コラム

other

時計やスーツ、万年筆……婚約指輪のお返しをしよう!

「プロポーズのときに婚約指輪をもらった」、「2人で選んだ婚約指輪を贈ってもらった」など、婚約にあたって婚約指輪を彼から贈ってもらった人の中には、「自分だけ高価な婚約指輪を贈ってもらって、何だか申し訳ない」と感じている人もいるのではないでしょうか。実は、一般的に婚約指輪はただもらうだけではなく、何かしらのお返しをするのがマナーだといわれています。現金を返す方法もありますが、最近では現金ではなく、お返しとして何か物をプレゼントするのがメジャーとなっています。

婚約指輪のお返しって、予算はどのくらいがいいの?

そもそも、婚約指輪は結納の際に男性側から女性側に贈る「婚約記念品」です。
結納の際には婚約指輪のほかに50~100万円程度の結納金が贈られることもあるのですが、受け取った女性側は結納返しを贈る風習もあります。結納返しは「半返し」とも呼ばれており、結納金の半額程度を贈ることが多いようです。
現在ではこうした正式な結納を行う人も少なくなっており、かなり簡略化されています。結納をしないカップルの場合、男性側は結納金の代わりに婚約指輪を贈り、女性側はそのお返しとして半額程度の物品を贈る……というのが、最近の主流となっているようです。結納返しをしない習慣の地域もあるため、必ずしもお返しをする必要はないのですが、結婚指輪と同じように、対等にものを贈り合うのを好む人が多いようです。

婚約指輪のお返しの定番アイテムって?

2

婚約指輪のお返しといっても、現金を贈るのは何だか気が引けますよね。そうした場合は物を贈るのですが、「男性への贈り物、何が喜ばれるのか分からない……」、「婚約指輪にふさわしいお返しってどんなもの?」と困ってしまう人も多いのではないでしょうか。婚約指輪のお返しには、以下のものが定番となっています。

腕時計

それなりに値が張って、実用性が高いプレゼントといえばやはり腕時計。見た目も高級感があり、婚約指輪のお返しとしてはぴったりといえるでしょう。きちんとしたブランドの人気シリーズモデルから、カジュアルブランドの普段使いができるモデルまで、選択肢も幅広いのが魅力。「彼の趣味やファッションに合うものが分からない……」という場合は、自分で決めるのではなく、彼に予算を伝えて一緒に選びに行くのが良いでしょう。

スーツ

意外と人気なのがスーツ一式です。毎日着るものなので、ついついリーズナブルなもので済ませてしまっている男性は多いもの。きっちりと身体に合ったスーツを持っていることは大切なことです。高級ブランドのスーツを一式揃えたり、フォーマルスーツをオーダーメイドで作ったり、彼の仕事や趣味によって必要なスーツは異なります。彼に希望を聞いて、一緒に購入しに行きましょう。

ビジネスはもちろん、プライベートでも使いまわせるのが革靴。意外と足元は見られているものですから、きちんとしていてオシャレな革靴をお返しとしてプレゼントすればきっと喜ばれるでしょう。しっかりとした革でできた靴は、大切にすれば何年でも履き続けることができます。

文房具

万年筆やボールペンといった文房具もプレゼントとして人気が高まっています。コンビニで買えたり会社の備品で使えたりするため、なかなか「自分専用のきちんとした文房具」を持っている人は少ないものです。ビジネスでも使える落ち着いた大人っぽい文房具をお返しとしてプレゼントすれば、職場での彼の評価も上がるかもしれません。

財布

財布は「人にプレゼントされると縁起が良い」とされるもの。長く使ってもらえるしっかりとしたものを選びましょう。日常的に使うものなので、好きなブランドや使い勝手の良いデザインなど、こだわりがあることも多いのが財布。好みにぴったりのものを贈る自信がなければ、彼と一緒に選びに行くのが無難です。

ネクタイピンやカフスボタン

「自分ではなかなか買わないから、プレゼントされたらうれしいもの」だとされているのがネクタイピンやカフスボタン。普段使いできるものですが、消耗品というわけでもないので、程よい「記念品」として贈ることができます。実用的で毎日つけられる、さり気ないデザインのものを選ぶのがポイントです。

彼が本当に喜んでくれるものを見極めよう!

3

もちろん、彼の職種や趣味によっては、これらのアイテムがお返しに選べない場合もあると思います。そうした際には、彼が前々から欲しがっていたものを思い出してみましょう。
バイクや自転車が趣味の彼には、それにまつわるアイテムをプレゼントしたり、パソコンや空気清浄機などの電化製品を喜んでくれる彼ならそういったものを選んだり、彼の趣味に合わせて最適なプレゼントを選びましょう。旅行や外食が好きな彼なら、ペアの旅行券や食事券などをプレゼントすれば2人の思い出を増やすこともできます。
価格や様式にこだわることなく、本当に彼が喜んでくれるものを見極めることが大切です。どうしても思いつかないのであれば、思い切って彼に「何が欲しい?」と聞いてみるのもひとつの方法です。決められないからといって焦るのではなく、のんびりとプレゼントを選ぶ時間を楽しみましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム