コラム

デザイン

キラキラ派? マット派? 表面の仕上げ方法で指輪選び

「これからの人生を共に歩んでいこう」。その意思を形で表したものが、婚約指輪です。素材やデザインなどにこだわりを持っている方は多くいますが、“仕上げ”にまでこだわっている方は多くないはず。しかし、仕上げは婚約指輪の印象を大きく左右する要素なのです。
そこで今回は、婚約指輪における“仕上げ方法”についてご紹介します。

婚約指輪の表情を左右する、リングの仕上げ

2

婚約指輪を選ぶうえでポイントとなる項目のひとつに、“仕上げ”があげられます。仕上げとは、リングの表面に加工を施すこと。どのような加工を施すかによりリングそのものの表情が変わってくるため、重要な過程だといえます。ここでは、代表的な5つの仕上げについてご紹介します。

ミラー仕上げ

リングの表面をキラキラと輝かせる加工のこと。凸凹がひとつ残らず無くなるよう丁寧に磨き上げることで、つるつるとした触り心地を実現しています。滑らかになった表面は程よく輝きを放ち、まるで鏡のように周りの風景を映し出します。婚約指輪はもちろん、結婚指輪においてもポピュラーな仕上げとなっているため、「あまり冒険したくない」という方におすすめです。

サティーン仕上げ

ミラー仕上げとは異なり、表面をマットに仕上げる加工を指します。あえて表面に凸凹を残すことで、落ち着きと柔らかさを併せ持つ仕上がりを実現しています。鈍い輝きを放つため、「リングそのものをあまり主張したくない」という方にピッタリ。指に馴染みやすく、傷が目立ちにくいという特徴から、婚約指輪・結婚指輪のどちらにも活用できます。

スターリー仕上げ

表面を月のクレーターのように仕上げる加工のこと。表面に無数の凸凹を残すことで、マットかつドライな質感と細やかな輝きを併せ持った、ユニークなリングを実現しています。ダイヤモンドを刻み込んでいるため、宝石に頼ることなく婚約指輪ならではの特別感を演出することが可能です。宝石の装飾を抑えれば、ゴージャス過ぎずシンプル過ぎないリングになります。

ヘアーライン仕上げ

髪の毛のような細いラインを表面に刻み込む加工のこと。細かい筋模様を施すことで、マットな質感と立体感を生み出すことができます。さらに、ラインとラインの溝が光を乱反射させ、リングそのものを美しく輝かせます。味のある仕上がりは婚約指輪にも最適。キラキラかマットか、リングの仕上げに悩んでいる方は、ヘアーライン仕上げを選んでみるとよいかもしれません。

ヴィンテージ仕上げ

上記4つの仕上げにはない、特別な風合いをもたらす加工のこと。槌を打ち込んだり、傷を付けたりして無垢な形から世界にひとつだけの形へと変えていきます。その特徴は、年季が入った独特な味わい。「特別なリングにしたい」「人とは違ったリングにしたい」という方におすすめの加工といえます。

多くの婚約指輪は、これらの加工により完成へと一歩進んでいきます。同じデザイン、同じ宝石であっても仕上げひとつで全く異なるリングになるため、婚約指輪を購入する際は仕上げをどうするか慎重に考えることが大切です。

マットに仕上げて、人とは違う個性溢れる婚約指輪へ

3

「個性的な婚約指輪にしたい」。そうお考えの方には、サティーン仕上げやスターリー仕上げなどで表面をマットにすることをおすすめします。その理由は、ミラー仕上げが婚約指輪の定番として定着しているため。つるつる・キラキラな見た目と真逆のマットな仕上がりにすることで、婚約指輪に個性をもたらすことができます。

このほか、リングのサイドはミラー仕上げ、センターはサティーン仕上げという風に、2つの加工を組み合わせるのもおすすめです。これなら、宝石を装飾せずとも存在感を持ち合わせた婚約指輪へと仕上がります。さらに、マットな仕上がりにしたうえで彫刻を施すのもおすすめ。お互いのイニシャルや、相手に贈るメッセージなどを彫ることで、世界にひとつだけの特別感溢れる婚約指輪にすることができます。

婚約指輪をマットな仕上がりにする場合、おすすめの素材としてゴールドがあげられます。

ゴールドは素材そのものにインパクトがあるため、宝石を装飾したり、モチーフや文字を彫刻したりすると思っていた以上に派手な仕上がりになってしまうことがあります。これだと日常使いには不向きになってしまい、使い勝手の悪さを感じてしまうことも……。ゴールドの輝きを程よく抑えたいのなら、リングにサティーン仕上げやヘアーライン仕上げを施すことで、派手さをうまくカバーすることができます。また、好きな宝石や彫刻を装飾しても、派手になりすぎてしまうことはありません。もし、婚約指輪をマットな仕上がりにしたいのなら、素材にはぜひゴールドを選んでみてください。きっと満足のいく婚約指輪になるはずです。

仕上げにこだわった婚約指輪で手元を鮮やかに……

4

いかがでしたか? 婚約指輪に表情を与えることのできる“仕上げ”。婚約指輪を購入する際は、デザインや素材などと一緒に仕上げをどうするかも決めておきましょう。そうすれば、より満足のいく婚約指輪を身に付けることができます。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム