コラム

ダイヤ

GIAで使用されるマスターストーン、その役目とは

GIA(米国宝石学会)は、数あるダイヤモンド鑑定機関のなかでも信頼性の高い機関のひとつです。

鑑定機関がダイヤモンドを鑑定する際に使用するダイヤモンドを「マスターストーン(基準石)」といいます。ダイヤモンドを評価する基準となるマスターストーンの美しさや品質は、非常に重要です。そこで今回は、GIAがダイヤモンドを鑑定する際に使用するマスターストーンについてご紹介します。

 

4Cから導き出されるダイヤモンドの品質

ダイヤモンドは、「4C」と呼ばれる国際基準を用いて品質を評価されます。4Cは「カラー(色)」「クラリティ(透明度)」「カラット(重さ)」「カット(研磨)」を指しており、実は、この4Cを開発した鑑定機関こそがGIAなのです。この基準のもと、「無色透明に近いもの」や「10倍に拡大しても内包物が見受けられなかったりするもの」などは、品質のよいダイヤモンドだと認められます。

GIAでは、鑑定しているダイヤモンドのカラーがどのグレードに該当するのかを、「マスターストーン」と比較して測定をしています。GIAがダイヤモンドを鑑定する際、マスターストーンに使用しているものが、婚約指輪のブランドとしても高い人気を博しているラザール ダイヤモンドのダイヤモンドです。

鑑定基準になっているという事実から、ラザール ダイヤモンドの品質の高さは想像できるかと思います。では、ラザール ダイヤモンドの品質の魅力は、具体的にどういった点にあるのでしょうか。

 

マスターストーンにも選ばれる「ラザール ダイヤモンド」の品質

7-2

ダイヤモンド鑑定において欠かせないマスターストーンには、選び抜かれた「美しさ」や「品質」が必要とされます。GIAのマスターストーンは、「ラウンドブリリアントカットの表面に残余物がないこと」「SI2以上のクラリティグレードと認められていること」などの厳しい基準から選ばれます。そんなGIAのマスターストーンに使われているラザール ダイヤモンドのダイヤモンドは、本物の最高品質であるといえますね。

そんなラザール ダイヤモンドの魅力のひとつは、やはり厳重な「評価基準」をクリアしているということ。実はラザール ダイヤモンドは、「4Cの“カット”を評価基準に入れよう!」と提唱したブランドでもあります。自ら厳しい鑑定基準を設けて、それをクリアしたダイヤモンド原石のみを選び、カット・研磨し、婚約指輪などのジュエリーに使用しています。

また、カット技術の高さもラザール ダイヤモンドの魅力。ラザール ダイヤモンドで採用されているカットは、「アイディアルメイク」というものです。これは、数学的理論に基づいて、適切な角度や比率を導き出し、最も美しい輝きを放つダイヤモンドを仕上げるカット技術です。一般的な婚約指輪のダイヤモンドに施されることが多い「ラウンドブリリアントカット」は、カラットを重視したり、原石の内包物を避けてカットしたりします。そのため、必ずしも「輝き」が最重要視されるとは限りません。しかし、アイディアルメイクは、何よりもダイヤモンドの輝きを重視するため、ラウンドブリリアントカットよりも強く美しい輝きをもたらすことができます。

 

伝説の研磨師により仕上げられた ヨンカーダイヤモンド

余談ですが、ラザール ダイヤモンドと関わりの深い、有名なダイヤモンド「ヨンカーダイヤモンド」をご紹介します。

ヨンカーダイヤモンドは、1934年にヤコプス・ヨンカーが南アフリカにある自身の農場で発見したダイヤモンドです。著名なダイヤモンド商からも「これまで目にしたなかで最も素晴らしいダイヤモンド」と称されるほど、美しい輝きを放つ巨大ダイヤモンドの原石でした。726カラットという巨大な原石は31万5千ドルで買い取られた後、ニューヨークの宝石商の手に渡ります。宝石商はこの原石のカットを、当時の名研磨師 ラザール・キャプランに依頼します。このラザール・キャプランこそが、ラザール ダイヤモンドの創設者なのです。

ラザール・キャプランは約1年かけて原石を「11個のエメラルドカット」と「1個のマーキーズカット」に仕上げました。そのときに生み出された、約140カラットという最も大きなダイヤモンドが、ヨンカーダイヤモンドです。そんなヨンカーダイヤモンドは1949年以降、エジプトの国王やネパールの女王の手を転々と渡り歩き、そして今では行方不明の「幻のダイヤモンド」となりました。現在は「日本のどこかで所有されている」という噂もある、伝説のダイヤモンドです。

 

品質に注目をして、ダイヤモンドの婚約指輪を選ぼう

婚約指輪や結婚指輪をはじめ、バリエーション豊富なダイヤモンドジュエリーを生み続けるラザール ダイヤモンド。

婚約指輪をお探しの方は、ラザール ダイヤモンドのダイヤモンドジュエリーを手に取ってみてはいかがでしょうか。婚約指輪は、一生に一度きりのプレゼント。マスターストーンに選ばれるほどに高品質なラザール ダイヤモンドであれば、素晴らしい婚約指輪を愛する人にプレゼントすることができます。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム