コラム

ダイヤ

知っておきたい、ダイヤモンドのお手入れ方法

婚約の記念にもらったダイヤモンドの婚約指輪。せっかくいただいた指輪であれば、普段の生活の中でも、ファッションとして楽しみたいですよね。しかし、ダイヤモンドは意外と汚れやすい宝石です。キラキラとした輝きを保つためにも、定期的にしっかりとお手入れする必要があります。
とはいえ、ダイヤモンドの婚約指輪のお手入れはどうすればいいのか、その方法を詳しく知っているという人はそれほど多くないかもしれません。そこで今回は、ダイヤモンドの婚約指輪のお手入れについてご紹介します。

気をつけておきたいダイヤモンドの性質

2

ダイヤモンドの婚約指輪のお手入れをする前に、ダイヤモンドの性質についてご紹介します。ダイヤモンドにはいくつかの特性があります。その性質を念頭に置いて、適切に取り扱いましょう。

まず、「ダイヤモンドは想像以上に割れやすく欠けやすい」ということを理解しておきましょう。ダイヤモンドは世界一硬い宝石として知られていますが、実は割れやすく、欠けやすい宝石でもあります。宝石の「硬さ」とは「傷がつきにくい」という意味であり、決して「割れにくい」という意味ではないのです。またダイヤモンドには劈開性という性質があります。劈開性とは、「ある特定方向に力をかけると割れやすい」という性質です。この劈開性を持つダイヤモンドの所持や保管には、細心の注意を払う必要があります。
次に、ダイヤモンドの親油性にも要注意です。親油性とは油がつきやすい性質のことで、皮脂など僅かな油でもダイヤモンドを曇らせてしまいます。お手入れの際には、この点にも気をつけましょう。

ダイヤモンドのお手入れ方法

3

ダイヤモンドの婚約指輪のお手入れは、一見難しそうに思えますが、簡単な手入れであれば自宅で対応できます。用意するものは、タオル、柔らかい毛の歯ブラシ、食器用中性洗剤、容器、ぬるま湯です。どれも家庭にあるものなので、わざわざお手入れ用に買う必要はありません。

お手入れの方法に難しい作業はありません。まず、容器のなかに中性洗剤とぬるま湯を入れて洗浄液を作ります。このときに使用する中性洗剤は少量で構いません。洗浄液を作ったら、その液にダイヤモンドの婚約指輪を浸けましょう。洗浄液につけながら、そっと歯ブラシでこすります。ダイヤモンド自体は硬いのでそう簡単に傷はつきませんが、リングなどの他のパーツは傷に弱い素材の可能性があるので注意しましょう。また、リングの裏側には採光のための穴が開いていることが多いので、裏側もきちんと磨きましょう。汚れがひどい場合には、しばらく洗浄液にひたしておくと汚れが落ちやすくなります。
汚れが十分に落ちたら、洗浄液を捨てて新しい水かぬるま湯を容器に入れ替えます。洗い終わった婚約指輪を容器の中ですすいで、しっかりと洗剤を落としましょう。洗剤が残ったままだと、指輪を着けたときに手がかぶれてしまう可能性があります。
すすぎ終えたら、タオルで水気を拭き取ります。このとき、ツメなどにタオルが引っかからないように優しく拭きましょう。乱雑に拭くと、ツメが曲がってしまったり、ダイヤモンドが外れてしまったりすることもあります。また、タオルで指輪を拭く場合、手を拭いたタオルとは別のタオルで拭くのがおすすめです。手を拭いたタオルには油分が付着していることがあり、その油分がダイヤモンドに移って輝きを曇らせてしまう可能性があります。
最後にドライヤーで軽く乾かしたら、お手入れの完了です。

保管方法にも注意

またこのような定期的なお手入れとは別に、ダイヤモンドの婚約指輪はその保管方法にも注意しましょう。保管時のポイントはなんといっても「湿度」。湿度が高いと錆の原因になる他、ダイヤモンドと指輪の接着を弱くすることもあります。逆に、乾燥している状態だと、金属部分がひび割れる可能性があります。保管場所は、適度な湿度がある場所にしましょう。また、前述したようにダイヤモンドには劈開性があります。負荷が一定方向にかかると、大切なダイヤモンドが簡単に割れてしまう可能性があるので、必ず安全な場所に保管することが大切です。
そのほかにも、ダイヤモンドを保管するときは必ず汚れを拭き取っておきましょう。そうすれば、油汚れによる曇りも防ぐことができます。本来のダイヤモンドが持つ美しさを長く続かせるために、このシンプルなポイントを留意するようにしましょう。

輝きを保つためにも、お手入れは定期的に

恋人からもらった大切な婚約指輪には大きな思い入れがあるので、できることなら普段も身につけて楽しみたいですよね。しかし、ダイヤモンドは手入れ方法を怠ったり、間違えたりすると、その輝きを失ってしまいます。今回ご紹介したように、ダイヤモンドの婚約指輪は自宅でも簡単にお手入れすることができます。定期的にお手入れしてきれいな状態を保ちましょう。そうすれば、永遠の輝きを保つことができます。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム