コラム

ダイヤ

信頼できるのは?ダイヤモンドの鑑定機関とは

ダイヤモンドは婚約指輪や結婚指輪などに使用される特別な宝石。ダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪に憧れている女性も多いのではないでしょうか。しかし、婚約指輪や大切な記念のジュエリーに使用されていたダイヤモンドが偽物であったり、実はあまり価値がないものだったりすると、非常に悲しいですよね。ダイヤモンドを手にした人がそういった思いをしないために、ダイヤモンドを正確に、そして適切に鑑定する、ダイヤモンドの鑑定機関が存在しています。

 

日本にもある、信頼できる鑑定機関

pixta_5556611_M

「鑑定書」は、ダイヤモンドのグレードや真贋を証明する書類です。この鑑定書は、ダイヤモンドの専門知識を持った鑑定機関によって発行されます。ただし、鑑定機関は日本国内や海外にいくつかあります。そして、それぞれの機関で、その鑑定基準は微妙に異なります。なかには信頼性が低い機関が発行した鑑定書があることも事実です。高品質なダイヤモンドを選ぶためには、信頼がおけるきちんとした鑑定機関と鑑定書を見極めましょう。

日本国内にあるダイヤモンドの鑑定機関は、宝石鑑別団体協議会(AGL)によって統括・管理されています。AGLの設立は昭和56年、国内の宝石鑑定の基準を統一する目的で発足しました。AGLの加盟機関のなかには、カット鑑定に自動計測機を採用したり、グレード鑑定に共通のマスターストーンを使用したり、公平かつ正確な鑑定をするための取り組みを行っている機関も多く存在します。

日本国内でも有名なダイヤモンドの鑑定組織は中央宝石研究所(CGL)です。CGLは昭和45年に設立された鑑定機関。常に最先端の技術と機材を駆使し、公平で正確な鑑定をモットーとしています。宝石鑑別のシェア数は日本国内最大を誇ります。

また、鑑定書の発行数は世界最大級。CGLが国内のダイヤモンド市場の基準を作ったといっても過言ではありません。さらに、CGLは海外の鑑定機関との提携も強化しています。平成4年には、ベルギーに本拠地を置く鑑定機関HRDとの提携を開始しています。世界基準の鑑定技術で、信頼や実績を築いているのです。また、婚約指輪や結婚指輪にあしらうダイヤモンドとして人気の「ハートアンドキューピッド」のサブレポートを世界で初めて添付するなど、精力的にダイヤモンドの鑑定の研究とサービスを進めています。

世界に点在するダイヤモンドの鑑定機関

shine diamonds

海外の宝石鑑定機関では、GIAやHRDなどが有名です。

アメリカの鑑定機関である米国宝石学会(GIA)は、ダイヤモンドのグレードを鑑定する評価基準「4C」を最初に考案した機関です。ダイヤモンドの評価基準を世界統一したともいえる、世界で最も権威のある宝石鑑定機関です。前述したAGLの評価基準も、GIAが定めている評価項目を基準にして確立されています。ちなみに、日本国内にはこのGIAと提携している鑑定機関があります。AGTジェムラボラトリーは、GIA JAPANのラボ部門であり、GIAと提携している組織のひとつ。両者は昭和59年から提携を開始し、ダイヤモンドの鑑定以外にもさまざまな活動を行っています。たとえば、世界基準の鑑定士を育てる宝石学の教育や普及活動を精力的に行っていることも特徴です。

HRDは、ダイヤモンドの貿易大国としての顔をもつベルギーの大都市・アントワープにあります。ベルギーは、ダイヤモンドの貿易や研磨技術が非常に栄えていた国です。ダイヤモンドが栄える歴史の過程で生まれた機関がHRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンセル)。HRDはベルギー国内にあるダイヤモンドの関連団体を統括する組織です。鑑定書の発行のほかに、税関手続きや輸出入量の調整、労働組織の代表なども行っています。

 

AGL無加盟の鑑定機関には十分な注意を

高額で購入したダイヤモンドが、実はそれほど価値のないものだった……などのトラブルは避けたいもの。特に、婚約指輪などの特別なアイテムで、そういったトラブルが起きるとショックも大きいのではないでしょうか。そのような事態を避けるためには、信頼のおける鑑定機関によるダイヤモンドの鑑定書がついた婚約指輪やジュエリーを選ぶことが大切です。

そこで気になることが「何をもって信頼できる鑑定機関とするか」。日本国内のダイヤモンド鑑定機関を統一しているのはAGLですが、AGLは自主管理団体であり公的団体ではありません。したがって、AGLの管轄外にある鑑定機関も多く存在しています。そのなかには、不確かな鑑定をする悪質な業者も存在します。だからこそ、婚約指輪の購入時には、鑑定書の発行元が「AGLに加盟している機関か否か」に注目することが得策です。

 

婚約指輪選びは、絶対的な信頼感を基準にして

いかがでしたか。ダイヤモンドの鑑定機関は国内外問わず多く存在します。そして、鑑定書の評価項目も組織によってさまざまです。高品質なダイヤモンドや婚約指輪を購入したいのであれば、上記で紹介したような鑑定機関が発行した鑑定書がついたものを選ぶとよいでしょう。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム