コラム

歴史

現存する世界最古のダイヤモンド。「コ・イ・ヌール」とは?

婚約指輪の宝石として人気の高い「ダイヤモンド」。現存するダイヤモンドのなかでも、世界最古のダイヤモンドが「コ・イ・ヌール」です。今回は、コ・イ・ヌールの知られざる歴史についてご紹介します。

 

世界を制するといわれた「光の山」

glitter lights grunge background, glitter defocused abstract Twinkly Lights and Stars Christmas Background.

世界で最も古い歴史をもつといわれるダイヤモンド「コ・イ・ヌール」。古代インドやペルシャでは、「コ・イ・ヌールを持つ者は世界を制する」と言い伝えられてきました。

このダイヤモンドが歴史の記録に初めて登場するのは、1304年のことです。その記録によれば、当時このダイヤモンドを所有していたのはインドのマルク王。マルク王はこのダイヤモンドを聖なる宝物として大切に扱っていたそうです。それから約200年後の1526年、ダイヤモンドはインド・ムガール帝国の初代皇帝バーバアの手に渡り、「バーバアダイヤモンド」と呼ばれるようになりました。その後200年間、バーバアダイヤモンドは帝国の財産として大切に保管されていたそうです。

インドで大切に守られていたバーバアダイヤモンドが、再び表舞台に登場したのは1739年のこと。インドを侵略したペルシャ王・ナディル・シャーは、ムガール帝国の王・ムハンマド・シャーがターバンのなかに宝石を隠し持っていることを知り、なんとか手に入れようと画策します。そこて、ナディル・シャーはムハンマド・シャーを宴に招き、当時友好の慣習であったターバン交換を衆人の前で申し出ることに。当然、ムハンマド・シャーはその申し出を無下にできるはずもなく、ターバンの交換に応じざるを得ませんでした。こうして、長らくムガール帝国の秘宝として保管されていたバーバアダイヤモンドは、その所有者をナディル・シャーに移すことになります。ナディル・シャーは、ターバンから現れた巨大なダイヤモンドを見たとき、「コ・イ・ヌール(光の山よ)」と叫んだそう。そう、これが「コ・イ・ヌール」の名前の由来です。

その後、コ・イ・ヌールはペルシャやアフガニスタン、パキスタン、インドを統治する東洋の王たちの手に渡り、さまざまな王と運命をともにしました。そして1849年、インドがイギリスの統治下になったタイミングで、イギリスのヴィクトリア女王の手へと渡りました。ヴィクトリア女王のものとなったコ・イ・ヌールは、1851年のロンドン万国博覧会で「世界最大186カラットのダイヤモンド」として展示されました。しかし、荒削りで輝きが少ないオールドインディアンカットが施されていたため、観衆に酷評されてしまいました。その声をうけ、ヴィクトリア女王はコ・イ・ヌールをリカットすることに決めました。そこで施されたのが、オーバル・ブリリアントカット。このリカットを経て、コ・イ・ヌールはサイズこそ小さくなりましたが、ヨーロッパで最も美しいダイヤモンドのひとつとして愛される存在へと生まれ変わりました。

 

東洋の王たちを翻弄した「不幸の石」

実はコ・イ・ヌールには、「世界を制する」という言い伝えとは別に「手にしたものを不幸にする」という言い伝えも残されています。14世紀のある文献には、「この石を持つ者は世界を手にするが、同時にすべての不運も引き受けなければならない。神と女と子どものみがこの石の厄災に触れずに身にまとうことができる」と記されています。その言葉を裏付けるかのように、過去コ・イ・ヌールを手にした王たちは「勝利と支配」を手に入れましたが、その栄光の後は「敗北と滅亡」という悲劇に見舞われています。

たとえば、前述のコ・イ・ヌールを奪ったナディル・シャー。彼は、民に圧制を強いたことが原因で、臣下にクーデターを起こされ暗殺されました。コ・イ・ヌールを受け継いだナディル・シャーの息子は、コ・イ・ヌールを求める者たちに拷問され、腕と両目を失います。その後、ナディル・シャーの息子はアフガン王によって助け出されます。救出のお礼として、彼はアフガン王にコ・イ・ヌールを献上します。しかし、そのことによってアフガン王家の兄弟によるコ・イ・ヌールの奪い合いが始まってしまいます。最終的に兄が弟の視力を奪い宝石を手にしますが、その後も暗殺や陰謀が止まず、世代を越えて醜い争いが続いていくことになりました。

しかし、コ・イ・ヌールがもたらす不幸の連鎖も、ヴィクトリア女王の手で終息を迎えます。ヴィクトリア女王は「男性がコ・イ・ヌールを手にすると不幸になる」という言い伝えを信じて、仮に男性が王位に就いた際には、王妃がコ・イ・ヌールを身につけるように指示したそうです。

 

婚約指輪として人気の宝石

ダイヤモンドは、世界中の女性から人気を集めている宝石です。婚約指輪や結婚指輪などのウェディングジュエリーとしてはもちろん、ピアスやネックレスといった普段使いのジュエリーにも多用されています。

そんなダイヤモンドは小説やドラマ、映画などでも恋愛や結婚のシーンに登場することが多いといえます。たとえば、「給料3ヶ月分のダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪」や「一粒ダイヤの婚約指輪を差し出してプロポーズ」といったようなシーンは、さまざまなメディアで定番となっています。こうしたメディアの影響もあり、ダイヤモンドはたった1人に愛を誓う、婚約指輪や結婚指輪にふさわしい宝石として日本でも認識されています。婚約指輪や結婚指輪を探しているという方は、愛の宝石であるダイヤモンドを選んでみてはいかがでしょうか。

 

純粋で崇高な愛にこそふさわしい……

Beautiful wedding bouquet in hands of the bride.

いかがでしかたか。コ・イ・ヌールをはじめ、有名なダイヤモンドには秘めたる歴史が隠されています。こうした深い謎が、ダイヤモンドをより魅力的にみせているのかもしれません。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム