選び方

プロポーズにも。ダイヤモンドピアスの選び方

プロポーズの際に贈るジュエリーは、必ずしもダイヤモンドの婚約指輪でなければならないわけではありません。大切な彼女に対する感謝の気持ちや永遠の愛への誓いをしっかりと込めていれば、他のジュエリーでも問題ないのです。そこで今回は、これからの人生を共に生きる証のひとつ、ダイヤモンドピアスの種類やデザインについてご紹介します。プロポーズの際に一味違うジュエリーを贈りたい方は、ぜひご参考ください。

 

個性的なタイプが勢ぞろい ピアスの種類

d-1-2

 

一口にピアスといっても、その種類はさまざま。種類によって身に着けたときの雰囲気が異なるため、彼女の好みやイメージに合わせて選ぶことが大切です。

 

・ダイヤモンドの美しさを強調できる スタッドピアス
スタッドピアスとは、ポスト(耳に通す部分)が直線になっているピアスのこと。キャッチ(留め具)を使用し耳たぶを挟むだけで固定できるので、とても装着しやすくなっています。ピアスホールへの負担も小さいので、はじめてピアスを着ける女性にも最適です。そんなスタッドピアスの魅力は、ダイヤモンドの美しさを引き立てやすいというもの。派手すぎず地味すぎない程よい存在感で、耳元を華やかに見せることができます。

 

遊び心あふれるフォルムが可愛い フックピアス
フックピアスとは、ポストがやわらかな曲線を描いているピアスのこと。ポストをピアスホールに通すだけで装着できるため、キャッチを失くす心配がありません。そんなフックピアスの魅力は、ダイヤモンドを可愛くおしゃれに見せることができるというもの。ヘッド(ピアスの飾り部分)が垂れ下がり、ゆらゆら揺れるので、耳元を明るくポップに演出することができます。

 

・幅広い印象を与えられる優等生 フープピアス
フープピアスとは、ポストまたはポスト+ヘッド部分が輪の形状になっているピアスのこと。フープの直径によって演出できる雰囲気は異なり、小さなものであれば上品に、大きなものであればゴージャスに見せることができます。そんなフックピアスの魅力は、デザインのバリエーションが豊富なところ。フープがハート型やドロップ型になっていたり、フープそのものにダイヤモンドがあしらわれていたりと、さまざまなデザインから選べます。

 

・自由自在にアレンジを楽しめる チェーンピアス
チェーンピアスとは、ポストとヘッドをチェーンで繋いでいるピアスのこと。ピアスホールに通すチェーンの長さは、前:後=6:4がベスト。ただ、この比率は自由に決められるので、自分好みの着け方で楽しむことができます。そんなチェーンピアスの魅力は、すっきりとした印象を与えられるところ。スッと伸びたチェーンと上品にあしらわれたダイヤモンドが、麗しい耳元を演出します。

 

ダイヤモンドピアスには、他にもいくつかの種類があります。優雅な耳元を演出できるダイヤモンドピアスで、愛する彼女に日頃の感謝の気持ちやありったけの愛情を伝えてみましょう。

 

印象を左右する ダイヤモンドピアスのデザイン

d-1-3

 

ダイヤモンドピアスのデザインは大きく3つに分けることができます。それぞれに独自の魅力があるので、ダイヤモンドピアスを選ぶ際はデザインにも着目するのがおすすめです。

 

・控えめな美しさが魅力 一粒ダイヤモンドピアス
その名のとおり、一粒のダイヤモンドが華麗に輝くデザインなのが特徴。比較的シンプルなタイプが多いので、年代や服装、シーンを選びません。スタッドピアスやフックピアスに施されることが多く、後者においては一粒のダイヤモンドが揺れ動くことで、アクティブな印象を与えることができます。

 

・綺羅びやかな耳元を演出 エタニティーピアス
エタニティーピアスは、曲線部分に小さなダイヤモンドがライン状に並んでいるのが特徴。フックピアスに多く見られるデザインで、シンプルな印象を与えながらも、どこかゴージャスな雰囲気も感じさせるデザインです。

 

・女性らしい上品さが素敵 スリーストーンピアス
スリーストーンピアスは、ダイヤモンドが3つ連なったデザインが特徴。一つひとつのダイヤモンドが独立しているので、それぞれが異なる揺れ方をします。上品さを兼ね備えた女性らしいデザインで抜群の存在感を放ちながら、耳元を華麗に演出します。

 

以上、3つが主なダイヤモンドピアスのデザインです。見た目の印象はもちろん、身に着けることで作れる雰囲気も全く異なるので、彼女の好みなどを踏まえながら選んでみましょう。

 

ダイヤモンドピアスに誓う限りない愛

プロポーズの際に贈るジュエリーは、指輪が絶対ではありません。ダイヤモンドピアスはその選択肢のひとつであり、ダイヤモンドの婚約指輪と同等の喜びや感動を届けることができます。そんなダイヤモンドピアスを選ぶ際は、彼女の好みを踏まえることが大切です。種類・デザインともにバリエーションが豊富なので、何気ない会話や行動から彼女の好みを読み取り、最も適したものを選ぶようにしましょう。

一世一代のプロポーズ。華麗に輝くダイヤモンドピアスに永遠の愛を誓いましょう。

 

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム