コラム

デザイン

一生の宝物に。婚約指輪に彫る人気の刻印とは?

永遠の愛を誓った証である婚約指輪。この指輪に込められた思いをより特別に表現する方法のひとつに、メッセージやイラストを“婚約指輪に刻印する”という手法があります。刻印は指輪の内側に施すことが一般的です。なぜなら、そこは他の人に見られない、ふたりだけの特別な場所だからです。
今回は、婚約指輪に彫る人気の刻印についてご紹介します。婚約指輪の購入を控えている方は、ぜひご参考ください。

ふたりだけの特別感を演出するイニシャルや記念日

1

婚約指輪の刻印として最も人気が高いのは、イニシャルと記念日です。この2つに共通しているのは、“ふたりだけの特別なもの”だということ。婚約指輪は結婚後、日常的に身につけることが少なくなります。だからこそ、身につけるたびに婚約したときの深い愛を思い出せるような刻印が人気を集めています。

イニシャル

イニシャル刻印といっても、その種類はさまざまです。メジャーな例としては「○to○」や「○&○」のかたちがあげられます。これらは文字数も多くないため、女性用の小さな指輪や、彫るスペースが狭い指輪でも問題なく刻印することができます。また、イニシャルの場合、派手になり過ぎず、シンプルで品の良い婚約指輪に仕上げることができます。しかし、なかには「イニシャルを刻印しつつ、華やかなデザインにしたい」と考える方もいるはず。そのような場合は、婚約指輪の内側にイニシャル刻印に加えて、誕生石などの宝石をあしらうことで、華やかさをプラスする方法もおすすめです。

記念日

出会った日、お付き合いが始まった日、プロポーズをうけた日……ふたりの大切な日はカップルによって違います。互いにとって大切な記念日を婚約指輪に刻印すれば、その時の思いを、いつまでも抱き続けることができます。しかし、記念日を刻印する際に、注意すべき点があります。それは、“日付の間違いに気をつける”ということです。実は付き合った日の記憶は意外と曖昧だったり、ふたりの間に認識の差があったりもします。もし日付を間違えてしまうと、大切な婚約指輪に何の思い入れもない日を刻印してしまうことになります。基本的なことではありますが、記念日を入れる際は、日付に間違いがないかをお互いにしっかりと確認するよう心がけましょう。

婚約指輪に刻む愛のメッセージ

3

イニシャルや記念日も良いですが、相手への気持ちをそのまま結婚指輪に刻印するのもまた良いものです。普段は恥ずかしくて口にすることができない思いも、刻印メッセージならまっすぐに伝えることができます。愛を指輪に込めることで、より思い入れのある婚約指輪に仕上げることができます。
刻印例には、「with you(あなたと共に)」や「Forever Love(永遠の愛)」などがあります。もちろん日本語で刻印することもでき、「いつまでも一緒に」や「大切なあなたへ」といったメッセージをはじめ、「感謝」や「幸福」などの単語、また「以心伝心」や「一心同体」などの四字熟語を刻印するカップルもいます。
これらはイニシャルや記念日同様、婚約指輪の内側に刻印されることが一般的です。愛のこもったメッセージだからこそ、他の人にはあまり見られない内側に彫ってふたりだけのヒミツにすれば、その愛がよりいっそう深まるかもしれません。

メッセージインダイヤモンド

「人気の刻印もいいけど、他の人とは少し違うことがしたい」と考えている方には、ラザールの「メッセージ イン ダイヤモンド」をおすすめします。最高水準のカッティング技術を持つブランドとして有名なラザールでは、ダイヤモンドそのものにオリジナルメッセージをレーザー刻印するサービスがあります。ダイヤモンドを眺めるたびに愛のメッセージが心に染み込み、婚約指輪がよりいっそう愛おしくなるロマンチックな刻印方法です。またラザールでは0.18ct以上のダイヤモンドには、ブランドロゴとIDナンバーもレーザー刻印されます。万が一、紛失・盗難・すり替え等が発生した際は、登録IDの記載された証明書と照合することで、大切な指輪を取り返すことができます。

刻印でふたりだけの特別な婚約指輪に

4

いかがでしたか?婚約指輪はふたりの愛を象徴する、とても大切なジュエリーです。そんな婚約指輪にふたりのイニシャルや記念日、相手へのメッセージを刻印すれば、さらに特別な指輪へと仕上げることができます。

婚約指輪を購入する際は、刻印が必要かどうかはもちろん、必要だった場合はどのようなものにするかをしっかりと話し合い、お互いに満足できるデザインに仕上げることが大切です。もし事前に刻印したいものが決まっているのであれば、その時点でパートナーに伝えるようにしましょう。またリングの裏に刻印をするのか、ダイヤモンドそのものに刻印するのか、お互いの認識を合わせておきましょう。
もちろん今回紹介したものだけでなく、ハートやクローバーなどのモチーフ刻印など、さまざまなパターンがあります。お好きなものを選んで、ふたりの特別なジュエリーに仕上げてみてください。

 

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム