コラム

結婚式

夫婦揃って……なくてもOK?お揃いじゃない結婚指輪ってどうなの?

「薬指に光輝く夫婦お揃いのリング。」
結婚指輪と聞いて、このようにイメージする方も多いのではないでしょうか。たしかに、結婚指輪は男女お揃いであることが定番とされています。とはいえ、必ずしもお揃いにする必要はありません。そこで今回は、お揃いじゃない結婚指輪を購入する際のポイントなどについてご紹介します。

互いに満足できるリングこそ、真の結婚指輪

d-48_2

近頃、結婚指輪を購入する際、同じデザインのリングを選ばないカップルが増えてきています。その理由は複数あり、たとえば“デザイン性を重視したい”、“自分の好きなリングを身につけたい”などがあげられます。
また、異なるデザインであっても、素材や素材加工に関しては似たテイストを取り入れるというカップルもいます。

 結婚指輪は毎日身につけ、且つ、長く愛用するもの。そのため、意見を尊重し合い、互いに満足できるリングを選ぶことが大切です。そうすれば、たとえリングがお揃いでなくても、手元にはいつでも深い愛を感じることができます。

お揃いじゃない結婚指輪を購入する際の2つのポイント

d-48_3

ではここで、お揃いじゃない結婚指輪を購入する際のポイントを2点ご紹介します。

決断のタイミングは、好みが合わないとわかったとき

結婚指輪を購入する際にありがちなトラブルとして、“カップルで好みのデザインが合わない”という点があげられます。この場合、いくら話し合っても解決しないことが多く、最終的には一方が自身の好みではないリングを身につけなければなりません。とはいえ、結婚指輪は毎日身につけるのはもちろん、離れているときに互いの想いを確認するための愛の証。それゆえ一方が嫌々身につけるなどということはあってはならないのです。

では、どう解決すればよいのでしょうか。その答えこそが、“お揃いじゃないリングを購入する”というものなのです。「結婚指輪は必ず同じデザインでなければならない」という固定観念を捨て、互いに「毎日身につけたい」と思えるようなリングを購入することが大切です。そうすれば、日々の生活の中で結婚指輪を好んで身につけることができ、いつまでも互いの愛を強く感じることができます。

購入パターンはセミオーダー、もしくはフルオーダーが最適

お揃いじゃない結婚指輪の購入パターンとして、セミオーダーとフルオーダーがあげられます。セミオーダーは、元々あるデザインはそのままで、これに独自のアレンジをプラスしてオリジナルリングを制作するというもの。一方フルオーダーは、両者の要望やイメージをデザイナーに伝え、そのままデザイナーにリングをデザインしてもらうというものです。

 これらを利用した場合、リングの幅を少し広げてみたり、メレを装飾したりすることができます。セミオーダーの場合は元となるデザインが同じであるため、程よいお揃い感は維持したまま、互いに自由なアレンジを施すことが可能です。
また、店舗によってはシークレットストーンとよばれる、リングの内側に埋め込む宝石を装着できるケースも。リング表面は異なるデザインであっても、内側に共通するポイントがあることで互いの絆を感じることができます。

 このように、セミオーダーとオーダーメイドでは、各々自分の好みを反映させたリングにデザインできるため、これら2つはお揃いじゃない結婚指輪の購入を希望しているカップルには最適なパターンだといえます。どちらを選択するかは、“どのようなリングを購入したいか”という要望によって変わってくるため、結婚指輪を購入する際は、あらかじめお揃いにするかしないかを明確にしておくことが大切です。

 

以上が、お揃いじゃない結婚指輪を購入する際のポイントです。これらを押さえておけば、お揃いじゃなくとも結婚指輪の存在意義はそのままに、互いに満足できるリングを購入することができます。

女性が男性へと贈る婚約指輪……米国で注目を集めているってホント?

d-48_4

結婚指輪は男女ともに身につけるリング。だからこそ、デザインをお揃いにするかしないかという議論が生まれます。
では、婚約指輪はどうでしょう? 一般的に、男性から女性へ結婚を申し込む際に贈るとされている婚約指輪。日本では身につけるのは女性のみという考え方がメジャーですが、米国では“男性用の婚約指輪”に注目が集まっています。

 男性が婚約指輪を身につける行為には、“女性だけでなく男性も婚約指輪を身につけることで、両者に平等をもたらす”という意味が込められています。婚約指輪を贈ることで、相手を自身の婚約者であることを周りの人に示したいと思うのは女性も同じ。男性に婚約指輪を身につけてもらうことで、それを実現化したのです。

 どのように付き合っていくかという点に関しては各カップルで異なるため、「男女ともに婚約指輪を身につけるほうがいい」と一概に言い切ることはできません。
しかし、互いの愛を確認する方法のひとつとして、2人で婚約指輪を身につけることは理にかなっているといえます。お揃いにするもよし、お揃いにしないのもよし。結婚指輪同様、互いに満足感を得られるリングこそが真の婚約指輪です。一緒に身につけるのであれば、互いの意見を尊重することを心がけることが大切です。

お揃いじゃないリングから感じ取る“共通する想い”

今や、“結婚指輪はお揃いでなければならない”という決まりはありません。そのため結婚指輪を購入する際は、自身の意見を相手に押し付けるのではなく、相手の意見を尊重して、互いに満足できるリングを選ぶようにしましょう。きっとお揃いでなくても、左手の薬指につけたリングからは十分に深い愛を感じることができるはずです。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム