コラム

結婚式

きっとあなたもマネしたくなる 海外の結婚式はラフ&ロマンティック!

日本と海外では、結婚式の文化に大きな違いがあります。花嫁から両親へ向けた感謝の手紙やアートのように華やかな演出、花嫁のお色直しなど、日本では当たり前に行われていることが、海外では「当たり前ではない」ということもめずらしくないのです。

 

そんな海外の結婚式を一言で表すと、ラフ&ロマンティック。楽しむことを一番に考えていたり、招待状がなくても参加できるほどカジュアルだったりと、日本と比べて「完璧過ぎない」結婚式が好まれています。

 

今回は、海外の結婚式事情や、婚約指輪・結婚指輪やウェディングドレス事情についてご紹介します。

 

日本との違いはどこにある? 海外の結婚式事情

wedding day HD

海外の結婚式事情について、国ごとにご紹介します。

 

・アメリカ
アメリカでは、独身生活最後にハメを外すという目的で、結婚式の前日に独身最後のパーティーを開催します。男女別に、それぞれ仲のよい友達や親戚で集まり楽しい時間を過ごすのです。また式を終えた後も、夜遅い時間までアルコールを飲みながら式の余韻に浸ります。

この他、結婚式後の披露宴では新郎新婦がファーストダンスを踊ります。幕開けと同時に愛する人とダンスを踊る素敵な習慣は、欧米諸国では一般的。パーティー終盤には新郎新婦の両親も一緒にダンスを踊ります。

 

・韓国
韓国の結婚式は、日本と比べてとてもカジュアル。30分~1時間という短時間で終了するケースが多く、また招待状を受け取っていない方でも参加できるというラフさが魅力です。例えば、カップルとは全く面識のない方でも、タイミングが合えば式に参加することができます。

加えて、参加者の格好も日本のようなドレッシーなものではなく、カジュアルな衣装が好まれています。一方、花嫁は「チマチョゴリ」と呼ばれる朝鮮の民族衣装を着用します。近年では、前半はウェディングドレスを着用し、後半はチマチョゴリを着用するなど、お色直しを楽しむ花嫁が増えています。

 

・イギリス
イギリスの結婚式・披露宴は、ごく近しい身内だけを招待し、少人数で行われるのが一般的です。披露宴の後に二次会パーティーを開き、友人や同僚などで集まり楽しい時間を過ごします。

またアメリカ同様に、華やかなファーストダンスが行われるのも特徴のひとつ。新郎新婦だけではなく、祖父母と孫のダンスなど家族みんなでダンスを楽しみます。世代と世代の絆や繋がりを大切にしているイギリスにおいて、結婚式は家族みんなが主役となり輝く一大イベントなのです。

ちなみに、伝統のダンスはワルツですが、近年では花婿と花嫁が好きな曲でダンスを踊るのが一般的になっています。

 

婚約指輪・結婚指輪やウェディングドレスの違い

beautiful engagement ring with diamond lying on white rose

日本と海外では、結婚式だけではなく、婚約指輪・結婚指輪やウェディングドレスにも違いがあります。以下にて、詳しくご紹介します。

 

・ゴージャスなダイヤモンドリング
日本と海外では、好まれる婚約指輪や結婚指輪のデザインが異なります。

日本の場合、一粒ダイヤモンドをメインストーンにした婚約指輪や、装飾の少ない結婚指輪など、シンプルなダイヤモンドリングを好む方が多くいます。

しかし海外の場合、婚約指輪・結婚指輪共に派手なものを選ぶ方が大多数。例えば、小さなダイヤモンドをリングに敷き詰めたパヴェや、一粒ダイヤモンドを小さなダイヤモンドで囲んだデザインなど、パーティーシーンでも映えるほど華やかなリングが人気です。

 

さらに、これらのダイヤモンドリングを身につける頻度も異なります。

日本人の多くは、「ダイヤモンドが傷つくかもしれない」「普段使いするにはダイヤモンドが派手過ぎる」などの考えから、婚約指輪をジュエリーケースで保管します。一方、アメリカでは婚約指輪・結婚指輪共に普段使いする方がほとんど。結婚式にも、ダイヤモンドリングを薬指にはめたまま参加します。

 

・ウェディングドレスは購入が基本
日本では、ウェディングドレスをレンタルするカップルがほとんどです。ドレスの購入には、1着で数万円~数十万円の費用がかかるもの。そんなドレスを一度着用しただけで仕舞っておくのはもったいない、と感じる方は少なくありません。

一方アメリカでは、どんなに貧しい家庭でもウェディングドレスだけは新調するということがほとんどです。日本のようなお色直しはなく、1着のドレスを一日中着ます。

 

・ドレス姿のお披露目は教会の祭壇で
日本と海外では、花嫁のウェディングドレス姿を花婿にお披露目するタイミングが異なります。日本の場合、カップルで一緒にドレスを購入しに行くケースが多いといえます。

しかしアメリカでは、花嫁のドレス姿も花婿へのサプライズのひとつと考えています。そのため、教会の祭壇に到着するまでドレス姿をお披露目することはないのです。同じく、花婿の晴れ姿を花嫁が目にすることもありません。

 

人生の一大イベント 一生心に残る結婚式に

picture of man putting wedding ring on woman hand

日本と海外の結婚式を比べてみると、海外の結婚式は驚くほどラフでありながら、まるで映画やドラマのようにロマンティック。対して日本では、完璧を求めるカップルが多いといえます。しかしなかには、「完璧過ぎるのは苦手」と考える方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方は、海外の結婚式を参考にしてみるのがおすすめです。例えば、お色直しをカットしてラストダンスを取り入れたり、短時間で終わらせる代わりに式前日にパーティーを開催したり。自分たちだけのオリジナルな結婚式というのも、とても素敵です。

 

最愛の人との愛を誓い合う特別な一日。そんな最高のウェディングに、「完璧でなくてはならない」という決まりなんてないのです。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム