コラム

プロポーズ・婚約

婚約指輪の相場は?どこにお金がかかる?

「プロポーズして、婚約指輪を渡したい」、「プロポーズを受けて婚約したけど、せっかくだから婚約指輪をもらいたい」など、婚約にあたって婚約指輪の購入を考えている人も多いかもしれません。そんなときに気になるのが、「婚約指輪って相場はどれくらいなの?」という点。よく「給料3ヶ月分」などといわれていますが、具体的な相場を知っている人は案外少ないのではないでしょうか。
婚約指輪の相場はもちろん、どこにお金がかかるのか、そのポイントをご紹介します。

一般的な婚約指輪の相場は?

ものによって大きな差がありますが、婚約指輪の相場価格はおよそ20~40万、平均購入価格相場はおよそ35万円前後となっています。もちろん、50万円、100万円を超える高額な指輪を購入する人もいますが、10万円以内のリーズナブルなものを選ぶ人も多くいます。
一般的に、記念品である婚約指輪は高めのものを選び、普段使いする結婚指輪はリーズナブルなものを選ぶ傾向にあります。反対に、「婚約指輪はあくまで婚約の記念品だから」と割り切って、リーズナブルなファッションリングで済ませるカップルも多くいます。
「買うからにはきちんとしたものを買いたい」、「婚約指輪にずっと憧れを抱いていた」という考えの人もいれば、「婚約指輪よりも、結婚式や新婚旅行、新居の準備などにお金をかけたい」という考えの人もいます。男女で考えに差がある場合もありますので、婚約指輪を購入する際にはきちんと考えのすり合わせを行い、お互いが後悔の残らないようにしておくことが重要となります。

オーダーの仕方によって相場は変わる

2

レディメイド(既製品)

宝石やデザインなどがすでに決まっており、完成されたものを購入する方法。実物を手にとって試着することができるので、つけ心地や自分の手とのバランスを見て決めることができます。予算によっては選択肢があまりない場合も。

セミオーダー

宝石の種類や大きさ、指輪の素材やデザインを自由に組み合わせてオーダーする方法です。予算に合わせ、自分の手にしっくり馴染む好みの指輪を作ることができます。レディメイドと比べ、自分好みの指輪を自由に選ぶことができるので、1番人気の高い方法となっています。

フルオーダー

宝石や指輪の素材などはもちろん、デザインを1から自分で決めてオーダーする方法です。デザイナーの人に希望を伝え、思い通りのデザインで指輪を作ることができます。デザインを考えるところから楽しめ、世界で1つだけのオリジナルリングを作れる点が魅力です。レディメイド、セミオーダーに比べ、相場価格が高くなる傾向があります。

手作り

専用の工房で婚約指輪を手作りする方法もあります。シンプルなデザインのものや、ほかにはないオリジナルのデザインの指輪が欲しい人に人気です。心のこもった思い出のリングにすることができるほか、費用がリーズナブルにおさえられる点も魅力です。

婚約指輪の相場を大きく左右する、宝石やリングの種類

3

ブランドやデザインなどによっても異なりますが、婚約指輪の相場を大きく変えるのはやはり宝石やリングの材質です。こだわりがあまりない場合は、安い宝石や材質を選んで価格を低くおさえることができます。

宝石の種類

婚約指輪の宝石はダイヤモンドが一般的ですが、特にダイヤモンドでなければならないという決まりはありません。パールやルビー、サファイアなど、好みでほかの宝石を選ぶことも可能です。一般的に市場に多く出回っている種類の宝石を選べば、ダイヤモンドよりも価格を低くおさえることができる場合もあります。また、天然石か人工石かというのも、価格を大きく左右します。

宝石のランク

婚約指輪の価格相場を大きく変動させるのが、宝石のランクといえるでしょう。ダイヤモンドであればカラット、カット、カラー、クラリティの4Cと呼ばれる要素の評価が高ければ高いほど価格も上がります。「カラーやクラリティはあまり気にしないから、カラットが大きいものがいい」、「カラットは小さくていいから、ダイヤモンドをたくさん散りばめたデザインのものがいい」など、自分のこだわりによって宝石のランクを決めましょう。

リングの材質

リングの材質は一般的にはプラチナやゴールドが多くなっています。プラチナはダイヤモンドとの相性が良く、柔らかいので細かいデザインを楽しむことができます。ただし、希少性が高いため相場価格は少し高くなっています。一方ゴールドは金の含有率や混ぜる金属の種類などによっても価格が変わります。パラジウムなど価格が手頃なほかの金属を使う方法もあります。「金属アレルギーがある」、「お手入れが楽なものが良い」など、希望の条件に合った材質を選びましょう。

このほかにも、どのブランドを利用するかなどによっても婚約指輪の相場は大きく異なります。
婚約指輪にどのくらいお金をかけるかは、個人の考え方次第です。「自分は特にこだわりはないけど、周りがこのくらいかけているから……」、「お店の人にすすめられたから……」と周囲に流されるのではなく、自分の希望やこだわりをよく考えてみましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム