コラム

ダイヤ

付け方で意味が変わる! 伝統と神秘の指輪“クラダリング”

古くからアイルランドに伝わる伝統的な指輪“クラダリング”をご存知でしょうか。世界中のセレブからも注目を集めており、現在では婚約指輪としても人気を高めているクラダリングは、由来をはじめ、未だに謎に包まれた点が多くあるといわれています。そこで今回は、神秘の指輪といわれるクラダリングと、その豆知識をご紹介します。

アイルランド発祥。謎のヴェールに包まれた指輪

2

クラダリング(claddagh ring)は、アイルランドの伝統的工芸品です。日本ではクラダーリング、クラダックリング、クラダッホリングなどと表記されることもありますが、そのどれもがクラダリングを指しています。「愛」と「幸福」の象徴ともいわれる、クラダリングの由来はいくつかあります。

なかでも最も有力な説は「クラダ村出身のリチャード・ジョイスによってつくられたから」というものです。クラダ村はアイルランドにある人口3,000人ほどの村。リチャード・ジョイスはそこで漁師をしていたといわれています。あるとき、リチャード・ジョイスは漁の最中に海賊に捕まってしまいます。そして、海賊からトルコの金細工職人のもとへ奴隷として売られてしまいます。リチャード・ジョイスは奴隷として働く悲しみに暮れながらも、クラダ村で待つ婚約者への思いを胸に、彼女に贈る金の婚約指輪をつくりました。やがて時が経ち、ようやく奴隷の身分から解放された彼はクラダ村へ戻り、婚約者に婚約指輪を贈ります。結婚した2人は、以後決して離ればなれになることはなかったそうです。このときにリチャード・ジョイスから婚約者に贈られた指輪が、後にクラダリングと呼ばれるようになった、という説です。

しかしこの話に確証はなく、他の由来を唱える人もいます。
たとえば他の由来には、「アイルランドのある女性が神から授かった贈り物だった」という言い伝えもあります。この言い伝えの主人公は女性のマーガレット・ジョイス。スペイン人の家庭に嫁いだ彼女ですが、結婚してまもなく、夫となった男性を亡くしてしまいます。夫の死後、彼女は相続した遺産をアイルランドの基金の設立に投資して、国の公共事業に次々と貢献しました。そんな彼女の活動に感銘を受けた神様が、彼女の膝へ美しい指輪をひとつ落とします。この指輪こそがクラダリングだった、という説です。

指輪を構成する3つのモチーフ。それぞれの意味とは?

3

クラダリングの魅力は、他の指輪には見られない独特なデザインにあります。クラダリングには3つのモチーフが用いられています。指輪の中央にあしらわれた「ハート」、ハートの上に被さった「王冠」、ハートを支えるように左右に添えられた「手」、この3つがリングにデザインされています。3つのモチーフには、それぞれ意味があります。ハートは「愛情」、王冠は「忠誠」、手は「博愛」。この3つのモチーフを詰め込んだクラダリングには「Let Love and Friendship Reign(愛と友情に支配させよ)」という意味が込められており、この指輪をつけている人には愛情、友情、そして幸せが訪れるといわれています。

クラダリングは婚約指輪として愛する人に贈られてきただけでなく、友情の証として友人へ贈られることも多かったそうです。現在は多くのジュエリーブランドが、ダイヤモンドや誕生石をあしらったクラダリングを発表しています。なかにはゴールドのみでつくられたもの、王冠のモチーフを省いたものなどもあります。好きなデザインを選んで、ご自身へのご褒美や友人への贈り物にしてみるのも良いかもしれません。

つける指や方向で、指輪の持つ意味が変わる

4

婚約指輪としても人気のクラダリングは、つける指や方向によって込められた意味が変わります。クラダリングをつける際は、その意味をきちんと理解しておきましょう。

もしも右手の薬指につけた場合、正位置でつけるか逆位置でつけるかによりクラダリングの意味が変わります。
正位置でつけると(ハートが指の付け根側、王冠が指先側)、「誰とも恋愛関係にない」、「恋人募集中」という意味になります。逆位置になると(王冠が指の付け根側、ハートが指先側)、「恋愛関係の相手がいる」という意味に変わります。もしも左手の薬指に正位置でつけると、一般常識と同じように「婚約中」「既婚者」という意味を持ちます。

最近のアイルランド人は、元来の大らかな性格も手伝ってか、指輪の向きを気にせずにクラダリングを楽しむ人も増えているようです。しかし、婚約指輪としてクラダリングを身につける際は、パートナーに対して失礼にならないように指輪をつける指の位置や、その向きを気にしたほうが良いといえるでしょう。

アイルランドの伝統を指先にまとって

5

クラダリングはユーモラスで独創的なデザインでありながら、神がかった力を与えてくれそうな不思議な指輪です。指輪そのものに意味が込められているクラダリングは、一生に一度の贈り物となる婚約指輪にふさわしいといえるのではないでしょうか。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム