コラム

プロポーズ・婚約

サプライズはNG?男性が気をつけたい婚約指輪のアレコレ

一生の思い出に残るプロポーズ。「自分らしい演出で婚約指輪を渡したい」とサプライズプロポーズを計画する男性も多くいます。しかし、場合によってはこのロマンチスト思考がトラブルの引き金になってしまうことも。彼女を想って練った計画が、エゴの押しつけになってしまって喜んでもらえなかったら、悲しいですよね。せっかくのプロポーズを台無しにしないために、ここではサプライズで婚約指輪を渡す際に気をつけたいポイントをご紹介します。

彼女に喜んでもらうことが最優先

「サプライズで感動のプロポーズをしたい」といった理由から、プロポーズ前にこっそりと自分だけで婚約指輪を買いに行く男性もいます。しかし、内緒で婚約指輪を用意することは大きなリスクを伴うことを事前に理解しておくことが大切です。なぜなら、女性の婚約指輪に対するこだわりは、男性が思っている以上に強いもの。世間には、サプライズで貰った婚約指輪に対して「デザインが気に入らなかった」「サイズが合わなかった」とがっかりしている女性も少なからずいるといいます。

本末転倒なのですが、せっかく贈る婚約指輪を確実に彼女に喜んでもらうためには、サプライズにこだわらず、彼女と一緒に選びに行くことが大切といえます。サプライズを仕組むこともときには大切ですが、彼女に満足してもらえる指輪を一番理解しているのは、やはり彼女本人なのです。「それではサプライズにならない」と考える方もいるかもしれませんが、婚約指輪を贈るうえで本当に大切なことは、彼女に心から喜んでもらうこと。最愛の人がくれた婚約指輪なら、たとえサプライズでなくても女性は喜ぶものです。

どうしてもサプライズにしたい場合は?

2

最近では「結婚指輪があるし、婚約指輪はいらない」と言う女性もいます。しかし、なかには彼の負担を考えて「いらない」と敢えて宣言する健気な女性もいます。とはいえ、婚約指輪を貰って本当に嬉しくないという女性はごく少数であるといえます。彼を想って「いらない」という不器用な発言をする彼女を喜ばせるには、サプライズプロポーズが良いでしょう。そこでおすすめの方法として、その名の通り「サプライズプロポーズプラン」というものがあります。

ダイヤモンドでのサプライズプロポーズとして、まずは男性のみが来店し希望のダイヤモンドを選択。そして男性はそのダイヤモンドで、女性にプロポーズに挑みます。めでたくプロポーズが受諾されたら、改めて2人で来店。そこでお互いが心から気に入るデザインのリングを、彼女と一緒に選ぶ、というものです。これを利用すれば、サプライズを演出しつつ、彼女好みのデザインの婚約指輪をプレゼントすることが可能です。プロポーズ後、「好みのデザインのリングを一緒に選ぼう」と伝えることで、彼女への愛情と思いやりをしっかり伝えることができますし、リングを一緒に選ぶという婚約中の楽しみも増えます。

サイズは間違っていないか

婚約指輪を準備する際は、彼女の指のサイズをきちんと把握しておくことも大切です。もしも、彼女の指より小さいサイズを買ってしまった場合、彼女に恥をかかせてしまうことも……。それに怒った彼女が、「いらない」と婚約指輪を突き返す、なんていう悲劇は避けたいところ。サプライズで婚約指輪を渡したいという方は、彼女が眠っている間にサイズを測ったり、他のジュエリーのサイズをチェックしたりといった方法がおすすめ。また、上で紹介した「サプライズプロポーズプラン」であればリングは後日、サイズ調整ができるのでおすすめです。

予算と納期は?

予算はカップルごとに違いますが、どのカップルもふたりで一緒に婚約指輪を買いに行く場合は、あらかじめ予算を共有しておきましょう。くわえて、婚約指輪をオーダーしてから手元に届くまでの期間についても考えておきましょう。たとえば遠距離恋愛中のカップルの場合は、必然的に指輪を渡す機会が限られます。緻密にプロポーズスケジュールを練ったのに、重要アイテムである婚約指輪が間に合わなかったがために、貴重な会える機会にプロポーズができなかった、なんてこともあるかもしれません。婚約指輪の納期が原因で、プロポーズのタイミングを逃してしまう、なんていうことは避けるようにしましょう。
また、結婚指輪に対しても言えることですが、指輪が届く前に式当日を迎えてしまうことも避けなければなりません。

「いらない」なんて言わせない。最高の一品を贈ろう

3

婚約指輪のように一生に一度のプレゼントは、彼女が心から喜んでくれるかどうかを一番に考えることが大切です。サプライズを喜んでくれる彼女なのか、リングデザインに対するこだわりが強い彼女なのか、彼女の性格をよく考えて、プロポーズに挑みましょう。最高のサプライズで彼女を喜ばせたいと考えている方は、「いらない」と言われる悲劇を防ぐためにも、ぜひ上記をご参考ください。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム