コラム

歴史

ダイヤモンドを輝かせる”カット” 古代インドからの歴史を辿る

ダイヤモンドのカットには、さまざまな種類があります。なかでも特にポピュラーなカット「ラウンド・ブリリアント・カット」は、その名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな“ダイヤモンドのカット”にフォーカスし、どの時代にどのようなカットが開発され、人気を集めてきたのかご紹介します。

 

実は古代からあったカット技術。

ダイヤモンドの始まりは、紀元前800年頃のインドだといわれております。その当時、すでにカット(研磨)の技術はありましたが、それは現代のような“輝きを最大限に引き出す”という目的のものではありませんでした。この頃のカットは、“硬度やある程度の輝きを楽しむためのもの”だったのです。

そんな古代インド時代の定番カットは、半球形の形が特徴的な「カボション・カット」。角度を持たないカットのため、反射光や虹彩、フラッシュ効果などを受けて輝くことはできません。しかし、宝石そのものの艶や色、重圧感を強調することはできます。そのため、現代ではダイヤモンドのような透明の宝石ではなく、不透明や半透明の宝石に施されることが多いカットです。この他、カボション・カットには「表面の引っかき傷が目立ちにくくなる」などの特徴があります。

ちなみに、この時代の人々は、意外に高度なカットと研磨の技術を持っており、ダイヤモンドに平面を施すこともできたそうです。

 

求められ始めた、「ダイヤモンドの輝き」

Faceted diamond gemstone with brilliant internal refraction to be mounted in jewelry or bought as a loose stone for investment on a white background

14世紀末のフランス・パリでは、職業のひとつとして「ダイヤモンドの研磨職」があったそうです。当時の研磨職に就いていた人々は、ダイヤモンドをさまざまな方法でカットして、創意工夫をしていました。そして、それと同時に“カットでいかに宝石の輝きを引き出せるか”ということを意識するようになります。たくさんの研磨職人がいろいろなカットを試した結果、15世紀半ばに「テーブル・カット」と「ローゼンツ・カット」が誕生。さらに16世紀には、面数の多い「ローズ・カット」が生み出されました。

17世紀に入ると、インドや南アフリカからより多くのダイヤモンドが輸入されるようになり、ダイヤモンドと、そのカット方法に対する人々の関心はさらに高まりました。また、ルイ14世が生きたフランス宮廷の時代には、宮中の夜会でも目につくような輝きを放てるダイヤモンドのカット技法が求められるようになります。

こうした背景から、面数が少なく華やかさに欠けるテーブル・カットの人気は衰え、反対に面数の多いローズ・カットに注目が集まるようになります。そ

 

そうして生まれた、眩いほどの輝きを引き出すカット

3-3

17世紀末になり、新たに誕生したのは「オールド・マイン・カット」。このカット方法は、ベネツィアの研磨職人・ペルッツィによって開発されました。このカットが施されたダイヤモンドは、58の研磨面を持ち、かつ正方形に近いフォルムをしています。マザラン・カットよりも研磨面が増えたことにより、一層輝きを増したことはいうまでもありません。

そして、オールド・マイン・カットが発展した「オールド・ヨーロピアン・カット」が誕生します。オールド・マイン・カットは正方形に近い形でしたが、オールド・ヨーロピアン・カットは円形をしています。円形になったことで、ダイヤモンドの輝きの美しさを決める3要素“ブライトネス”“シンチレーション”“ディスパージョン”を引き出すことが可能になり、さらなる輝きを放つようになります。研磨面の形も大きく変わり、現在の婚約指輪などに使用されるラウンド・ブリリアント・カットに非常に近い形が誕生したのも、この頃です。

時が経ち、19世紀末になると再びダイヤモンドのカットの開発が活発に行われるようになります。1919年には、ダイヤモンドの光学的特性に基づいて計算した「ブリリアント・カットのプロポーション」がマルセル・トルコフスキーにより発表されます。

そして、この新しい「ブリリアント・カット」を基盤に、研磨職人の繊細な技術、そして研磨機械の機能で、さまざまなカットが生み出されていきます。例えば、外形が雫形の「ペアシェープ・ブリリアント・カット」や、ハート形の「ハートシェープ・ブリリアント・カット」などがあります。なかには、より多くの研磨面を持ったものや、動物を模したものもあり、さまざまなユニークなカットが世間に登場しました。

 

婚約指輪のダイヤモンドをお好みのカットで……

カットと一口にいってもその種類はさまざまで、カットがダイヤモンドの美しさを左右するといっても過言ではありません。カットはダイヤモンドに大きな影響をおよぼすものなのです。婚約指輪を選ぶ際、カラットやリングデザインにこだわるのもよいですが、カットにも目を向けることで、より華やかな婚約指輪に仕上げられるかもしれません。

一生に一度の愛のカタチ、婚約指輪。その輝きを最大限に引き出し、かつ相手を笑顔にするようなカットに出会えますように。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム