コラム

デザイン

火付け役はキャサリン妃! 人気上昇中のゴールドリングの魅力

日本では、婚約指輪のリングといえばプラチナが定番です。しかし近年ではゴールドリングの人気が高まってきており、婚約指輪にゴールドリングを選ぶ女性が増えてきています。

 

ゴールドリングの火付け役となったのは、イギリス王室のケンブリッジ公ウィリアム王子の配偶者・キャサリン妃。ウィリアム王子とキャサリン妃のウェディングにおいて、キャサリン妃の左手薬指に光るゴールドの結婚指輪が注目を集め、日本での人気が急上昇しました。

 

今回は、婚約指輪にもぴったりなゴールドリングの魅力についてご紹介します。

 

キャサリン妃だけじゃない。皇族たちの指を飾るゴールドリング

キャサリン妃がウェディングで身につけていたゴールドリングは、王家御用達の宝石商・ウォルツキが制作したもの。リングのベースになったのは、ウェールズ地方でのみ採掘できる“ウェルシュ・ゴールド”という特別なゴールドです。非常に希少性が高く、1923年以降、王室ではウェルシュ・ゴールドを使った結婚指輪を身につけることが伝統となっています。かの有名な故ダイアナ妃やカミラ夫人に贈られたのも、ウェルシュ・ゴールドの結婚指輪でした。

 

キャサリン妃といえば、結婚指輪だけでなくエタニティリングも有名です。公務の際には必ず身につけるとされるエタニティリングは、2mm幅のゴールドリング。ホワイトゴールドのリングにはブリリアントカットのホワイトダイヤモンドが敷き詰められており、クラシックな輝きを放っています。

 

そんなキャサリン妃をも魅了してしまうゴールドリングには、どのような魅力があるのでしょうか。

 

ファッション性が高く、普段使いにもおすすめのゴールド

Golden wedding rings on lace pink fabric. Wedding embroidery det

ゴールドリングの魅力には、ファッション性の高さがあります。一口にゴールドと言っても、配合される銀や銅の比率によりホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドというように呼び方が異なります。

 

・ホワイトゴールド
プラチナの代用品として生まれたゴールドで、ヨーロッパとアメリカでは「白い貴金属」の代表として知られています。特徴には、プラチナとよく似た白さがあげられます。ホワイトゴールドは、プラチナよりも生産量が多いので、プラチナを使用した婚約指輪、結婚指輪よりも安価で購入できることもしばしば。

 

・ピンクゴールド
暖色系の輝きを放つピンクゴールドは、柔らかな色合いが魅力です。無色透明のダイヤモンドやピンクダイヤモンドとの相性がよく、婚約指輪や結婚指輪に取り入れることで、シックで上品な指先を演出します。ゴールドのなかでも銅の比率が高く、耐久性が高いという点も魅力です。

 

・イエローゴールド
ゴールドのなかで最も純金に近い色合いで、より華やかでゴージャスな印象を与えます。ファッションジュエリーとしても人気があり、他のゴールドリングとの重ね付けもおすすめ。結婚指輪として、特に人気の高いゴールドリングです。

 

一般的に、日本人の肌色にはピンクゴールドやイエローゴールドが、色白肌にはホワイトゴールドがよく似合うといわれています。加えて、どちらもダイヤモンドとの相性が抜群です。カラーダイヤモンドはもちろん、無色透明のダイヤモンドと合わせても華やかな指先を演出できます。

 

この他、ゴールドリングには変質・変色しにくいという魅力もあります。

純度の高い金ほど柔らかくなりますが、一般的な金素材として使われているK18は、プラチナと同程度の耐久性を誇ります。また、自然に変色することはほとんどないため、いつまでも美しい煌めきを楽しめます。

さらに、お手入れが楽なのもゴールドリングの魅力です。着用後は、柔らかいクロスで拭くよう心がけましょう。

 

異なる素材のいいとこどり コンビネーションリング

Golden wedding rings on lace silk fabric with beads. Wedding emb

イギリスを中心に、世界中で人気が高まっているゴールドリング。しかし、婚約指輪の定番であるプラチナも捨てがたいと考える方も多いのではないでしょうか。そんな方には、プラチナとゴールドというように2種類以上の素材を用いたコンビネーションリングがおすすめです。色合いや質感の異なる素材を組みあわせることで、よりオリジナリティのある婚約指輪に仕上がります。

 

例えば、ラザールダイヤモンドの「KALMIA(カルミア)」は、プラチナとピンクゴールドをリングに使用した婚約指輪です。シンプルなフォルムですが、内側にピンクゴールドを入れて、さり気ない華やかさをプラスしています。王冠のように輝くセンターダイヤモンドが、2人の輝かしい未来を見守っているかのよう。

 

ダイヤモンドとゴールドが奏でる美のハーモニー

リッチな輝きを放ち、バリエーションが豊かであることからさまざまなオシャレが楽しめるゴールドリング。強度があり、メンテナンスも簡単なので、婚約指輪や結婚指輪を日常使いしたいという方にもおすすめです。無垢に輝くダイヤモンドと合わせれば、存在感がありながら、女性らしくエレガントな印象に。

 

人生で一度きりの特別な贈り物である婚約指輪に、また最愛の人との絆の証となる結婚指輪に、ラグジュアリーなゴールドリングを選んでみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム