コラム

ダイヤ

婚約指輪にぴったり!幸せを呼ぶブルーダイヤモンド

「婚約指輪にどの宝石をあしらおうか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?数ある宝石のなかでも、とくに希少性が高く婚約指輪にあう宝石は“ブルーダイヤモンド”です。ファンシーカラーダイヤモンドのなかでも人気が高く、永遠の愛を誓ったカップルに相応しい意味や効果を持っています。
では、具体的にブルーダイヤモンドとはどのような宝石なのでしょうか。以下にてご紹介します。

ブルーダイヤモンドは、希少価値の高い宝石

ブルーダイヤモンド

ファンシーカラーダイヤモンドのなかでも、手頃な価格でジュエリーに華やかさをプラスできることから、多くの方から人気を集めているのがイエローダイヤモンドです。しかし近年、そんな手頃な価格で購入できるイエローダイヤモンドの人気に反して、希少価値の高い、高価なダイヤモンドが注目を集め始めました。それが、“ブルーダイヤモンド”です。

ブルーダイヤモンドは、非常に希少価値の高い宝石です。というのも、通常ファンシーカラーダイヤモンドは、ダイヤモンドが結晶化する際に不純物などが混ざって色味を持ちます。しかし、ブルーダイヤモンドの場合は不純物だけでなくホウ素も混ざらなければ、青く変色することはありません。ホウ素はダイヤモンドが結晶化するほどの地中には滅多に存在しないことから、ブルーダイヤモンドが誕生するのは奇跡に近いとされているのです。こうした点からブルーダイヤモンドは、赤や黄などのファンシーカラーダイヤモンドに比べて希少価値が高いとされています。

そんなブルーダイヤモンドは2014年、南アフリカの首都近郊の鉱山にて発見されています。この発掘以前のオークションでは1カラット180万ドル、日本円にすると1億8,000万円の価格が最高でしたが、同年発掘された29.6カラットのブルーダイヤモンドの原石はそれ以上の値になるだろうといわれていました。この傾向から、今後ブルーダイヤモンドが発掘されたら、さらに高値がつくことが予想できます。

ブルーダイヤモンドが持つ意味と効果

ブルーダイヤモンド

希少性の高いブルーダイヤモンドは、さまざまな意味と効果を持っています。以下にて、抜粋して3つをご紹介します。

人との絆を強める

ブルーダイヤモンドには愛のエネルギーを高めるパワーがあるとされており、また忠実で純粋な関係を築く効果も持っています。そのため、良好な信頼関係が重要になるカップルとって、ブルーダイヤモンドは婚約指輪にあしらう宝石として最適だといえます。

知力が向上する

ブルーダイヤモンドには持ち主の知力を高める効果もあります。具体的には明確な答えを導き出せたり、集中力が高まったりします。もし結婚式前なのであれば、婚約指輪にあしらうことで式場の選定や式の内容を決める際など、さまざまな場面でその効果が発揮されるかもしれません。

精神力が強化する

ブルーダイヤモンドを身に付けると、不安や恐怖などに打ち勝つ強さが与えられるとされています。結婚は人生の節目といわれるほど、とても大きな出来事のひとつ。もちろん不安に感じることもあるかもしれませんが、ブルーダイヤモンドの婚約指輪にすれば、それを少しだけ和らげることができるかもしれません。

このほか、「物事をあらゆる方向から見ることができる」などの効果も持っています。どの意味・効果も、これから永遠の愛を誓おうとしているカップルに最適なものばかり。婚約指輪にあしらう宝石にお悩みの方は、ぜひ人気のブルーダイヤモンドを選択肢に加えてみてください。

ブルーダイヤモンドは人気の宝石 その理由は?

ブルーダイヤモンド

皆さんは、「サムシングフォー」という言葉をご存じでしょうか? これはヨーロッパで200年以上にわたり伝えられている“おまじない”です。「マザー・グース」という歌が由来で、「ある4つのものを身に付けると幸せになれる」といわれています。

1.something new(サムシングニュー):新しいもの
2.something old(サムシングオールド):古いもの
3.something borrowed(サムシングボロー):借りたもの
4.something blue(サムシングブルー):青いもの

上記がサムシングフォーの対象となる4つのもの。ブルーダイヤモンドは、このなかのひとつsomething blueに選ばれており、婚約指輪の内側など人目につかないところに身に付けることがポピュラーとされています。なお、サムシングブルーでいう青色は「花嫁の純潔」や「清らかな心」を意味しています。

このように、ブルーダイヤモンドはサムシングフォーのひとつに該当していることから、数あるファンシーカラーダイヤモンドのなかでもとくに人気があります。婚約指輪の内側に付けるのがベターですが、もちろん、メインストーンとしてあしらっても問題はありません。人気のデザインから変わったデザインまで、いろいろなパターンを比較しながら自分好みのものを選択しましょう。

人気のブルーダイヤモンドを婚約指輪にあしらってみては?

いかがでしたか? ブルーダイヤモンドは希少価値が高い、とてもレアな宝石です。また、サムシングフォーのひとつに当てはまっていることから人気を集めています。さらにブルーダイヤモンドが持つ意味や効果は、結婚を控えたカップルにぴったりなものばかり。そんな宝石を婚約指輪にあしらえば、さらに魅力的で思い入れのある指輪になること間違いありません。ぜひ人気のブルーダイヤモンドを婚約指輪に使ってみてください。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム