コラム

プロポーズ・婚約

婚約指輪、いつつけるのが正解?

「プロポーズとともに婚約指輪を贈ってもらった」、「婚約指輪と結婚指輪を彼と一緒に選びに行った」……幸せいっぱいの婚約期間、指輪を眺めるだけでうれしい気持ちがいっぱいに溢れてきますよね。しかしその婚約指輪、意外と「いつつけるのが正解なのか分からない」、「いつつけるのがいいのか悩んでしまう」という女性が多いんです。婚約指輪は、いつつけるのが正解なのでしょうか。

もらったその日からOK?婚約指輪、いつつける?

2

婚約指輪はもともと、結納の際に男性側から女性側へ贈る「婚約記念品」。そのため本来は結納の場でお披露目をして贈ってもらい、その後に身につけるのが正解です。しかし、せっかくの婚約指輪なので、贈られたのが結納の前だった場合や結納をしない場合でも、気兼ねなく身につけていきましょう。結納の前に贈られた場合は、結納の場で「こちら、プロポーズの際に贈っていただきました」などと言い添えて、身につけている婚約指輪をお披露目する形で問題ありません。

婚約指輪は日常的に身につけていても良いものですが、「高価なものなので普段使いしにくい、いつつけるのがいいのか分からない」という人も多いかもしれません。そういった場合は、場面を選んで身につけてみましょう。

 

彼や両親と出かけるとき

普段指輪をつけていなくても、彼とのデートのときはぜひつけていきましょう。贈った側の彼も、婚約指輪をつけてくれているのを見るとうれしくなるものです。「ああ、婚約したんだな」という気持ちがいっそう強くなり、デートのときのうきうき気分が増すこと間違いなし。普段のデートでは少し目立ちすぎるという場合、たまには婚約指輪をつけるのにふさわしいフォーマルな場所に連れて行ってもらうようおねだりしてみましょう。
また、両親と食事へ行く際なども、指輪をつけるチャンス。きらきらと輝く婚約指輪と幸せそうな娘の笑顔に、両親は「大事にしてもらっているんだな」と安心するもの。特に離れて暮らしている場合は、両親と会う際には必ずつけることをおすすめします。

結婚式の準備をするとき

結婚式の準備は、まさにベストタイミングです。結婚式の準備は何かとすることが多くて忙しく、つい気持ちが落ち込んでしまうもの。そんなとき、婚約指輪を身につけていれば忙しくてもやる気が出てくるものです。式場の下見へ行く際やウェディングプランナーとの打ち合わせなどの際には、ぜひ指輪を身につけて行きましょう。

フォーマルな場面のとき

フォーマルな場面こそ婚約指輪の出番です。友人の結婚式やパーティーなど、華やかな場所では堂々と指輪を身につけていきましょう。また、ドレスコードのあるレストランやコンサートなどに行く際などでも、指輪は活躍します。いつもよりオシャレをした際には、積極的に婚約指輪をつけていきましょう。

婚約指輪を結婚後もつけていいの?いつつけるのがいいの?

3

結婚後は、いつつけるのかいいのか分からずついつい婚約指輪を大切にしまいこんでしまうもの。しかしせっかく贈られたものなので、結婚後も積極的に身につけていきましょう。
1番身につけやすいのが、フォーマルな場面です。結婚後は、友人や親戚の結婚式はもちろん、子どもの七五三や入学式など、フォーマルな場面も増えていくもの。そうした際に婚約指輪を身につければ、一気に装いに華やかさを添えることができます。
また、結婚記念日に食事へ行く、夫とデートをする際にもぜひ婚約指輪を身につけることをおすすめします。指輪をつけることで、婚約した頃の気持ちを思い出し、改めて夫婦円満の大切さを確認しあえるかもしれません。

婚約指輪をつける際に注意したいポイント

欧米のように、婚約指輪を普段より気軽に身につける習慣がない日本では、婚約指輪をつけていくのに注意したいのが職場です。既婚者が多く、指輪をつけている人がいるなど、祝福ムードの職場ならばいいのですが、そうでないのならば要注意。お客様と接することが多い接客業などは、婚約指輪は華美すぎると敬遠される場合もあります。不要なトラブルを避けたい場合は、職場には指輪は外していくのが無難かもしれませんね。
また、婚約指輪のデザインによっては、ちょっとのことで引っかかってしまったり、宝石が取れてしまったりする場合があります。出っ張りのあるデザインや、宝石の固定が弱そうなデザインの場合は注意して身につけましょう。
引っかかりやすくて派手すぎるイメージのあるダイヤの立て爪リングなどでも、最近では立て爪が高くなく普段使いができるデザインのものも増えてきました。また、結婚指輪との重ね付けができるものも多くなっています。重ね付けできるものなら、結婚後も気軽に婚約指輪を身につけることができます。
もちろん、つけていく場面が限られていたとしても、「華やかな婚約指輪が欲しい!」と思ったのであれば、そういったものを選んだ方が悔いなく指輪をつけることを楽しむことができます。さまざまなデザインのものを見比べて、自分が常に身につけたいと思うようなものを選びましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム