婚約指輪やベビーリングなど、宝石をあしらったジュエリーに興味がある方のなかには、「カラーチェンジ」や「遊色効果」といったキーワードを耳にしたことがある方も多いかと思われます。これらの特徴は特定の宝石に見られる現象です。光の角度によって色が違って見えたり、その輝きの度合いが違って見えたりします。なかでも、「カラーチェンジ」「多色性」「遊色効果」は、特に有名な特徴の事例です。

「カラーチェンジ」
当てる光によって色を変える宝石を「カラーチェンジストーン」と呼びます。異なる光色を吸収することによって、同じ宝石が違う色を示すことをカラーチェンジと呼びます。カラーチェンジの特徴が見られるのは、アレキサンドライトやカラーチェンジ・ガーネット、カラーチェンジ・サファイアなどの宝石です。

「多色性」
宝石のなかには、見る角度によって石の色が違って見えるものがあります。この現象が起こる要因は、宝石の結晶にあります。宝石のなかには多くの結晶が存在しており、宝石の色や輝きは結晶の光の屈折率に左右されます。結晶のどの方向に光が拡散・通過するかで光の偏り方が変わるため、色が違って見えるのです。
見る角度によって色を変える宝石は「多色性が認められる」と表記され、特別な扱いを受けるケースもあります。多色性があるといわれる宝石には、青紫色の色彩が美しい「アイオライト」や、ピンクやグリーン、イエローなど、さまざまなカラーバリエーションがある「タンザナイト」などがあげられます。

「遊色効果」
別名は「プレイ・オブ・カラー」。宝石が虹色のような色彩を示す現象を指します。遊色効果は、石に入ってきた光が、結晶や粒子の働きによって分散・乱反射をすることで発生します。遊色効果が見られる宝石として有名なものは、何といってもオパール。赤や青、イエローやグリーンといったさまざまな色を見せるオパールは、ミステリアスな宝石として多くの人々を虜にしています。オパールのほかに遊色効果が見られる宝石として、パールなどが有名です。オパールやパールは、婚約指輪の宝石としても根強い人気を誇ります。なお、研磨加工した貝殻が示す美しい玉虫も、遊色効果と呼ばれることがあります。

「ルビーは赤色」「サファイアは青色」というように、宝石の色は一色のイメージがあるかもしれません。しかし、実際は見る角度や光の種類によって、多彩な色や輝きを見せる宝石も多く存在しています。

 

天然ダイヤモンドの証は「蛍光性」にあり

pixta_25346437_M

婚約指輪にあしらわれたり、さまざまな有名なエピソードが存在したり、なにかと注目を集める宝石「ダイヤモンド」。そんなダイヤモンドには遊色性ではなく、「蛍光性」と呼ばれる面白い特徴があります。ダイヤモンドのなかには、紫外線や波長が短いX線などの光源下で蛍光色を示すものがあります。青い蛍光色を見せるダイヤモンドの要因は窒素によるものだと考えられていますが、それ以外の点は現在も研究が進められている段階です。

「蛍光性」は、人工ダイヤモンドと天然ダイヤモンドを見分けるポイントにもなります。人工ダイヤモンドは強く蛍光しないのですが、天然ダイヤモンドのなかには強い蛍光性を示すものがあるのです。つまり、強く鮮明な蛍光性は、天然ダイヤモンドの証だといえます。そんなダイヤモンドの蛍光性は鑑定書に表記される項目のひとつでもあります。そのグレードは宝石鑑定組織GIAのマスターストーンとの比較により判定されます。蛍光性がないものは「None」弱いものは「Faint」中間のものは「Medium」強いものは「Strong」非常に強いものは「Very Strong」というようにグレード分けされ、適切な判定結果が鑑定書に表記されます。
また、鑑定書には蛍光の色調についても表記されます。青色であれば「Blue」青みがかかった白であれば「BluishWhite」黄緑であれば「Yellowishgreen」というように区別され、蛍光性の強さと合わせて表記されることが一般的です。ただし、蛍光性は宝石の品質の良し悪しを決める項目ではありません。婚約指輪などの特別なアイテムに使用されるダイヤモンドの品質は、4Cによって評価されます。あくまで、蛍光性は副産物的なポジションで評価します。
しかし、蛍光色は4Cのひとつ「カラー」の評価に関係する「透明度」に影響を与えます。たとえば、ダイヤモンドの地色と蛍光色の相性がよければ透明度が高く見えます。逆に、地色と蛍光色の相性が悪ければ白い膜がかかって見えたり、油っぽく見えたりするケースもあります。

 

宝石が魅せるさまざまな表情を楽しんで

宝石は、想像よりもはるかに多くの表情を持っています。婚約指輪にあしらわれるダイヤモンドや虹色の輝きを持つオパールなどが持つ特殊効果は、古来より多くの人々を夢中にさせてきました。特別な婚約指輪に仕上げたい、個性的なジュエリーがほしいとお考えの方は、このような宝石たちの特別な性質に注目してみてはいかがでしょうか。

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム