コラム

選び方

驚くほどの大差! ダイヤモンドの価格の違い

ダイヤモンドが施されたジュエリーは、多くの女性にとって憧れともいえるアイテムです。
婚約指輪を始めとするダイヤモンドジュエリーを購入しようと検討する際、同じダイヤモンドでも価格差が大きなことに驚いた方も多いのではないでしょうか。ここでは、ダイヤモンドの品質を表す“4C”によって起こる価格差についてご紹介します。

価格を左右する、ダイヤモンドグレード“4C”

40-2

ダイヤモンドのグレードを表す4Cとは、カラット、カラー、クラリティ、カットのことを指します。4Cはダイヤモンドの価格を大きく左右するため、婚約指輪を始めとするダイヤモンドジュエリーを購入する際の判断材料になります。

CARAT【カラット】

カラットとは、ダイヤモンドの重さを表す単位のことです。1カラットは0.2gに相当します。
大粒のものになるほど存在感が増し、華やかな印象を与えます。なお、ダイヤモンドが施された婚約指輪を購入する際、多くの方に選ばれている平均カラット数は0.2~0.5カラットだとされています。カラット数が大きくなるほどダイヤモンドの価格も上がりますが、カラット以外の“4C”のグレードが低いと良心的な価格になります。

COLOR【カラー】

ダイヤモンドのなかでも最上級だとされているのが無色です。
無色に近いほど光を透過させるため、ダイヤモンド特有の虹色の煌きが生まれます。なかでも“Dカラー”は採掘不可能といわれるほど希少価値が高く、価格も高価になる傾向があります。ダイヤモンドは、グレードが下がるごとに黄色みを帯びていくという特徴があります。しかし、ブルー、イエロー、ピンク、グリーンなどのファンシーカラーと呼ばれるものは、その色の美しさから高い評価を受けることが多いとされています。
婚約指輪に使用されているダイヤモンドは無色透明なものが一般的ですが、ファンシーカラーのダイヤモンドを使用した婚約指輪も人気です。

CLARITY【クラリティ】

ダイヤモンドのなかには、結晶化に至らなかった炭素が内包されているものがあります。の内包物は、インクルージョンと呼ばれています。インクルージョンは肉眼で発見することが困難なため、10倍のルーペを用いて調べるのが一般的です。外部にも内部にもインクルージョンが発見されないと判断されたダイヤモンドは、FL(フローレス)やIF(インターナリーフローレス)と評され、これが施された婚約指輪を始めとするダイヤモンドジュエリーは価格が高くなります。

CUT【カット】

ダイヤモンドにとって命ともいえる“輝き”、それを決めるのがカットです。
カットを行う職人の技術力によって、ダイヤモンドの価格も変わってきます。最高級の輝きを生み出すカットはEXと表記されており、このカットにこだわって婚約指輪を選ぶ方も少なくありません。EXは3つに分かれており、最も輝きを放つのが3EX H&C(トリプルエクセレント)です。そして、H&C EX(ハート&キューピッド)、EX(ノーマルエクセレント)と続きます。
なお、最も人気の高いカットは“ラウンドブリリアントカット”と呼ばれるもので、婚約指輪にも多くみられます。

 

4Cによって品質評価を受けたダイヤモンドには国際相場があり、この国際相場が世界中のダイヤモンド取引において価格を決める基準になります。

ダイヤモンドを選ぶポイントは、大きさ? それとも輝き?

40-3

ダイヤモンドの価格には4Cが大きく関係しています。
では実際にどれほどの価格差がみられるのか、以下でご紹介します。

カラットが同じダイヤモンド

重さが1カラットのダイヤモンドの場合、HカラーでクラリティグレードがSI2、カットVGのダイヤモンドの価格は約80万円です。一方で、DカラーでクラリティグレードがIF、カットVGのダイヤモンドの価格は約300万円です。これら2つのダイヤモンドは、カラーとクラリティグレードが異なっているだけです。しかし、それだけの違いで、価格は200万円以上も差が開くことになります。

カラット以外が同じダイヤモンド

0.18カラット、カラーがE、クラリティグレードIF、カットEXのダイヤモンドの価格は、約10万円です。しかし、カラットが1.36カラットになるとその価格は約300万円以上にもなります。

 

たとえば、ダイヤモンド一粒の大きさが1カラットでも、そのほかのグレードが低ければ価格は低くなります。逆に、0.3カラットでもグレードが最高品質なら高価になります。このように、ダイヤモンドは4Cによって価格に大きな差が生まれるといえます。そのため、婚約指輪を選ぶ際には、4Cのどの部分にこだわりを持つのかをあらかじめ明確にしておくことをおすすめします。

美しい輝きを最愛の人へ

ダイヤモンドは4Cを基準に評価されるため、こだわるポイントによって価格は大きく変動します。
そのため、婚約指輪を始めとするダイヤモンドジュエリーを購入する際は、ダイヤモンドの4Cのうちどれを重要視するのか慎重に判断することが大切です。最愛の人へ贈るダイヤモンドジュエリーをお探しの方は、上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム