コラム

結婚式

運命の彼とのマリアージュ! 自分らしい式場選びで理想の花嫁さんに

「結婚式の準備は会場選びから」といいますが、この会場選びこそが最大の難関です。ごまんとある中から自分たちの希望に合った会場を探さなくてはなりません。闇雲に探してもキリがないため、まずは結婚式場のタイプを知り、イメージに合ったものを絞り込むことが大切。

そこで今回は、結婚式場の主な4つのタイプをご紹介します。

 

結婚式場の主な4つのタイプ。その特徴とは?

pixta_12663528_m

結婚式場のタイプは、主に「専門式場」、「ホテル」、「ゲストハウス」、「レストラン」の4つに大別されます。それぞれの特徴は、以下の通りです。

 

・専門式場
専門式場とは、結婚式を専門に行う会場を指します。その特徴は、同じ敷地内に挙式会場や披露宴会場などの施設が併設されている点。チャペルや神殿をはじめ、日本らしさ溢れる庭園を有しているところもあり、会場全体に漂う厳かな雰囲気が結婚式をより一層特別なものにします。

長い歴史を持ち、日本の結婚式文化を牽引してきた専門式場は、結婚式に特化しているだけあってイメージ通りの演出を叶えやすく、人気の高い式場タイプとなっています。施設や設備、扱っている商品など、全てにおいて過不足がないため、安心して式を挙げることができるでしょう。この他、婚礼の知識や経験の豊富なスタッフが揃っているのも専門式場ならではの特徴といえます。

 

・ホテル
ホテルならではの特徴は、知名度の高さと充実した設備、そして質の高いサービスです。ホテルは宿泊施設でもあるため、遠方からのゲストの宿泊先を確保することもできます。そのため、結婚式当日は挙式披露宴から二次会、宿泊に至るまで全ての工程をホテル内で済ませることができます。

また、ホテルは好立地に建てられている場合が多く、アクセスの良さも魅力のひとつ。結婚式を挙げた後も食事や宿泊で気軽に立ち寄ることができ、思い出の場所として長く付き合っていくことができるでしょう。

 

・ゲストハウス
ゲストハウスとは、貸し切りでイベントなどが行える洋館風の一軒家を指します。比較的新しいタイプの式場であり、トレンドやニーズに合わせた結婚式を挙げることができます。また、ゲストハウスは1日1組限定で貸し切られる場合が多く、敷地内を目一杯使えるのも嬉しいポイントです。親戚や友人とゆったりした時間を過ごしたいという方におすすめです。

 

・レストラン
普段はレストランとして営業している店舗を結婚式場として貸し切るタイプの式場を指します。上記3つの結婚式場に比べ安価な上、グレードの高い料理を提供できる点がレストラン最大の特徴です。

レストランと一口にいっても、その種類はさまざま。オリエンタルやクラシック、モダンなレストランなど、それぞれのお店で雰囲気や料理の内容は異なります。新郎新婦のイメージに合ったレストランを選ぶことで、2人らしい会場作りができるでしょう。また、ゲストとの距離感が近いのも、レストランならではの魅力のひとつ。アットホームな雰囲気のなか、ゲストと一緒に美味しい料理と楽しい時間を満喫することができます。

 

上記4会場のそれぞれの特徴を踏まえ、慎重に会場選びを行いましょう。

 

結婚式当日に、「婚約指輪」を身につけたい女性が多い!? 正式な方法とは?

pixta_12188886_m

婚約の印として男性から女性に贈られる「婚約指輪」。アクセサリーの中でもっとも豪華で特別な婚約指輪を、「結婚式当日も身に付けたい」と考える女性は多いようです。

結婚式当日に婚約指輪を身に付けることは、可能です。ただし、挙式では結婚指輪の交換を行うため、結婚指輪を映えさせるためにも婚約指輪は右手薬指に付けておく方がよいでしょう。

 

婚約指輪に装飾されることの多いダイヤモンドは、人気の高い宝石のひとつ。ダイヤモンドの装飾された婚約指輪は女性の憧れでもあります。ダイヤモンドには「純潔」や「永遠の絆」という石言葉があり、婚約指輪に用いる宝石にぴったり。また、ダイヤモンドは「宝石の王様」とも呼ばれていることから、もっとも豪華で特別な意味を持つ婚約指輪に相応しい宝石といえるのです。

婚約指輪に用いられるダイヤモンドは、夫婦となる2人の幸せを象徴する宝石です。その輝きをいつまでも絶やさないためには、結婚式を挙げた後も大切に扱うようにしましょう。

 

人生の晴れ舞台となる結婚式は、式場から演出、料理に至るまで細部にまでこだわりたいもの。これから夫婦となる新郎新婦の理想をなるべく反映させるためにも、2人で意見を交換しながら決めることが大切です。なお、結婚は家族同士の繋がりを深めることにもなるため、お互いの両親への相談も忘れずに。人生の先輩からのアドバイスも取り入れつつ、2人らしい素晴らしい式を作り上げましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム