コラム

ダイヤ

ダイヤモンドの雨が降る神秘 惑星に眠る1,000万トンのダイヤの謎

愛する女性へ贈る婚約指輪のメインストーンとして、国内外問わず、多くの人々から愛されているダイヤモンド。ダイヤモンドは、完璧な温度や圧力などの条件がそろって、初めて誕生します。世界各国には複数のダイヤモンド鉱山がありますが、鉱山には寿命があり、閉山が噂されている鉱山や、すでに閉山した鉱山もあります。

 

そんななか、土星、木星、海王星、天王星という4つの惑星にダイヤモンドが眠っている可能性が、米国の研究チームにより示唆されました。そこで今回は、ダイヤモンドの生成条件、そして米国の研究チームが発表した宇宙に漂うダイヤモンドの可能性について詳しくご紹介します。

 

すべての条件が完璧でなければ、生成されない?

colorful round diamond on shiny bokeh background

ダイヤモンドは、炭素原子のみで組織される鉱物です。地球に存在する宝石のなかで、単一の原子で構成されるものはダイヤモンドだけ。そんなダイヤモンドの生成条件は非常に限定されており、適切な温度・圧力などの条件を完璧に満たしていなければいけません。圧力が完璧でも、高温すぎる環境だと結晶構造のゆるい「石墨(セキボク)」という鉱物になってしまう可能性があります。石墨は、ダイヤモンドとは異なる、金属光沢のある黒色の物質です。主に鉛筆の芯や電極などに使われている鉱物です。

 

ダイヤモンドは、生成の条件こそ限られていますが、一度生成されると、何億年もそのままの姿で残ります。このことから、ダイヤモンドは「永遠」を象徴すると考えられ、婚約指輪のように特別なジュエリーに用いる宝石として愛され続けてきたのです。

 

2人の惑星科学者の研究からみえた、2つの惑星に潜む可能性

An image of a strange galaxy and planet in space

2013年10月、デンバーで開催された「米天文学会惑星部会」で、2人の惑星科学者が「土星、木星、海王星、天王星にダイヤモンドが存在している可能性がある」という発表をしました。その惑星科学者とは、カリフォルニア・スペシャルティ・エンジニアリングの惑星科学者 モナ・デリツキーと、ウィスコンシン大学マディソン校の惑星科学者 ケビン・ベインズ です。

 

実は、それまでも、海王星と天王星にダイヤモンドが存在している可能性は示唆されていました。海王星と天王星のどちらの惑星も、ダイヤモンド生成の必要条件である高温・高圧を満たしています。また、両惑星の主成分はガスなのですが、惑星の大気の約15%を占めるメタンガスが、好条件下でダイヤモンドに変わるとのこと。メタンガスがダイヤモンドに変身したものが、まるで雨粒のように、惑星内部に降り注いでいるというのです。

 

土星と木星にもその可能性があるという意見を発表したのは、モナ・デリッキーとケビン・ベインズが初めてでした。土星と木星の大気中に含まれるメタンガスの割合は、それぞれ約0.5%・約0.2%と海王星と天皇生に比べて低めです。また、海王星や天王星と比べると温度も低いことから、これまではダイヤモンドの生成とは無縁の惑星であると認識されていました。しかし、彼らは土星と木星の気温・圧力の観測データを元に、新たなモデルを使った実験を行って、2つの惑星がダイヤモンドの生成に適した環境であるという結果に辿り着いたのです。彼らの発表によると、ガスの温度と圧力が高くなる惑星の核の部分では、ダイヤモンドが形成される可能性があるというのです。そして、そのダイヤモンドは、私たちが婚約指輪などに使用するダイヤモンドと同じように、「無色透明の輝きを放っているはずだ」という予想も述べました。また、ケビン・ベインズは、「土星には約1,000万トンものダイヤモンドが存在しているかもしれない」という、まるで映画のような世界を思わせる発言もしています。ただし、木星に関しては、「固体ではなく液体のダイヤモンドが形成されるのではないか」という考えもあるようです。

 

いずれにせよ、現段階では宇宙船の侵入が困難な、惑星の核部分の観測は不可能です。しかし今後は、技術の進歩に伴って、ロボットによる惑星探査が可能になります。もしかしたら、地球以外の惑星に眠るダイヤモンドの採掘が行われる可能性もあるかもしれません。

 

神秘的なダイヤモンドを婚約指輪のメインストーンに

世界各国のダイヤモンド鉱山で採掘されているダイヤモンドですが、今後は地球以外の惑星から採掘されることもあるかもしれないなんて、夢が溢れるお話ですよね。そして、そんな宇宙生まれのダイヤモンドを使用した婚約指輪が登場する可能性もあるのです。宇宙を漂う惑星から生まれたダイヤモンドの婚約指輪なんて、とってもロマンチックですね。女性の乙女心はもちろん、男性の無垢な少年心もくすぐりそう。

もちろん、地球上で生まれたダイヤモンドの婚約指輪も、とても神秘的で美しい輝きを放っています。限られた条件下でしか形成されない、まさに奇跡のようなこの宝石。生涯を共にする運命の婚約指輪をお探しの方は、そのメインストーンにダイヤモンドを選んでみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム