デザイン

さらなる特別感を演出できる!結婚指輪を手作りしよう!

長い人生の中でも、大きな節目のひとつとなる結婚。結婚は、これからの人生をともに歩むパートナーと未来を誓い合う儀式です。そのため、ちょっと特別な演出をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

結婚に欠かせないアイテムといえば、やはり結婚指輪。既製品の結婚指輪の選択肢はとても豊富ですので、その中から多くのカップルがお気に入りの一点を探していることでしょう。一方、せっかくの結婚指輪だからこそ「もっと特別感が欲しい」と思う方も少なくありません。

そんな方におすすめなのが、手作りの結婚指輪です。世界に一組しかない特別な指輪であれば、二人の絆がもっと深まるはず。そこで今回は、結婚指輪を手作りするメリットや、おすすめのデザイン例をいくつかご紹介しましょう。

 

“買う”から“作る”へ。結婚指輪を手作りするメリットは?

Working desk for craft jewelery making with professional tools.

ほとんどのカップルが「結婚指輪=購入するもの」というイメージを抱いているはず。事実、一般の方が自身で指輪を作る機会は中々ありません。繊細な技術が求められるイメージもあることから、難しそうに感じられるのは当然です。

結婚指輪を手作りする最大のメリットは、世界に一組だけの指輪が手に入ること。既成品は、彫刻やちょっとした加工でオリジナリティをプラスするのも可能ですが、自由度は決して高いといえません。それに対して、手作りであれば100%オリジナルデザインの結婚指輪を作ることができます。デザイン面で妥協する必要がないのです。

また、一緒に指輪を作る工程さえも二人の大切な思い出となります。指輪を眺めるたびにシーンが蘇り、二人で笑い合えるのもまた魅力です。自分たちで結婚指輪を作るとなれば、手間も時間もかかります。それでも、一生忘れることのない大切な思い出が得られるわけです。

 

結婚指輪を手作りする基本的な流れとは?

プロの協力もなく、結婚指輪を自分たちで手作りをするのはあまり現実的ではありません。基本的には結婚指輪を手作りできる工房やアクセサリーショップを利用することになります。そこで、具体的な手作りの流れをご紹介しましょう。

まずは工房やアクセサリーショップに足を運び、基本的な流れ・作業工程などの説明を受けます。店舗によって選べるデザインや材質が異なりますので、しっかりと確認しましょう。

続いて、手作りする結婚指輪のデザインの打ち合わせをします。ジュエリーデザイナーに相談したり、サンプルをみたりしながら少しずつデザインを作っていくため、はじめての方でも安心です。

デザインが決まったらいよいよ制作開始。ロウのチューブワックスを切ったり、削ったりしながら指輪の原型を作っていきます。金属を直接加工するわけではないので、未経験の方でもコツさえ掴めば思い通りのデザインの指輪が作れるはず。製作時間は一般的に2~3時間程度です。

最終的な仕上げはプロの職人が担当します。自身で作った原型をベースに、デザインに合わせてダイヤモンドなどの宝石や刻印を入れ、仕上げの研磨をして完成です。また、デザインの相談から完成までには1~2ヶ月ほどの期間が必要になります。ものによっては、3ヶ月以上かかるケースもあるので、事前に確認しましょう。

なお、中には金属を直接加工できる工房もありますが、やや上級者向けかもしれません。ただし、最後の仕上げまで自分で行えるため、より思い入れの強い指輪に仕上がるでしょう。この方法なら、ダイヤモンドなどの宝石の追加や特別な加工が必要なければ、その日の内に持ち帰ることができます。

 

ゴールドもアリ!? 手作り結婚指輪のおすすめデザインは?

Two beautiful wedding rings with brilliants

手作りといっても形式的なデザイン案がありますので、いくつかご紹介しましょう。

・ラインで個性を演出するシンプルデザイン

シンプルなデザインの中でも、S字や斜めのラインを入れて個性を表現するデザインです。曲線を加えたデザインは指を細くみせる効果もありますので、レディースに取り入れると◎。手元を美しく飾りましょう。

・シンプルなデザインに模様や刻印を

結婚指輪は毎日身につけるもの。基本的にはシンプルなデザインがおすすめです。その上で「特別感」を演出するために、二人の名前の刻印や「指輪を重ねることで意味がわかる模様」を入れてみましょう。

・プラチナ以外の素材でオリジナリティをプラス

結婚指輪の定番素材はやはりプラチナ。でも、ファッションにこだわりのあるカップルにはゴールドやホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの素材もおすすめです。結婚指輪でありながら、ファッションのちょっとしたアクセントになります。なお、これらの素材はプラチナよりも傷つきやすく、変形しやすいので取り扱いに注意しましょう。

 

手作りの結婚指輪が思い出させる“一生モノの記憶”

これまで結婚指輪は“ダイヤモンドをあしらったものを購入する”という考えが一般的でした。手作りという選択肢が加わった今、どちらが理想の指輪になるのかパートナーとよく相談してみましょう。より特別感溢れるものや、一生の思い出が欲しいという方は、ぜひ結婚指輪の手作りに挑戦してみてください。

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム