コラム

ダイヤ

知っておきたいダイヤモンドの資産価値

婚約指輪に使われる宝石として、高い人気を誇るダイヤモンド。和名を「金剛石」というダイヤモンドは、文字からイメージできるように、とても硬い宝石です。堅く揺るがない愛を誓いあう婚約指輪に、うってつけの宝石です。またその素晴らしい輝きは、宝飾品としても非常に高く評価されています。

そんなダイヤモンドですが、実は資産運用の世界でも注目されていることをご存知でしょうか。資産を物品で持つことを考えると、金やプラチナなどを思い浮かべる方が多いと思われます。しかし、ダイヤモンドにはそれらの物品にはないメリットがあるのです。そこで今回は、ダイヤモンドの資産価値やそのメリットなどについてご紹介します。

 

資産運用に貴金属が人気の理由

set of monetary metals ingots

近年、国際経済の混迷や大災害時のリスクを考えて、資産を貴金属で持つ人が増えています。なかでも人気が高いのが、金やプラチナです。

ともに希少性が高い貴金属の金やプラチナは、1gあたり4,000円から4,500円程度で取引されています。もちろんこれらの価値は変動するものですが、貨幣と違って世界共通の価値を持つため、国家情勢にかかわらず一定の価値が保証されています。特に金は価値の変動がプラチナよりも小さいため、資産として非常に重宝されています。

また、金やプラチナは予算に応じて少しずつ購入することができるため、一定額を積み立てていくという方法も可能です。分散して購入することで、短期的な価格変動リスクを抑えることができます。

 

ダイヤモンドの婚約指輪は資産になり得る?

上記のような理由で、金やプラチナは古くから資産運用の手段として重宝されてきました。しかし、近年は資産としてのダイヤモンドも、世間の関心を集め始めています。

その昔の話ですが、かつて迫害されていたユダヤ系民族は、その折々に住んでいる国の通貨を信用せずに、ダイヤモンドを資産として隠し持っていたといわれています。彼らは、ダイヤモンドの資産価値にいち早く気がついていたといえますね。

といっても、ダイヤモンドがあしらわれている婚約指輪などのジュエリーが資産になり得るかといえば、残念ながらそうではありません。基本的に婚約指輪などに使われているダイヤモンドは、資産運用という観点から見ると、それほど高く評価されないのです。そのため、ダイヤモンドがあしらわれているからといって、婚約指輪を資産として考えることはできないのです。

 

ダイヤモンドでの資産運用

Large pear cut diamond 3d render

前述したように、婚約指輪のようなジュエリーとしてのダイヤモンドは、資産としてはあまり価値がありません。ただし、ダイヤモンドそのものには資産としての価値が大いにあります。資産としてダイヤモンドを保有しておくこと自体は、実はメリットも多いのです。

ダイヤモンドで資産管理をする大きなメリットは、保管性や携行性の高さです。金やプラチナは換金性が高く人気もありますが、グラムによって金額が変わるため、高額になるほど重くかさばるようになります。このことが原因で、保管場所や持ち運びの際に困るケースがあります。これに対して、金やプラチナよりも小さいダイヤモンドは、額が大きくなってもスペースをとることがなく、保管や持ち運びで困ることが少ないといえます。

また、金やプラチナは細かく価格が変動しますが、ダイヤモンドは価格がそう変化することはありません。宝石の価値は時代や情勢などによって変化しにくいため、価格の安定性は金やプラチナよりも高いといえます。加えてダイヤモンドは傷がつきにくく、変色や腐食も起きないため、価値を保ちやすいというメリットがあります。

このようにダイヤモンドの資産運用にはいくつかメリットがありますが、注意点もあります。たとえば資産運用に利用できるダイヤモンドには制限があるということ。資産運用でダイヤモンドを利用する場合は、できるだけカラット数が大きく、鑑定書での評価が高いものを選ぶ必要があります。1カラットに満たない小さなものでは資産運用の世界では価値がつきにくく、利用することができません。

このように、ダイヤモンドは保管性や携行性、耐久性が非常に優れています。ダイヤモンドで資産運用を行うことは、金やプラチナとは違ったメリットがあり、とても有用だといえます。

 

資産価値だけでは測れないもの

今回ご紹介したように、婚約指輪にあしらわれているダイヤモンドは、資産運用の視点だけで見ると、価値はつきにくいといえます。だからといって、婚約指輪のダイヤモンドに価値がないかといえば、それは違います。婚約指輪はふたりが愛を誓いあった証であり、お金では測れない唯一無二の価値があります。だからこそ、婚約指輪は価値で選ぶのではなく、互いが気に入って、長く愛せるものを選ぶことが大切です。

婚約指輪はさまざまな種類があるため、どれを購入するか迷うことも多くあります。納得のいくものが選べるよう、購入の際はしっかりと相談しましょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム