コラム

ダイヤ

約100年ぶりに発見された巨大なダイヤモンド原石「レセディ・ラ・ロナ」とは

2015年、カナダのルカラ社がボツワナの鉱山で巨大なダイヤモンド原石を発見しました。1,109カラットもあるそのダイヤモンドは「レセディ・ラ・ロナ(私たちの光)」と名付けられ、カリナンに次ぐ史上2番目に大きなダイヤモンド原石として注目を浴びています。

今回は、そんなレセディ・ラ・ロナについてご紹介します。

ダイヤモンド採掘地・アフリカで発見された、レセディ・ラ・ロナ

3-2

レセディ・ラ・ロナは、縦65mm、横55mm、高さ40mmとテニスボールほどの大きさを誇るダイヤモンド原石です。1,109カラットという数値は、3,016.75カラットのカリナンの次に大きく、宝石品質を有したダイヤモンド原石としては、過去100年の間で最大級を誇ります。レセディ・ラ・ロナは、大きさだけでなく品質も優れており、透明度が高いのが特徴です。

そんなレセディ・ラ・ロナが採掘されたのは、南部アフリカに位置する内陸国・ボツワナです。ここにあるカロウェ鉱山で、カナダのダイヤモンド探鉱会社・ルカラ社により発見されました。

ボツワナのあるアフリカは、ダイヤモンドの採掘地として名を馳せており、市場に出回るダイヤモンドの半数がアフリカで採掘されています。では、なぜアフリカではたくさんのダイヤモンドが採掘されるのでしょうか。その理由には、環境における条件と地質構造が大きく関係しています。

ダイヤモンドが結晶化する条件は、炭素が2,000度であることと、6~7万気圧であることです。この環境下で結晶化したダイヤモンドがマグマで地表に運ばれることで、採掘することができます。アフリカは、この条件をクリアした地であると共に、マグマの流れが滞らない地質構造であることから、ダイヤモンドを多く採掘することができるのです。

とはいえ、必ずしも大きなダイヤモンド原石を採掘できるとは限りません。レセディ・ラ・ロナの発見は、ダイヤモンドを頻繁に採掘しているボツワナ、ひいてはアフリカの地であっても奇跡といえる出来事だったのです。

 

落札に至らなかった、高貴なダイヤモンド

巨大なダイヤモンド原石であるレセディ・ラ・ロナは、2016年にロンドン・サザビーズによって競売にかけられます。大きさだけでなく、ダイヤモンドとしての品質においても高い評価を得ていたレセディ・ラ・ロナは、7,000万ドル(約75億円)の高値で売却されることが予想されていました。しかし、最終的に落札されることはありませんでした。その理由は、ルカラ社が設定した最低価格に、すべての応札が届かなかったためです。

 

レセディ・ラ・ロナを上回る大きさ、カリナン

1,109カラットもの大きさを誇るレセディ・ラ・ロナでも及ばなかった、世界最大のダイヤモンド「カリナン」。このダイヤモンド原石は、一体どのようなものなのでしょうか。

カリナンは、南アフリカ共和国にあるカリナン鉱山で発見されたダイヤモンド原石です。採掘後にトランスバール州政府が購入し、その後エドワード7世の誕生日に献上されました。そしてカリナンは96個の小粒と、9個の大粒と100個以上にカットされ、大粒のほうにはⅠからIXまでの番号がつけられました。これらは今現在、イギリス王室が所有しており、厳重に管理・展示されています。

レセディ・ラ・ロナは、まだカリナンのようにカットされず、原石のまま残っています。ただ、もしもカット・研磨され史上最大のダイヤモンドになれば、それはカラーの評価において無色透明で最上級のDと評価される可能性が高いといわれています。

 

ダイヤモンドの大きさは、婚約指輪の印象で決める

3-3

レセディ・ラ・ロナやカリナンほどではなくても、大きなダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪に憧れを抱いている方は少なくないはずです。実は、婚約指輪を選ぶ基準のひとつに“ダイヤモンドの大きさ”があります。大きさひとつで婚約指輪の印象は大きく変わってくるので、慎重に選ぶことが大切です。

例えば、大粒のダイヤモンドをあしらった場合は、存在感を強調できる他、手元をより華やかに見せることができます。一方、小粒のダイヤモンドをあしらった場合は、上品でおしとやかな輝きが魅力的な手元に見せることが可能です。

この他、ダイヤモンドの大きさは身につけ方にも関係してきます。婚約指輪と結婚指輪を重ねて身につけたい方の場合は、小粒のダイヤモンドがおすすめです。なぜなら、あまりにも大きすぎると重ねづけしたときのバランスが悪くなり、美しさが損なわれてしまう恐れがあるためです。

このように、ダイヤモンドの大きさは婚約指輪の見え方や身につけ方に大きく関係してきます。この点も踏まえて婚約指輪を選びましょう。

 

左手の薬指を輝かせるのは、私たちの光

史上2番目に大きいダイヤモンド原石とされるレセディ・ラ・ロナは、婚約指輪をはじめ、ダイヤモンドジュエリーに関心のある方にとって憧れの的といっても過言ではありません。婚約指輪の宝石に、レセディ・ラ・ロナのように品質の高いダイヤモンドをあしらってみてはいかがでしょうか。永遠の愛を誓い合った2人の特別な輝きで、手元を華やかに魅せてくれるに違いありません。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム