コラム

other

永遠を誓う、エンゲージリングカバーセレモニー

結婚指輪の交換や誓いのキスなど、さまざまな演出がある結婚式。近年、そんな結婚式の演出のひとつとして「エンゲージリングカバーセレモニー」を行うカップルが増えているそう。しかし、「エンゲージリングカバーセレモニーって、なに?」と思ってしまう方もいるでしょう。最近行われるようになったこのセレモニーを、初めて耳にする方も多いかと思われます。そこで今回は、「エンゲージリングカバーセレモニー」についてご紹介します。

 

エンゲージリングカバーセレモニーとは

エンゲージリングカバーセレモニーとは、結婚式で結婚指輪交換の儀式が行われた後に、改めて新郎から新婦に婚約指輪を贈るセレモニーを指します。結婚指輪をはめた左手薬指に、お互いの婚約指輪を重ねてはめます。近年、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするデザインが流行っていることもあり、こうしたエンゲージリングカバーセレモニーを行うカップルが少しずつ増えてきているそうです。

 

エンゲージリングカバーセレモニーを行う意味

プロポーズをする際、永遠の愛を誓う婚約指輪をフィアンセに贈る男性はたくさんいます。しかし、婚約指輪の相場は高額であるにも関わらず、結婚指輪ほど人前にお披露目する機会がありません。そんな婚約指輪をお披露目する場として、エンゲージリングカバーセレモニーが選ばれているのです。また、エンゲージリングカバーセレモニーはとてもロマンチックな意味を持ちます。エンゲージリングカバーセレモニーは、「ふたりの婚約期間の終了」と「ふたりの永遠の愛と絆に封をする」という素敵な意味を持つのです。

こんなカップルにおすすめ

Holding hands with wedding rings and flowers

近年になって行われるようになったエンゲージリングカバーセレモニー。そんなエンゲージリングカバーセレモニーは、以下のようなカップルにおすすめです。

 

結婚式で婚約指輪をお披露目したいカップル

比較的高額な傾向がある婚約指輪。一生に一度しかない婚約期間を彩る婚約指輪は、高額であるにも関わらず、人目につくことはほとんどありません。日常生活の中で、わざわざ「これ婚約指輪なの」というと、他人に見せびらかしているかのように思われてしまうかもしれません。だからといって、人目に触れることなく婚約期間を終えるのも何だか惜しい気もします。そんな婚約指輪を堂々とお披露目できる場として、「エンゲージリングカバーセレモニー」があります。エンゲージリングカバーセレモニーであれば、周囲の目を気にせず、結婚式の場で堂々と婚約指輪をお披露目することができるのです。

 

演出項目を充実させたいカップル

「ありきたりな結婚式や披露宴はしたくない……」と考えるカップルも多いはず。そんなカップルにも、エンゲージリングカバーセレモニーはおすすめです。結婚指輪交換の後にエンゲージリングカバーセレモニーを取り入れれば、演出項目をひとつ増やすことができます。お決まりの流れとなっている結婚式の演出にひとつでも演出項目が増えれば、それだけで他の結婚式とは異なる「特別感」を演出することができるのではないでしょうか。

 

エンゲージリングカバーセレモニーの流れ

挙式中にエンゲージリングカバーセレモニーを行う際は、司式者からゲストにセレモニーについての説明をしてもらうと良いでしょう。エンゲージリングカバーセレモニーはまだ世間に浸透していないため、「今からなにが行われるの?」と戸惑いを感じてしまうゲストもいるかもしれません。そういった困惑をゲストにさないためにも、あらかじめセレモニーの説明をしてから実演に入ることをおすすめします。説明の仕方としては、「これより、新郎新婦には結婚指輪の交換をしていただきます。その後、エンゲージリングカバーセレモニーを行わせていただきます。エンゲージリングカバーセレモニーでは、新郎から新婦に改めて婚約指輪を贈っていただきます。このセレモニーには、おふたりの婚約期間の終了と、おふたりの永遠の愛と絆に封をする、という意味が込められています。」などが良いでしょう。あらかじめこのような説明をしておけば、ゲストは戸惑うことなく、そのロマンチックな雰囲気を感じることができます。

 

なお、結婚指輪用と婚約指輪用の別々のリングピローを準備すれば、リングガールやリングボーイが増えて、より華やかで温かい挙式にすることができます。一方、ひとつのリングピローに結婚指輪と婚約指輪を一緒に飾れば、ジュエリーボックスのような可愛さを演出することができます。

 

このセレモニーは挙式中だけでなく、さまざまな場所で行えることも特徴です。お色直しの直後の演出や、二次会の演出のひとつとして、エンゲージカバーセレモニーを行うこともできます。エンゲージカバーセレモニーは、派手さこそありませんが、とてもロマンティックな意味を持つ演出です。エンゲージリングカバーセレモニーを行うことで、特別な婚約指輪を、より思い出に残るものにすることができるのではないでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム