コラム

ダイヤ

世界に一対だけの特別。ツインダイヤモンドで結ぶ絆

「世界に一対しかない」そんなダイヤモンドがあることをご存知でしょうか。世界に一対しかないダイヤモンド、その名も「ツインダイヤモンド」は、婚約指輪にあしらうダイヤモンドにぴったりの最高にロマンチックな宝石です。そこで今回は、「双子ダイヤ」とも呼ばれるツインダイヤモンドについて、詳しくご紹介します。

 

奇跡の宝石、ツインダイヤモンドとは?

ツインダイヤモンドとは、ひとつの原石から作られたペアのダイヤモンドのこと。通常、ダイヤモンドはそれぞれに成長過程が異なるため、まったく同じ形をしたダイヤモンドはこの世に2つとないといわれています。たとえ肉眼では同じように見えても、その中の構造はまったくの別物です。ダイヤモンドは、温度や圧力など環境の変化を受けながら、長い年月をかけてこの世で唯一無二の鉱石になります。

しかし、そんなダイヤモンドは、カットの仕方次第で同じ構造の2つのダイヤモンドに分けることができます。ひとつの原石を2つのダイヤモンドにカッティングして、研磨することで、まったく同じ成長模様を描くダイヤモンドに仕上げることができるのです。

ツインダイヤモンドであることの証明は、特殊な装置を用いて行われます。そして、その証明結果はダイヤモンド・宝石鑑定のエキスパート、中央宝石研究所(CGL)からレポートとして発行されます。もしツインダイヤモンドの購入を検討されている場合は、レポートがついているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

 

婚約指輪や結婚指輪のストーンとして人気

pixta_1222709_M

近年、人気が高まってきているツインダイヤモンド。日常生活で身につけるジュエリーにもよいのですが、婚約指輪や結婚指輪のように特別なジュエリーにあしらうことをおすすめします。

特に、結婚指輪に使う宝石としてツインダイヤモンドはとても人気です。結婚指輪は、夫婦2人の永遠の愛を誓う証となる、いわば夫婦の絆の象徴です。身につけるだけでお互いの存在をいつでも感じることができる、夫婦にとって欠かせないアイテムといえます。そんな結婚指輪は、夫婦によって選ぶポイントがそれぞれ違います。同じデザインのリングを選ぶ夫婦もいれば、お互い別々の好みのデザインを選ぶ夫婦もいます。しかし、どんなデザインを選ぶにしろ、「夫婦の絆を感じられるリングにしたい」という思いは同じだと思います。そこで、おすすめしたいのがツインダイヤモンド。ツインダイヤモンドであれば、夫婦のリングデザインが違っても、同じダイヤモンドを身につけているので、お互いの存在を強く感じることができます。

男性のなかには、「シンプルなリングがよい」と考えたり、派手なリングは職場につけていきづらいと感じたりする方も少なくありません。そんな男性におすすめのデザインが、リングの内側にダイヤモンドをセッティングするというもの。女性のリングはダイヤモンドの映えるデザインにして、男性はダイヤモンドが日常生活に馴染むものにする――このようなデザイン分けをしても、ダイヤモンドが同じだと、なんだか心もつながっているようですよね。

結婚指輪だけでなく、婚約指輪とセットで使うという方法もあります。ツインダイヤモンドのひとつを婚約指輪に、もうひとつを結婚指輪にセッティングすれば、より結びつきの強い婚約指輪や結婚指輪になります。人気ジュエリーブランドのなかには、婚約指輪と結婚指輪が重ね付けできるようにデザインされたリングを扱っているところもあるので、ツインダイヤモンドのセッティングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

愛する我が子に幸せのおすそわけ

pixta_25731333_M

結婚指輪や婚約指輪のストーンとして高い人気を誇るツインダイヤモンドですが、夫婦ではなく母子で持つこともおすすめします。大きめのダイヤモンドを母親用に、小さめのダイヤモンドを子ども用に使うことで、親子の強い絆を感じることができます。ツインダイヤモンドをベビーリングにセッティングして使うのもよいでしょう。ベビーリングとは、赤ちゃんの誕生石をあしらったファーストジュエリーのことです。なお、ダイヤモンドは4月生まれの赤ちゃんの誕生石。4月生まれの赤ちゃんがいる方や、誕生のご予定がある方は、是非購入を検討してみてくださいね。

ツインダイヤモンドのほかにも、ひとつの原石から3つのダイヤモンドにカットしたトリニティダイヤモンドも人気の高いダイヤモンドです。トリニティダイヤモンドは、大きめのダイヤモンドひとつと、小ぶりのダイヤモンド2つからなります。そのうち2つを自身の婚約指輪と結婚指輪に、もうひとつをパートナーの結婚指輪にセッティングするのもおすすめですし、大きめのものと小ぶりのものひとつを夫婦の結婚指輪に、もうひとつを子どものファーストジュエリーに使うのもおすすめです。家族で同じダイヤモンドを身につけることで、その絆をより深めることができます。

 

人気のツインダイヤモンドで、より特別なリングに

ひとつの原石から生まれる、世界に一対しかない特別なツインダイヤモンド。そんな宝石をあしらった婚約指輪や結婚指輪は、夫婦を強く結ぶ絆の象徴として永遠に輝き続けてくれることでしょう。奇跡の宝石として人気のツインダイヤモンド。一度手に取ってみてはいかがですか?

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム