プロポーズ・婚約

ロマンチックを演出。おすすめのプロポーズのタイミング

カップルの絆を再確認し、「これからの人生を共に歩もう」と伝え合う素敵な一大イベントといえばプロポーズ。そんなプロポーズをロマンチックに演出するなら、ぜひタイミングを意識してみましょう。
今回は、多くのカップルが理想とするプロポーズのタイミングや、付き合ってからプロポーズまでの期間、近年のプロポーズ事情をご紹介します。他の人はどう思っているかを知ることで、より理想に近いプロポーズにできるかもしれません。

いつがいいの?プロポーズのタイミング

カップルにとって特別な記念となるプロポーズを成功させるには、タイミングが重要です。誕生日や記念日、クリスマス、バレンタインなどのイベントを利用するカップルも多くいます。
そこで、あるウエディング業に携わる企業が行ったアンケート調査を基に、プロポーズとして人気のタイミングを男女別にランキング形式でご紹介します。

 

男性

1位:いつでもいい(約45%)

2位:2人にとって特別な記念日(約20%)

3位:彼女の誕生日(約10%)

 

女性

1位:いつでもいい(約65%)

2位:2人にとって特別な記念日(約10%)

3位:自分の誕生日(約8%)

 

アンケート調査の結果、多くのカップルが「プロポーズする(される)上でイベントの有無は重要ではない」と考えていることが分かっています。特に女性は、半数以上が「何気ない日常の中でプロポーズしてほしい」と考えているようです。
特別なイベントに合わせてロマンチックに演出するのもとても素敵ですが、たとえイベントがなくても、プロポーズで2人の愛を確かめ合うことができればそれで十分なのかもしれません。

 

付き合ってからプロポーズまでの期間

Couple watching sunset in the beach romantic scene

 

どの程度の交際期間を経て結婚するかは、カップルによりさまざまです。では一般的に、付き合ってからプロポーズまでの期間としてはどの程度が理想的なのでしょうか。あるウエディング業に携わる企業が行ったアンケート調査を基に、理想とする交際期間を男女別にランキング形式でご紹介します。

 

男性

1位:付き合ってから半年以内(約30%)

1位:付き合ってから1年以内(約30%)

3位:付き合ってから2年以内(約18%)

 

女性

1位:付き合ってから1年以内(約33%)

2位:付き合ってから半年以内(約30%)

3位:付き合ってから3カ月以内(約15%)

 

男女共に約60%が「交際期間は半年~1年以内が理想」と回答しています。半年~1年以内というと、ある程度のイベントを経験することができる期間。イベントの過ごし方は人それぞれで、「年末は実家でゆっくり過ごしたい」「クリスマスは必ずデートに行きたい」など意見が違います。結婚後に意見の食い違いで喧嘩することがないよう、交際期間のうちにしっかり確かめておくのがおすすめです。
また、交際期間はお互いを理解する期間でもあります。いろいろな視点から相手を見て、パートナーとして一生を共に過ごせるかを見極めておきましょう。その上で「この人と一緒にいたい」と思ったらプロポーズに踏み込むのがおすすめです。

 

付き合って短期間でプロポーズ!いきなり婚が人気

Symbol of engagement. Close up of the engagement ring lying in a special box and being given to a beautiful young woman

プロポーズのタイミングや付き合ってからプロポーズまでの期間はカップルにより違いますが、近年では“いきなり婚”が注目を集めています。いきなり婚とは、交際期間をそれほど設けずに結婚すること。恋愛感情に振りまわされる心配が少ない、恋愛プロセスを飛ばして早く結婚できるなどのメリットがあります。
あるウエディング業に携わる企業が行ったアンケート調査によると、20歳~49歳の独身男女約2,000人のうち13%以上が「いきなり婚に興味がある」と答えています。最も多かった回答は「1年以内が望ましい(約20%)」ですが、中には付き合って1週間以内が望ましいと考える方も。

昔と現在で変化したプロポーズ事情としては、他にも婚約指輪の選び方があげられます。婚約指輪はプロポーズで男性から女性に贈るジュエリーで、彼女に内緒で用意してプロポーズの言葉と一緒にサプライズで贈るという方法が定番でした。しかし近年では、多くの女性が「婚約指輪は2人で選びたい」と考えています。

あるジュエリーブランドが行ったアンケート調査によると、20~39歳の男女500人のうち、約60%の女性が「婚約指輪は2人で選びたい」と回答する結果に。理由としては「好みのデザインを選べる」「婚約指輪を選ぶ楽しみを2人で共有したい」などがあげられます。

とはいえ、王道のサプライズプロポーズに憧れるカップルがいるのも事実。近年では、多くのジュエリーブランドがサプライズプロポーズ成功に向けユニークなサービスを展開しています。そういったサービスを利用して、2人ならではのロマンチックなプロポーズを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

2人が笑顔になれるプロポーズにしよう

素敵な婚約指輪を添えて、最愛の人へ愛の言葉を贈るプロポーズ。ロマンチックな演出で2人にとって特別な日にするためにも、プロポーズのタイミングをしっかり考えておきましょう。

タイミングを決めるときは、相手の好みや性格などを考慮することも大切です。例えば、目立つことが苦手な彼女の場合は自宅デートのタイミングで、ムードを大切にする彼女の場合はクリスマスなどのイベントに合わせてみるとよいかもしれません。プロポーズを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム