コラム

プロポーズ・婚約

逆プロポーズを成功させたい女性必見! メンズ用の婚約指輪はこう選ぶ

彼からのロマンティックなプロポーズを、心待ちにしている女性は少なくありません。しかし、なかなか煮え切らない彼の態度についイライラしてしまう、なんてことはありませんか? そんな草食系男子と付き合う女性のなかには、逆プロポーズを計画している方もいるはず。プロポーズの必須アイテムといえば、「婚約指輪」ですが、女性から男性に指輪を贈ることはまだまだ一般的ではありません。そこで今回は、あまり知られていない「男性に贈る婚約指輪の選び方」をご紹介します。

 

女性から仕掛けるドキドキのサプライズ

love, proposal, valentines day and holidays concept - close up of gift box with diamond engagement ring, red roses and greeting card on wood

「そろそろ結婚したいな」と思っても、彼がその気にならないと、なかなか話が進まないですよね。結婚をはっきり意識するには、やはりプロポーズが一番のきっかけになります。彼がなかなかプロポーズしてくれないなら、あなたから格好よくプロポーズしてみましょう。「女性からプロポーズなんて恥ずかしい……」と消極的になっていては、優柔不断な彼はゲットできません。彼のために婚約指輪を用意して、記念日やイベントを利用して、素敵なサプライズをしてみてはいかがでしょうか?

プロポーズのときに使用する婚約指輪といえば、きらきらと光る一粒のダイヤモンドを施したものをイメージする女性は多いはず。しかし、女性が思い浮かべる婚約指輪は、当たり前のことですが、フェミニンな女性用のデザインリングです。そしてそれは、多くの男性が身につけることに抵抗を感じてしまうものでもあります。そのため、彼へ贈る婚約指輪を選ぶ際は、男性が身につけても支障がないデザインのものをセレクトすることが大切です。

たとえば、ピカピカと光沢のあるリングは「職場にはちょっと……」と男性が躊躇する可能性もあります。そういった男性には、スーツにも馴染みやすいツヤのないマットタイプを選んであげましょう。でも、もしも、彼が普段からアクセサリーを好んで身につけているなら、少し個性的なデザインを選んでもいいかもしれません。絵柄が彫られたものや、ダイヤモンドや色石などが埋め込まれているデザインのリングも、アクセサリーに慣れている男性なら格好よく身につけてくれます。

また、彼の手の大きさや指の太さに合うものを選ぶことも大切です。たとえば、大きい手や太い指の男性には、幅広の指輪がよく似合います。

上記のように、相手の男性の趣味嗜好や、手の形、指の太さを考えたリングを選んであげることが、逆プロポーズでは大切になります。

逆プロポーズするなら、これだけは押さえておきたい

Wedding ring with shadow shape heart.

彼の状況に気を配る
結婚には、お互いの実家や経済環境が関係します。そのため、彼の収入や仕事の状況、実家の問題などを考慮して、プロポーズに臨みましょう。とくに男性は、収入面や仕事面でのプライドがあったり、昇進や転職などで結婚のタイミングを計っていたりすることが多くあります。プロポーズをするときは、彼の置かれている環境から、彼の結婚との向き合い度合いを推し量り、気配りをしてあげましょう。

プロポーズの言葉は分かりやすく、ストレートに
世間では、プロポーズは男性からするものという考えが根づいています。だから、女性が逆プロポーズを決行しても、伝える言葉が曖昧だと、男性はその言葉がプロポーズだと気がつかない場合があります。しっかりと言葉の真意を伝えるためには、プロポーズの言葉は分かりやすく、ストレートに言うことが大切です。くわえて、結婚したい理由や、結婚することでどうなりたいかという未来の展望を伝えることも大切。「この人と結婚したら、きっと幸せになれるんだろうな」と思ってもらえるように、まっすぐにあなたの気持ちを伝えましょう。

一方で、「私と結婚する気があるの?」「結婚しないなら別れる」などといった、上から目線の物言いは避けましょう。強引な言葉や態度で迫るプロポーズは、相手を思いやっているとはいえません。そんなプロポーズをされたら、男女関わらず嫌な気分になりますよね。

冗談にされないように、婚約指輪を準備する
意を決して伝えた逆プロポーズの言葉を、軽く流されないためには、婚約指輪を用意することをおすすめします。女性から男性へ婚約指輪を渡すというシチュエーションはなかなかありません。婚約指輪を準備することで、あなたがいかに真剣に結婚について考えているかが伝わります。

このように、逆プロポーズをする際には、さまざまなことに気を配ることが大切です。男性のなかには、結婚したい意志があっても上手く言葉にできないという方もいるはず。あなたからの逆プロポーズがきっかけで、後日に改めて彼がプロポーズしてくれるかもしれませんよ。

 

真実の愛に決まりはない

Guy is doing his girl marriage proposal

いまや「プロポーズは男性がしなくてはならない」という世の中ではなくなってきています。もちろん、できれば彼からしてほしいというのが乙女心ですが、女性から結婚を切り出しても、それは何も不思議なことではないのです。

プロポーズをした、されたということで愛に優劣はつけられません。愛を告げる権利やきっかけは、2人に等しく与えられているのですから。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム