コラム

other

宝石の本当の価値を知る「宝石鑑定士」とは

ジュエリーショップを訪れると、キラキラとした宝石たちが店内中のショーケースに収められており、まるで夢の国にいるかのような気持ちになります。ネックレスや婚約指輪など、見ているだけで気持ちが高まる美しい宝石たちですが、宝石は大きいからといって必ずしも価値が高いというわけではありません。そんな宝石の本当の価値を見極めるには、「宝石鑑定士」の力が必要となります。

宝石鑑定士の資格とは?

宝石鑑定士は、宝石が本物であるかどうかを判定、格付けする技術を持った人に与えられる資格です。国家資格ではなく民間資格で、日本だけに限らず世界中で、さまざまな民間機関が宝石鑑定に関する資格を取り扱っています。どの機関で資格を取得するかによって、勉強する内容や資格取得の難易度などが異なります。

世界的に有名なところでは、アメリカのGIA(米国宝石学会)が認定しているGGという資格です。
GIAは宝石鑑定における最も権威ある機関といわれており、GIAが発行した鑑定書は最も信頼性のあるものとして扱われています。GGは、宝石の特性や起源といった知識はもちろん、グレーディングや鑑別技術、宝石ビジネスのノウハウなど、宝石学に関するあらゆる知識と技術を修得した人にGIAから与えられる資格です。

また、イギリスにも似たような組織があり、通称でGem-A(英国宝石学協会)と呼ばれる組織が宝石鑑定に関する教育を行っています。Gem-Aは世界で最も歴史が古く、ダイヤモンド・グレーディングのパイオニアともいわれています。そこで宝石学や宝石流通について学び、厳しいテストをクリアした人だけがようやく、FGAと呼ばれる資格を手に入れることができます。

GGとFGAは、どちらも世界的に通用する資格ですが、取得するまでに長い受講時間と授業料が必要であり、容易に取得できるものではありません。日本では、GIAやGem-Aの日本支部で宝石について学んで試験を受けることにより、それぞれの資格を取得することができます。
また日本では、JBS(ジャパンジュエリービジネススクール)が認定しているJBS宝石・ジュエリー鑑定士という資格があります。さらに、真珠やダイヤモンドだけに特化した資格もあり、それらの分野について深く学んだ人がそれらの資格を取得できます。

宝石鑑定士が勤める場所

宝石鑑定士の資格を持った人は、ジュエリーメーカーやジュエリーショップ、デパートや買取専門店などで、宝石の鑑別やグレーディング、買い付けなどさまざまな仕事を行います。ジュエリーショップやデパートなどに勤めている場合は、婚約指輪などを買い求めに来店したお客様に、宝石に関する説明や、どのような宝石が婚約指輪や結婚指輪に適しているかなどのアドバイスなどの接客も行います。
婚約指輪などを買い求めに来店したお客様の多くは、その宝石が本物であるかどうか、どれくらいの価値があるかどうかなど判断できません。宝石鑑定士は、ネックレスや婚約指輪についている宝石のグレードと適正価格かどうかをきちんと証明することのできる存在なのです。婚約指輪を探す際には、宝石鑑定士がいるジュエリーショップで指輪を探しましょう。

宝石鑑定士の仕事

その婚約指輪やアクセサリーについている宝石が、どんな種類の宝石なのか分からない、本物かどうか分からない、というときに宝石鑑定士が行うのが鑑別です。鑑別はさまざまな検査を行い、可能性を少しずつ排除していく消去法で宝石の特定を行っていきます。
主に判定されるのは屈折率、比重、分光です。光を当てた際、どの角度で全反射が起こるかという屈折率は宝石の物質によって異なります。これは顕微鏡や屈折率測定器などを用いて鑑定します。さらに、宝石の化学成分や結晶構造によって物質の密度も異なるため、水中と空気中での比重の差でも鑑別します。比重があらかじめ判明している重液を用いる場合もあります。分光は宝石用分光器を用い、特定の光の波長に対する吸収率を測定します。
こうした検査の結果により、宝石鑑定士はその婚約指輪やアクセサリーの宝石が天然石なのか人工石なのか、傷があるかどうか、修復や彩色はされているかなどの鑑別を行います。必要に応じて、「この石がどのような宝石なのか、人工的処理がされているか」という鑑別書を作成します。

ダイヤモンドのグレーディング・レポート

d-35_2

ダイヤモンドに対しては、さらに4Cと呼ばれるカラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(研磨)の分野についてグレーディングを行っていきます。宝石の中でもダイヤモンドは特に、見た目の大きさではなく、この4Cによって価値の高さが定められます。ダイヤモンドに対してのみ、グレーディング・レポート(鑑定書)が発行されます。
ダイヤモンドがついた婚約指輪や結婚指輪を探す際には、このダイヤモンドのグレーディングにも注意が必要です。グレーディング・レポートは1粒のダイヤモンドに対して発行されるため、小さなダイヤモンドがいくつもついた婚約指輪・結婚指輪には発行されない場合があります。婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際には、こうした点に着目してみることが大切です。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム