コラム

選び方

ダイヤモンドの「4C」のうち、どれを重視すればいいの?

永遠の輝きを放つダイヤモンド。そんなダイヤモンドを、「婚約指輪に選びたい」と考えるかたが一般的です。婚約指輪に装飾されているダイヤモンドの価値を決めるのは、「4C」と呼ばれる4つの要素。とはいえ、その4つの要素を全て重視していては、婚約指輪はかなり高額なものになってしまいます。
そこで今回は、ダイヤモンドの「4C」のうち、どれを重視して婚約指輪を選べばいいのかについてご紹介します。

これまでの婚約指輪の選び方

婚約指輪をジュエリーショップなどで選ぶ際、お店のショーケースの上に「4C」と書かれた卓上プレートを見かけたことがある方は多いでしょう。その「4C」は、ダイヤモンドの評価基準を表しています。ダイヤモンドを評価する「4C」とは、「カラット(carat)」、「カット(cut)」、「カラー(color)」、「クラリティ(clarity)」。カラットは重さや大きさのことであり、カットは研磨の状態や形状を指します。また、カラーはその名の通り色を指し、クラリティはキズや不純物の無さなど透明度を指します。ダイヤモンドの価値は、基本的にこれらの「4C」と呼ばれる評価基準によって評価されるのです。そのため、婚約指輪を選ぶ際、「良いダイヤモンドを選ぼう」、「最高級の婚約指輪を未来の花嫁に贈ろう」と考え、4Cそれぞれで評価基準の高いものを選ぼうとする方も少なくありません。
とはいえ、4Cすべての評価基準が高いものを選ぼうと思えば、その婚約指輪はかなりの高額になってしまいます。かなりの経済力のある方であれば何の問題もなく最高級の婚約指輪が購入できるものの、すべての方がそうであるというわけではありません。一般的な経済力の方であれば、「未来の花嫁には最高の婚約指輪をプレゼントしたいけど、そこまで高額なものは購入できない……」という方がほとんどなのではないでしょうか。そのため、評価基準のランクをある程度下げて婚約指輪を探す方は多いはず。
そこでおすすめとなるのが、「2C」を重視する選び方です。

低価格でも満足できる「2C」という選び方

2

カラット、カット、カラー、クラリティといった4Cすべての評価ランクが高い婚約指輪を選ぼうと思えば、かなりの高額になってしまうダイヤモンド付きの婚約指輪ですが、「4C」ではなく「2C」を重視すれば、4Cすべての評価ランクが高い指輪に比べ、低価格で満足のいく指輪を購入することができます。
では、その2Cとは、4Cの中のどの「C」が含まれているのでしょうか。その2つの「C」とは、以下の通りです。

カラット(carat)

2Cに含まれるひとつ目の「C」として、「カラット」があげられます。重さや大きさをあらわすカラットは、鑑定士などの専門家ではなく一般の方でも区別がつきやすい要素のひとつです。ゴージャスに見える大きめのカラット数が良いのか、華奢に見える小さめのカラット数が良いのか、プロポーズをする相手の好みをしっかりと把握しカラット数を選ぶようにしましょう。

カット(cut)

2Cに含まれる二つ目の「C」として、「カット」があげられます。研磨の状態や形状をあらわすカットも、カラットと同様、一般の方でも区別がつきやすい要素のひとつ。“Cut”の「C」のみが唯一人為的な要素、つまり技術力に依存します。美しく磨かれているのはもちろんのこと、こちらもプロポーズをする相手の好みをしっかりと把握した上で形を選ぶようにしましょう。

新しい婚約指輪の選び方

3

婚約指輪に装飾されていることの多いダイヤモンド。そんなダイヤモンドの価値を評価する「4C」の中でも、一般の方でも違いを見極めやすいのは「カラット(大きさ)」と「カット(形)」です。ダイヤモンドの色を評価する「カラー」や透明度をあらわす「クラリティ」は一般の方では判断が難しく、その違いを見極めることはほとんどできません。そのため、ダイヤモンドが装飾されている婚約指輪を選ぶ際は、カラットとカットの「2C」に重点を置いてダイヤモンドを選ぶようにしましょう。この「2C」を重視して選ぶだけでも、満足のいく素敵な婚約指輪を選ぶことができるはずです。

プロポーズの際、未来の花嫁にプレゼントする婚約指輪。そんな一生涯の記念となる婚約指輪を選ぶためにジュエリーショップを訪れた際には、これらの点に着目してダイヤモンドを選ぶことをおすすめします。カラットの評価が高ければ高いほど大きなダイヤモンドとなり、輝きや迫力が増し存在感のある婚約指輪にすることができるでしょう。また、カットの評価が高ければ高いほどダイヤモンドは繊細に輝き、その美しさに魅了される婚約指輪にすることができるでしょう。
もちろん、もっとも重要なのは未来の花嫁となるパートナーの「好み」です。パートナーの好みを最優先に考え、次にカラットやカットの評価ランクを参考にして彼女に満足してもらえるような婚約指輪を選ぶようにしましょう。そうすることで、パートナーはきっと喜んでくれるはずです。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム