コラム

結婚式

学校に指輪はOK?婚約 or 結婚している学生さんのお悩み解決室

愛する人と一生の愛を誓う結婚は、学生のときにしてもすてきです。学生のときに結婚したり婚約したりといった場合には、社会人になってからの結婚とは違うことに悩んでしまうもの。例えば、学校にダイヤモンドの婚約指輪を着けて行っていいのかが分からないという悩みはありませんか?結婚式をあげたくても資金面で難しい、ということもありますよね。ここでは、これらのお悩みに対するヒントをご紹介します。

婚約指輪を着けられるのは今だけ、と考える

Slim girl in jeans and T-shirts on the background of summer city

「学生なのに学校に婚約指輪を着けて行っていいのだろうか」という悩みがあるかもしれませんが、周りの人は意外と気にしていないのかもしれません。実際、コミュニティサイトに寄せられたこのような質問に対しては「着けて行ってもいいのでは」という好意的な意見が多く寄せられました。

学生だから、学校は学びの場だから婚約指輪を着けて行ってはいけないというルールはありません。自分が抵抗を感じず、愛する人からもらったダイヤモンドの輝く婚約指輪を着けたいと思うなら、どこへだって一緒に行きましょう。それに、ダイヤモンドの婚約指輪を普段から着けて歩けるのは学生の間だけかもしれません。結婚すると家事が忙しくなり、子どもが生まれれば子育てにも奔走することになって、指輪を着けられる時間はどうしても減ってしまいます。いずれはそのような忙しさが訪れるのなら、今この瞬間を楽しむのがベスト。婚約指輪を着けたいという気持ちを抑えず、学校にも着けて行きましょう。

ただし、衛生的な事情があるときや子どもと接するときなど、婚約指輪に限らず装飾品を着けて行くのを控えるべき場所やタイミングでは控える必要があります。また、ダイヤモンドのきらびやかな輝きがどうしても浮いてしまうシーンも考えられます。これは社会人も学生も同じこと。最低限の節度は守った上で、ダイヤモンドの婚約指輪の輝きを楽しみましょう。

学生でもあげやすい、リーズナブルな結婚式

d-6-3

もうひとつのお悩み、結婚式の費用についてご紹介します。

学生のうちに婚約・結婚しても、結婚式は社会人になって生活に余裕ができてから……という考え方もありますが、学生のうちに式をあげたいという方もいます。その場合、どうしても引っかかってしまうのが結婚式の費用。費用を抑えて結婚式をあげるには、どのような方法があるでしょうか?

・すべて手作りの結婚式
結婚式場を借りて、たくさんの知り合いを招待して……となると多くの費用がかかってしまいますが、現在は多くのカップルが個性的な結婚式をあげています。すべて手作りの、自分たちだけで作る結婚式はいかがでしょうか?外国のホームパーティのような結婚式であれば、費用を抑えて自分たちらしい結婚式をあげることができます。ウェディングドレスやタキシード、赤い絨毯など最低限必要なものもリーズナブルな価格で用意することが可能。元の費用が少ないので、学生仲間もご祝儀の心配をせずに気軽に集まってくれるはずです。

・披露宴をスキップ
教会で挙式して、広いホールで披露宴をして……という結婚式の流れを考えたとき、一番費用がかかっているのは披露宴です。いっそのこと挙式のみの結婚式をあげて披露宴をスキップすると、費用を大幅に抑えられますよ。親族だけで挙式をしたら、友人や学生仲間は会費制の二次会に招待しましょう。手作りの結婚式と同じく、経済的に余裕のない方たちも参加しやすくなります。

・プランを徹底的に切り詰める
きれいな結婚式場で挙式も披露宴も開きたい、という場合でも、いろいろなところを切り詰めることができます。まずは、結婚式場の格安プランを探すこと。日付を気にしないなら、仏滅や平日、土曜日の午前中などを狙えば大幅な割引となることがあります。披露宴のプランでは、お色直しをゼロにしてみましょう。お色直し1回でも20万円~30万円という大きなお金がかかるので、節約になりますよ。結婚指輪にシンプルなリングタイプを選ぶことでも、結婚式の費用を少なくすることができます。

・フォトウェディング
結婚式という形にこだわらないのであれば、フォトウェディングという方法があります。フォトウェディングとは、式をあげない代わりにウェディングドレスや着物を着て2人の思い出に残る1枚を撮影すること。ロケーションやポーズ、衣装、小物にこだわることで、いつ見返しても甘酸っぱい気持ちを思い出せる写真を残すことができますよ。

「学生だから」と遠慮はしないで

学生のときに婚約・結婚すると、社会人とは少し違うのではないかと思って考えてしまいますよね。2人が永遠の愛を誓う婚約・結婚に、社会人も学生も関係ありません。自分が着けたいと思うなら、学校にだってダイヤモンドがきらめく婚約指輪を着けて行きましょう。またアイデア次第で、費用を抑えつつ2人らしい結婚式をあげることができます。ぜひこの記事を参考に、すてきな結婚式にしてください。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム