コラム

デザイン

神前式のアクセサリーQ&A。和装に似合う指輪は?指輪交換はあるの?

神前式を考えている新郎新婦の中には、着物(和装)に合う結婚指輪を購入したいと考えている方もいるのではないでしょうか。日本の伝統的な文様をモチーフにした指輪もすてきですが、一般的なデザインの指輪でもポイントを押さえれば和装に合わせることができます。また、後者であれば彼が用意してくれた婚約指輪との重ね付けも楽しめますよ。
そこで今回は、着物(和装)に合う結婚指輪の選び方やその他のアクセサリーの選び方、実際の神前式ではどのような段取りで指輪交換がされるのかなどについてご紹介します。

 

和or洋ならどっちがいいの?着物(和装)に合う指輪の選び方

d-9_2

着物(和装)に合う結婚指輪を選ぶ際、大きく分けて2つの選択肢があります。

まずひとつは、和のテイストを主としている指輪を選ぶことです。日本の伝統的な文様や季節の風物詩をモチーフに作られる和リングは、どこか懐かしさを覚えるようなクラシカルで上品な魅力にあふれており、着物(和装)との相性が抜群です。また、熟練の職人のみが施せる細かな彫りや細工も魅力的です。ダイヤモンドとの相性もよく、繊細なものや儚いものを美徳と捉える日本人ならではの感性が息づく粋なデザインといえます。
最近では、金属に木目のデザインを施した木目リングなるものも登場しており、指輪のスマートな曲線美と相まって独特で美しい魅力にあふれています。

もうひとつの選択肢は、一般的な洋テイストの指輪を選ぶことです。シンプルかつ繊細で上品なフォルムの指輪は、着物(和装)にも自然になじみます。例えば、波打つように滑らかでシンプルなデザインの指輪や、メレダイヤなどの小さめなダイヤモンドがあしらわれた指輪は、白無垢の美しさを邪魔することがありません。さらに、普段は着物を着る機会がない方の場合、普段使いがしやすくて洋服に合わせやすいデザインを選ぶことも大切です。ダイヤモンドの婚約指輪を重ね付けしたいと考えている方であれば、ごく自然に婚約指輪との組み合わせを楽しめる洋リングがおすすめです。

 

神前式はアクセサリーOK?指輪以外のアクセサリーの選び方

d-9_3

神前式では白無垢と呼ばれる着物(和装)を着用するのが習わしです。白無垢に合わせるかぶりものは主に二種類あり、ひとつがまんまるでかわいらしい「綿帽子」、もうひとつが文金高島田を囲むように着けられる「角隠し」です。どちらも挙式のときのみにかぶるものとされており、洋装のベールアップと同じ意味があります。

かつらや地毛で文金高島田を結うなら、「かんざし」でアクセントをつけるのがgood!さまざまな素材や色、柄があるかんざしは、古くから日本髪を飾り立てるアクセサリーとして重宝されています。文金高島田のように和の情緒あふれる髪型には、かんざしが見事にマッチします。
挙式と披露宴では取り替えるケースが多く、挙式では気品のあるべっこうやシルバーを、披露宴では豪奢なゴールドや真珠を使用する方が多くみられます。

洋髪のヘアアレンジをするなら、アクセサリーには「生花のヘッドドレス」をチョイスしてみるのがおすすめです。伝統的なスタイルとはまた違った魅力があり、個性的な花嫁姿をお披露目できます。また、生花のヘッドドレスはスタンダードな白無垢ではなく引き振袖や色打掛を選ぶ際にもおすすめです。というのも、打掛の種類によっては綿帽子や角隠しを合わせることができないためです。
カサブランカやカメリアなどの大きくて白い花を用いた生花のヘッドドレスは、まるで綿帽子のようにかわいらしいシルエットを演出してくれます。

なお、神前式ではあまりアクセサリーで着飾らないほうがいいとされています。アクセサリーは婚約指輪や結婚指輪、かんざしやヘッドドレスなどの必要最低限のものに留めましょう。ダイヤモンドの婚約指輪と結婚指輪を重ね付けすれば、自然に華やかさをプラスできます。

 

厳かな雰囲気に緊張もピーク!?神前式の指輪交換

一般的に、神前式での挙式は神社やホテルなど館内神殿で執り行われます。神前式は古くからの決まった作法があり、順序立てて行われるため、緊張してしまう方も多いはずです。そんな中、指輪交換は挙式の後半に行われます。

まず新郎新婦が入場し、斎主によるお祓いと祈りが行われます。その後、「三三九度」の杯で新郎新婦がお神酒を交わして永遠の契りを結ぶのです。さらに、新郎新婦が誓いの言葉を読み上げたら「玉串」と呼ばれる榊の枝に木綿や紙を取り付けたものを神前に捧げ、「二杯二拍手一礼」を行います。
新郎新婦の他、仲人や両家の代表がこれを行ったらいよいよ結婚指輪の交換が行われます。

神前式の指輪交換では、斎主が「三方」という儀式に使用する台に結婚指輪を乗せて運んできます。その際に使用されるリングピローは和デザインのものが多いとされており、近年では神前式用におしゃれなリングピローも多数登場しています。アクセサリーだけでなくリングピローにもこだわりたいという場合には、挙式を行う神社などに使用してもよいか確認しましょう。

 

神前式もチャペルウェディングも、愛を誓うことには変わりない

神様に愛を誓い夫婦になると報告することは、荘厳な神前式もダイヤモンドのように華やかなチャペルウェディングも変わりません。ただ、着物(和装)を着て挙式に臨む神前式では古くから決められたルールがいくつもある、ということは肝に銘じておきましょう。
その中で本人たちの意思をより強く反映させることができるものが、ダイヤモンドの婚約指輪や結婚指輪などのアクセサリー。着物(和装)に合う結婚指輪を決めたり、髪に着けるアクセサリーを選んだりと、自由に決められる点は2人でよく話し合うことが大切です。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム