コラム

ダイヤ

クラリティの改変処理でダイヤモンドの輝きが増す レーザードリルホールとは?

永遠の輝きとも称されるダイヤモンドは、婚約指輪に用いる宝石のなかでも一際高い人気を誇ります。その輝きもさることながら、宝石のなかで最も硬いとされるその硬度がふたりの揺るがない愛の象徴であるとして、古くから愛の証としての役割を担っているのです。
ダイヤモンドは決して安価ではなく、ダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪もその例に漏れません。ダイヤモンドの価値は4Cという評価基準によって定められ、価値に応じた価格がつけられます。なお、ひと目みた限りではとても美しく感じるダイヤモンドのなかにも、他のダイヤモンドと比べると価格が落ちているものがあります。これには、ダイヤモンドに施された改変処理が関係している場合があります。
そこで今回は、ダイヤモンドの価値を左右する4Cや、そのひとつであるクラリティを左右する改変処理・レーザードリルホールについてご紹介します。

ダイヤモンドの価値を決める4Cとは

2

ダイヤモンドの価値は、4Cという評価基準によって決められます。まずは、この4Cについて簡単にご紹介します。
4CはCを頭文字とする4つの基準のことで、それぞれカラー(Color:色)、カット(Cut:研磨)、カラット(Carat:重さ)、クラリティ(Clarity:透明度)を指しています。これら4Cはそれぞれいくつかのランクによって分類され、その総合評価でダイヤモンドの価値・価格が決定します。4Cはアメリカの宝石学会が定めた基準であり、国際基準となっていることからダイヤモンドの鑑定書には必ず記載されます。

インクルージョンを除去するための改変処理

前述したように、ダイヤモンドの鑑定書には4Cの評価基準が必ず記載されています。しかし、鑑定書に記載されているのはそれだけではなく、ほかの情報も記されています。そのなかのひとつに、クラリティに大きな影響を与えるレーザードリルホールがあります。
レーザードリルホールはクラリティに関する改変処理のひとつで、鑑定書のなかではLDHと表記されます。ダイヤモンドをはじめとした宝石は、土のなかに含まれる成分が結晶化することで生まれます。このとき、その宝石には必要ない成分も一緒に結晶化してしまうことがあり、そうして含まれたものをインクルージョン(内包物)と呼びます。インクルージョンが含まれていることは天然の宝石である証でもありますが、目立つインクルージョンはその宝石の美しさを損なってしまい、クラリティの評価を下げてしまいます。そういった目立つインクルージョンを消すために行う処理のひとつが、レーザードリルホールなのです。

レーザードリルホールの処理方法

レーザードリルホールではまず、レーザーを用いてダイヤモンドに小さな穴を開けます。この穴は肉眼では見えないほど小さなものであり、鑑定用のルーペを使えば確認できますが、ひと目みてわかるものではありません。その穴から酸を注入することで、インクルージョンを漂白・除去します。これによってインクルージョンは目立たなくなるため、クラリティの評価は高まるのです。
2000年に入ると、新しいレーザードリルホールの方法が誕生しました。新しい方法ではレーザーで穴を開けるのではなく、パルスレーザーを照射することで表面に微細なひび割れを発生させます。そのひび割れ部分から漂白することで、インクルージョンを目立たなくするのです。表面に近い位置にあるインクルージョンにしか利用できませんが、穴が開かないことから処理したことがよりわかりにくくなります。

レーザードリルホールで処理されたダイヤモンドは価値が低い?

レーザードリルホールの処理を施すことで、ダイヤモンドの目立つインクルージョンを除去することができます。そのため、見た目の透明度は上がり、クラリティの評価は高まります。しかし、ダイヤモンドとしての価値は下がってしまいます。これが、冒頭で触れたダイヤモンドの価格差の原因のひとつです。
なぜ透明度は上がったのに、価格は下がるのでしょうか。これは、レーザードリルホールが人工処理の扱いとなっているからです。宝石の処理にはエンハンスとトリートメントがあり、エンハンスは宝石の潜在的な美しさを引き出すための処理であるため天然と表記することができます。しかし、トリートメントは自然では起こりえない化学的な処理を行うことから、天然と表記することはできません。レーザードリルホールは後者のトリートメントであり、この処理が施されたダイヤモンドは天然石ではなく処理石となるため、ダイヤモンドとしての価値が大幅に下がります。

婚約指輪として気に入ったものを選ぶことが大切

3

婚約指輪にあしらう宝石として人気のダイヤモンドは、ほかの宝石の例に漏れず天然モノが好まれる傾向にあります。せっかくの婚約指輪なのだから天然で唯一無二の良い物を贈りたい、という気持ちは間違いではないでしょう。
天然のダイヤモンドは確かに価値が高いものですが、レーザードリルホールが施されたダイヤモンドは、美しく輝けるよう手を加えられたものです。処理の有無にかかわらず、婚約指輪のダイヤモンドとしてふたりにマッチしたダイヤモンド選んでみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム