コラム

other

夏前に知っておきたい、ジュエリーの汗対策

最愛の人と自身を繋ぐジュエリー・婚約指輪。大好きな彼の想いを感じられるようにと、常日頃から左手薬指にはめている方もいるはず。しかし、婚約指輪の汗対策をきちんと行っているという方は、多くないかもしれませんね。婚約指輪を毎日はめるなら、正しい方法できちんとケアしてあげましょう。

ここでは、婚約指輪をはじめとするジュエリーの汗対策についてご紹介します。

婚約指輪の価値をダウンさせる原因

汗は、ジュエリーにとって大敵。特に夏のベッタリとした汗は、婚約指輪をくすませる原因となります。例えば、婚約指輪に使われる宝石のなかで最も人気の高いダイヤモンドは油に馴染みやすい性質があるので、汗がついたまま放置しておくと透明感が損なわれてしまいます。またダイヤモンドを支えるプラチナ・ゴールドのリングも、光沢を失うことになります。

汗のほかにも、夏の必需品である日焼け止めも婚約指輪の美しさを損なわせてしまう原因のひとつ。これらの成分が汗に溶けてダイヤモンドやリングにつくことで、婚約指輪の輝きが鈍ってしまうといわれています。

1日の終わりに、気持ちを込めて磨く

2

「汗で汚れてしまうと、輝きを取り戻すことはできないのか」といわれれば、決してそうではありません。ダイヤモンドの婚約指輪が汗や日焼け止めなどで汚れてしまっても、着用するたびに正しいケアを施しておけば“くすみ”を予防することが可能です。

ケアの基本は、着用した日の終わりに必ず拭くこと。入浴前や睡眠前など、婚約指輪を外してジュエリーケースへ仕舞う際に一度布を使って磨くようにしましょう。このとき使用する布は、ジュエリーショップなどで販売している専用シリコンクロスやセーム革など清潔で柔らかいものがベスト。これらが手元にない場合は、メガネ拭き用のクロスを代用しても構いません。布を使って優しく拭くだけで、ジュエリーに付着した汗や日焼け止めを簡単に落とすことができます。

ダイヤモンドは、ほかの宝石と比べて硬い性質を持っています。とはいえ、強く磨いたり硬めの布で拭いたりすると、表面に傷がついてしまう可能性があります。ダイヤモンドに傷がつくと輝きが鈍ってしまうだけでなく、ジュエリーの価値もダウンしてしまうので要注意。世界でたったひとつの婚約指輪を台無しにしないためにも、優しく撫でるように拭くのが基本です。

くすんだジュエリーを洗浄してピカピカに

3

着用したら必ず拭く。このケアを徹底すれば、婚約指輪をはじめとするジュエリーの美しさをキープすることができます。ただ、着用時間や使用する日焼け止めの種類などによっては、拭くだけでは汚れが落ちないことも。そこでおすすめのケア方法が、定期的に洗浄することです。

洗浄する際は、キッチン用の液体洗剤を使用します。まず液体洗剤を35度程度のぬるま湯に溶かし、ジュエリーを入れて放置します。しばらく放置しておくとジュエリーにこびりついた汗やアカが浮き上がってくるので、ぬるま湯から取り出して軽く洗い流しましょう。そのあと柔らかい布で包み込むように水分をとったら、ケアは完了です。

あまりに汚れがひどい場合は、少し熱めのお湯で洗浄したり、柔らかいリップブラシで優しく磨いたりするのもおすすめです。もしリップブラシを使うなら、ブラシ先に付着した口紅はしっかり落としておきましょう。

なお、宝石によっては熱湯や水に耐性がないものもあります。例えば真珠やトルコ石、エメラルド、オパールなどは水に弱いので、着用後に磨く程度にとどめておきましょう。

あまり頻繁に洗うとジュエリーを傷つける恐れがあるので、毎日着用する方なら20日程度を目安に行うとよいかもしれません。また、ダイヤモンドの婚約指輪と一緒にほかのジュエリーも洗浄する場合、必ずひとつずつ洗うようにしましょう。まとめて洗浄すると、ジュエリー同士がぶつかって傷がつく恐れがあります。ジュエリーを傷つけないよう、優しく丁寧に扱ってくださいね。

肌を整えてから指輪をはめるのが吉

婚約指輪などのジュエリーをきれいな状態でキープしておくには、指にはめる際にもちょっとした注意が必要です。このとき気をつけておきたいのが、肌を清潔にしてからはめること。例えば外出中に汗をかいてしまったら、きれいなハンカチなどで手指の汗を拭ってから指輪をはめることをおすすめします。また日焼け止めやハンドクリームなどを塗る際は、これらがしっかり乾いてから指輪をはめましょう。

常日頃からこういった点を意識しておけば、ジュエリーのダメージを最小限に抑えることができます。

唯一無二の“愛”を曇らせないために

4

いかがでしたか? 

汗は、大切な婚約指輪の輝きを損なわせる原因のひとつ。特に夏は日焼け止めなどが加わり、よりくすませてしまう恐れがあります。そうならないよう、正しいケアを行うことが大切です。

キラキラ輝くダイヤモンドの婚約指輪は、最愛の人の想いが詰まった愛の象徴。この愛をくすませてしまわないよう、しっかりケアしてあげましょう。

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム