コラム

other

結納前にもらった婚約指輪、つけていいの?

男性から女性へ贈られる婚約指輪。婚約の記念となる婚約指輪を、結納前のプロポーズ段階で贈る男性は少なくありません。また、婚約指輪を受け取ったことが嬉しくて「すぐに指輪をはめたい」と考える女性も多いはず。

しかし、日本には「結納」と呼ばれる結婚前の儀式があります。受け取った婚約指輪を、結納前につけても良いかご存知でしょうか。また、結納当日は婚約指輪をどのように扱うのか答えられる方も少ないかと思います。
そこで今回は、結納前に受け取った婚約指輪の扱い方についてご紹介します。

日本のしきたりである「結納」

日本の伝統的なしきたり、「結納」。結納とは、結婚を決めたカップルが公の場で婚約を交わし、婚約の記念品を贈り合う儀式を指します。伝統的な形式に沿った結納を交わす場合は、結納時に婚約指輪を男性から女性へ渡します。この伝統的な結納がメジャーだった時代は、“婚約指輪は結納以降につける”という明確な定義がありました。しかし、近年では“婚約指輪はプロポーズのタイミングでパートナーに渡し、結納は両家で食事会をするだけ”といったシンプルな結納スタイルをとるカップルも増えています。このように婚約指輪を渡すタイミングが自由化した現代では、どのタイミングから婚約指輪を指にして良いのか、その線引きも曖昧になっています。では、いつから婚約指輪をつけてもよいのでしょうか。

結納でお披露目するのがベスト

2

結論から言いますと、婚約指輪はいつからつけてもまったく問題はありません。ただし結納をするのであれば、結納日に“改めて”婚約指輪を披露するようにしましょう。

結納日前から婚約指輪をつけている女性は、結納の前日までに男性に婚約指輪を預けておきましょう。そして男性は結納の日、指輪をきちんとケースに入れて持参しましょう。たとえ結納前に婚約指輪の受け渡しをしていたとしても、結納という伝統の場で改めて婚約指輪を披露することで、パートナーの両親に結婚への誠意を見せることができます。

結納とはふたりの結婚を関係者にお知らせする儀式です。この一手間をかけるだけで「関係者に敬意を払える誠実な人だ」と相手の家族に好感を抱いてもらえます。結納で婚約指輪をお披露目して損することは一切ありません。

お披露目のタイミング

では婚約の記念品となる婚約指輪は、結納のどのタイミングでお披露目すればいいのでしょう。そもそも、結納はどのような流れで行われるのでしょうか。結納の主な流れは、以下の通りです。

【結納の流れ】
1.結納品の飾り付け
2.両家の挨拶
3.男性側の父親によるはじめの挨拶
4.男性側から女性側に結納品を納める
5.女性側が目録を確認し、受書を渡す
6.女性側から男性側に結納品を納める
7.男性側が目録を確認し、受書を渡す
8.婚約記念品のお披露目
9.男性側の父親による結びの挨拶
10.祝宴・食事

婚約指輪をお披露目するタイミングは、8番目の「婚約記念品のお披露目」のタイミングです。“格式に沿った流れは組まないで、食事会だけ”といったカジュアルな結納をするカップルにも、婚約指輪のお披露目はおすすめです。初対面の両家の張り詰めた空気を和ませる良い話題になりますよ。

近年の傾向

3

その昔、結婚したあとは結婚指輪だけをつけて、婚約指輪はタンスの奥にしまうことが一般的でした。しかし、婚約指輪は結婚指輪よりも高額なものが贈られるケースがほとんどです。せっかく受け取った高級な婚約指輪を眠らせてしまうのはもったいないですよね。
最近では、結婚してからも結婚指輪と一緒に婚約指輪を重ね付けして、おしゃれとして楽しむ夫婦も増えています。また、婚約指輪と結婚指輪がセットになって販売されているデザインも多く見られるようになりました。重ね付けを考えられたデザインの指輪であれば、結婚後も違和感なく両方の指輪をつけることができますよね。気分に合わせてつける指輪を選ぶこともできるので、重ね付けタイプの婚約指輪はファッション性も高く、実用的で経済的です。

思いの込められたものだからこそ、また決して安いものではないからこそ。結納前も結納後も、そして結婚後も、婚約指輪には指先を彩ってほしいですよね。結納というタイミングに振り回されずに、たっぷりと時間をかけて、パートナーと共に婚約指輪を楽しむことがいちばん大切です。

いかがでしたか?「結納前に婚約指輪を受け取ったけど、つけてもいいのだろうか」と悩んでいた方は、その悩みを解決することができたでしょうか。
前述の通り、結納前に婚約指輪をつけてもまったく問題はありません。むしろ、限られた人生のなかでより長く婚約指輪を楽しんだ方が、指輪への思い入れも深まりますし、指輪を贈ってくれたパートナーにも喜んでもらえるでしょう。婚約指輪を受け取ったならば、すぐにでも左手薬指に婚約指輪をはめて、ふたりの愛を実感しましょう。ただし結納の日だけ、そっと指から外しましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム