コラム

other

ダイヤモンドの品質は、鑑定書から見極める

婚約指輪を受け取る機会は人生に数えるほどしかないため、多くの女性は美しいダイヤモンドが施された婚約指輪に憧れを抱いています。ダイヤモンドは全て同じ輝きを放っているわけではなく、一つひとつ輝きの程度は異なります。そんなダイヤモンドの品質は、婚約指輪を購入する際についてくる“鑑定書”に明記されています。
ここでは、婚約指輪を購入する際に知っておきたい“鑑定書の概要”についてご紹介します。

ダイヤモンドの婚約指輪には“鑑定書“が発行される

ダイヤモンドの品質を知ることができる鑑定書。宝石のなかでもダイヤモンドのみに発行される、特別な書類です。鑑定書ではカラーやカット、カラット、クラリティの4CをGIA(米国宝石学会)によって決められた基準で評価し、鑑定機関ごとに決められた書式で発行します。この書類には4Cの評価に加え、ダイヤモンドの写真やプロポーション、蛍光性、プロットなどが記載されます。
なお、ダイヤモンド以外のルビーやサファイア、エメラルドといった宝石にも添付できる書を鑑別書といいます。この書類には宝石のサイズや形状、天然石か人工石かなどが記載されます。

ダイヤモンド品質を知るために欠かせない鑑定書の発行機関

ダイヤモンドの鑑定書は、ダイヤモンド鑑定を行う機関が発行します。代表的な世界の鑑定機関といえば、1931年に誕生したアメリカの“GIA”。GIAは、もともと宝石学の教育や研究を行うことを目的に設立された機関です。現在のダイヤモンドの4Cに関する概念を編み出しそのマスターストーンにはラザール ダイヤモンドが使用されていることでも有名です 。

この組織は、1970年に設立された国内最大級の鑑定機関です。ダイヤモンド鑑定や宝石鑑別において日本で高いシェアを誇り、鑑定書の発行枚数は世界トップクラス。さらに、世界7大宝石ラボラトリーで構成された“LMHC(ラボ・マニュアル調整委員会)”に日本で唯一加入している機関でもあります。世界的に認められている機関であることから、日本の鑑定機関では中央宝石研究所のグレードを基準にダイヤモンドが評価されています。

これでダイヤモンドの品質が分かる! 鑑定書チェックポイント

d-38_2

ダイヤモンドの婚約指輪を購入して発行される鑑定書には、4Cをはじめダイヤモンドに関するさまざまな情報が盛り込まれています。

カットや形

ダイヤモンドのなかでも、58面体にカットされた“ラウンドブリリアントカット”のみが鑑定書の発行対象となります。カットの評価は、ダイヤモンド全体のバランスや仕上がりを総合的に見て決定します。カットは、最高評価の“Excellent”から“Poor”までの5段階で評価。高評価のダイヤモンドともなれば、“Excellent”の評価がつきます。

 カラット

4Cの一つ“カラット”とは、ダイヤモンドの重量のこと。鑑定書での表され方は“ct”で、小数点以下3位まで表されるのが一般的です。カラット数が大きいほど表面積は大きくなり、その分ダイヤモンドに取り込む光の量は増え、カラットの価値は高くなります。なお、カラットの数値は1カラットで0.2gと定められています。

 カラー

人工ダイヤモンドのカラーは透明ですが、天然ダイヤモンドは黄色や茶色といった色味があることがほとんど。ただ、天然ダイヤモンドのなかには僅かに透明のものもあります。滅多に採ることができない透明の天然ダイヤモンドは希少性が高く、カラー等級のなかでも最高ランクである“D”となります。

 クラリティ

ダイヤモンドのクラリティは、宝石のなかに含まれるインクルージョンといわれる内包物や、ブレミッシュといわれる宝石の表面についた傷によって評価されます。インクルージョンやブレミッシュのないクリアな状態のダイヤモンドはFL、これらがハッキリと見えるダイヤモンドはI3といったように、クラリティは11段階で表されます。クリアなダイヤモンドであるほど、高品質で価値が高くなります。

 プロット

ダイヤモンドによっては、インクルージョンやプレミッシュがあります。プロットとは、これらを図で表したものをいいます。宝石の表面にプレミッシュがあれば緑、内部であれば赤、カット時にできた傷であれば黒というように、どこに傷ができているのか、あるいはどんな事情があるのかによって違った色で表されます。

 寸法

寸法では、ダイヤモンドのクラウンとパビリオンの間に位置するガードルの直径が記載されます。寸法の記載のされ方は、“ガードルの直径の最小値-最大値×ダイヤモンドの高さ”です。ダイヤモンドにはカラットによって理想とされる寸法があり、0.5ctであれば5.17mm、1.0ctであれば6.52mmと決められています。この寸法に当てはまらない場合には、ダイヤモンドの評価が低くなります。

 蛍光性

鑑定書に記載される蛍光性は、ダイヤモンドに長波紫外線を照射したときにダイヤモンドから放たれるカラーや蛍光の強さです。天然ダイヤモンドの場合には蛍光性が強く表れ、多くはブルーになるといわれています。ブルー以外にも、グリーンやイエローなどの光を放つことがあり、これらの色が出ることはめずらしいため希少性があります。蛍光性が強い場合、鑑定書に記載されるのは“Very Strong”です。なお、ダイヤモンドの品質と蛍光性の有無は関係性が薄いため、たとえ蛍光性があってもダイヤモンドの価値が下がるわけではありません。

 このように、鑑定書に記載されているダイヤモンドの情報を見ることで、そのダイヤモンドにどの程度の価値があるのかを知ることができます。

大切な婚約指輪は最高品質のものをセレクト

婚約指輪の定番であるダイヤモンド。購入するダイヤモンドの品質は、鑑定書を見ることですぐに分かります。最高品質である婚約指輪ともなればダイヤモンドの輝きは増し、美しさは強調されます。自身の婚約指輪に施されたダイヤモンドの品質が気になる方は、ぜひ鑑定書で確認してみましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム