プロポーズ・婚約

見逃さないで!プロポーズされたい彼女が出す3つのサイン

プロポーズしたいと思っていても、相手の気持ちがわからないとお悩みの方もいるでしょう。
なかなか決心しにくいものですが、彼女はあなたのプロポーズを待っているのかもしれません。そこで今回は、「プロポーズされたい彼女が出すサイン」をいくつかご紹介しましょう。もしかすると、あなたの彼女もずっと「プロポーズして!」というサインを送り続けているのかもしれませんよ。

 

見逃し厳禁!女性が“魅せる”プロポーズのサインは3つ

3-2

女性が「プロポーズして欲しい!」と思った時に出すサインは大きく分けて3つ。プロポーズを決心するためにも、一つひとつのサインを見逃さないようにしましょう。

・家族や友人に紹介してもらう機会が増えた

比較的わかりやすいサインなので見逃しにくいはず。彼女の家族や友人に会う機会が増えている場合は「結婚を視野に入れている」、あるいは「プロポーズを待っている」かもしれません。たとえば、両親への紹介は、より深い関係になりたいという彼女の意思表示と受け取ることもできます。
また、「彼氏側の家族や友人に会いたいという意思表示が増える」のもプロポーズを待つサインのひとつです。彼女がこういったサインを出し始めたらプロポーズのタイミングを考え、準備をはじめるようにしてください。先に婚約指輪・結婚指輪を探しておくのもよいでしょう。

・交際年数の話をする

ある程度交際期間が長くなると、「交際年数の話」を出されることがあります。その頻度が高いと相手が結婚を意識している可能性があります。「もう○○年も付き合っているのだから、そろそろ結婚を意識して欲しい」という彼女なりのメッセージかもしれません。

・友達の結婚の話が増える

「友達や親戚の結婚の話」が増えるのも、比較的わかりやすいサインでしょう。また、「結婚している夫婦と自分達の共通点(交際年数や年齢など)」の話が増える場合も、結婚を意識してほしいというアピールと捉えることができます。
なお、結婚の話だけでなく、「友達の家庭の話・子どもが生まれた話・友達の結婚指輪の話」でアピールする場合もあります。自身もさりげなく、結婚に前向きである姿勢をみせてみましょう。

 

“いい夫婦の日”もおすすめ!プロポーズにぴったりなタイミングは?

3-3

彼女から送られるサインに気付いたら、具体的なプロポーズプランを考えましょう。中でも重要となるのがプロポーズのタイミング。
プロポーズは一生の思い出となるシーンなので、やはり特別な日を選びたいところです。定番は交際記念日や彼女の誕生日など。特別な日こそ彼女も期待しているはずです。

このほかにも毎年11月22日の「いい夫婦の日」や、6月の第1日曜日である「プロポーズ」の日もおすすめ。かけがえない思い出になるよう、タイミングは見計らいましょう。
なお、プロポーズをあまりに待たせると、チャンスを逃すことになるかもしれません。サインに気付いたら早めに準備をはじめ、特別な日にプロポーズをしましょう。彼女が受けいれてくれる可能性もグッと高まるはずです。

 

彼女のサインを見逃さず、ベストなタイミングでプロポーズを

「プロポーズしてほしい」というサインを送り続けているにも関わらず、それに気付けない男性は意外と多いもの。彼女のサインを見逃さず、ベストなタイミングでプロポーズできるようにしましょう。あまり待たせすぎると愛想を尽かされる恐れがあるので要注意。一世一代の大勝負だと思って愛の告白を贈りましょう。もしプロポーズが成功したら、二人で結婚指輪を探しにいってくださいね。

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム