コラム

結婚式

婚約指輪と結婚指輪の違いって?

愛は、目に見えないもの。

だからこそ、愛を誓った恋人たちは、その愛を美しいジュエリーに委ねて贈り合います。
その最たるものが、婚約指輪や結婚指輪。 夫婦の契りの証として贈られるリングは、二人の愛を見守る守護天使のような存在。 途切れることのない円形に、二人の愛を重ねて。

婚約指輪とは

1

婚約指輪は、婚約の証として男性から女性に贈られるリングのこと。
その起源は、古代ギリシア、ローマ時代にまで遡ります。当時は、鉄製の輪を婚姻の印として用いていたのだとか。
また、婚約指輪を左手の薬指につける習慣も、この頃からすでにあったそう。左手の薬指には、心臓と繋がる「愛の静脈」が存在し愛のパワーが流れていると信じられており、永遠の愛を誓った恋人たちは、互いの薬指にリングをつけるようになったのです。
日本において、婚約指輪の習慣が始まったのは明治時代。その後、高度経済成長期以降に一般に広まったといわれています。そして現在では、ダイヤモンドをあしらったデザインが婚約指輪の定番となっています。
この理由は、ダイヤモンドが永遠と愛の象徴とされていること。また、ダイヤモンドは非常に硬い石であることから、「夫婦が固い絆で結ばれる」という意味も込められています。
さらに、その透明さは純真無垢な花嫁にふさわしいという所以も。
ダイヤモンドをあしらった婚約指輪の中で特に人気が高いのは、リングの中央に一粒のダイヤモンドをセットしたソリティアと呼ばれるタイプ。トラディッショナルかつシンプルなデザインで、多くの人から選ばれています。

結婚指輪とは

2

結婚指輪は、結婚式の際に新郎と新婦が交換するリングのこと。婚約指輪が男性から女性に贈られるものであるのに対して、結婚指輪は男女ペアのリングを互いに贈り合うものです。
その起源は9世紀のローマといわれており、当時の文献には、新郎が新婦にゴールドのリングを、新婦が新郎にシルバーの指輪を贈ったという記録が残されています。
日本においてこの習慣が始まったのは、婚約指輪と同じ明治時代。一般に広まったのは、戦後だといわれています。
そして現在では、プラチナやゴールドのシンプルなデザインが定番となっています。また、近年ではダイヤモンドの婚約指輪と重ねづけできるデザインを選ぶ人も増えているようです。

婚約指輪の結婚指輪の正しい付け方

婚約指輪と結婚指輪には、正しい付け方があるのをご存知でしょうか。
婚約指輪は、結婚式までは左手の薬指にはめ、挙式当日には右手の薬指に移すもの。一方、結婚指輪は、挙式の際に交換し、左手の薬指にはめるもの。そして、結婚式が終わったら、結婚指輪をはめた左手の薬指の上に婚約指輪を重ねて。これが、婚約指輪と結婚指輪の正式な付け方です。
ただ中には、婚約指輪は結婚式が終わったら引き出しにしまって記念としてとっておくという人もいます。
でも、一生に一度の贈り物ですから、結婚指輪とセットでつけて楽しんでみてはいかがでしょうか。
近年では、重ねづけすることを前提に、婚約指輪と結婚指輪のデザインを合わせて購入する人も増えています。

いかがでしたでしょうか。
その意味合いや用いられるリングのタイプこそ異なる婚約指輪と結婚指輪ですが、どちらも愛の証として夫婦の絆を繋ぐもの。一生にひとつの宝物となるような、素敵なリングをお選びください。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム