コラム

ダイヤ

Carat、Color、Clarity、Cut ダイヤモンドの「4C」を深く知ろう

婚約指輪や結婚指輪などでお馴染みであるダイヤモンドの価値は、様々な要素によって定まります。一昔前までは重さ、透明度、色の3つがダイヤモンドの価値の基準でしたが、現在では「形」を含んだ4つの要素がダイヤモンドの価値を決める基準となっています。
以下では、そんなダイヤモンドの価値を決める「4C」について詳しくご紹介します。

重さの価値を表す「Carat」

Carat(カラット)とは、ダイヤモンドの重さの評価基準を指します。
一般的に大きく重さがあるほど輝きの度合いが増し、希少価値は上がります。1 Caratは0.2グラムとされており、“ct”と表されます。そんなダイヤモンドは、ほかの石に比べて大きい石の産出する割合が少ないため、1 Caratあたりの価値はそれだけ高くなるといわれています。そのため、例えば5 Caratのダイヤモンドと1 Caratの宝石が5つある場合では、Caratの合計は同じでも5 Caratのダイヤモンドの方が価値は高くなるのです。

婚約指輪をはじめジュエリーに使用されるダイヤモンドのCaratは、1 Carat以下のものから100 Caratを超えるものまであります。なお、1 Carat以下のダイヤモンドは、“メレー”と呼ばれます。そのなかでも婚約指輪などとして採用されることが多いものは、0.05 Caratから1 Caratだといわれています。
このように、ダイヤモンドの価値を決める際に、Caratが大きく影響することが分かります。

透明度の価値を表す「Clarity」

Clarity(クラリティ)とは、ダイヤモンドの透明度の評価基準を指します。
評価は、不純物が含まれていないか、表面に傷が付いていないか、の2つを基準にして決められます。Clarityのグレードは最も透明度の高いFLを始めとし、VVS、VS、SI、Iと大きく5グレードに分かれます。ただ、同グレードのなかでもさらに1、2、3と細かく分類されるため、評価は全部で11段階あります。不純物や傷のサイズや位置、数や色など評価のポイントはいくつかあり、不純物や傷の程度が少ないほど評価が上がります。特にFLは希少性が高いため、重宝されています。上記のようにグレードは細かく分かれていますが、FLからVSまでは不純物や傷が肉眼で確認することが困難なため、見た目の輝きはほとんど同じに見えるといわれています。そのため、あからさまに違いが見えるわけではありません。少しでも予算を抑えたいという方はVSグレードのダイヤモンドを婚約指輪に選ぶことも一つの選択肢といえます。

プロポーションの価値を表す「Cut」

d-5_2

Cut(カット)とは、ダイヤモンドのプロポーションに対する評価基準を指します。
Cut は4Cのなかでも唯一、人の手によって評価が決まるものであるため、職人の腕が大きく関わり、4Cの中でも重要な部分となっています。そんなカットの評価は、形のバランスだけではなく、研磨の状態やシンメトリー性と複数の点を総合的に見て決められます。Cutのグレードは、この3つの点が高評価であるほど上がり、最も理想的なプロポーションに近いとされるものはEXCELLENTと格付けされます。そこからVERY GOOD、GOOD、FAIR、POORとグレードが下がっていくことになります。

色の価値を表す「Color」

Color(カラー)とは、その名の通りダイヤモンドの色の評価基準を指します。
婚約指輪などに使用されるダイヤモンドには、薄い黄色などわずかに色がついています。ただ、色がついているといってもそれは誰もが肉眼ではっきりと確認できるわけではなく、ダイヤモンドを専門的に取り扱っている熟練の宝石鑑定士が見なければ分からないほどのものです。そんなダイヤモンドのカラーは、米国宝石学会(通称G.I.A.)が定めたマスター・ストーンが基準となっており、これを基にグレードが決定されます。グレードはダイヤモンドの微妙な色の違いにより細かく分けられ、DからZまで、23段階に評価されます。
現在流通しているほとんどのダイヤモンドは、イエローイッシュ、グレイッシュ、ブラウニッシュなどといった少し明るい色であることが多く、無色透明のものは稀にしか産出されません。そのため、無色透明と判別されたダイヤモンドは非常に希少価値が高くなります。一般的には、ダイヤモンドの色が黄色味を帯びているほどグレードが下がっていきますが、一定の黄色味を超えると、今度はファンシーカラーといってダイヤモンドのなかでもまた違った評価がなされます。グレードのつけ方も一般的なダイヤモンドの価値の基準とは異なっており、色味が強いほど希少価値が高くなる傾向があります。

総合的な価値を求めて

以上のように、ダイヤモンドには4つの評価基準があります。どの基準に重きを置くかは人それぞれであり、それゆえ婚約指輪や結婚指輪を選ぶ際にも、価値の求め方は人それぞれであるといえます。4Cを基準に、自身に合ったダイヤモンドをお選びください。

一覧へ戻る

関連コラム

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

新着コラム