• 婚約指輪を賢く選ぶには!?
  • 安心の品質、手の届くプライス……。原石自社仕入れによるメリットって?
  • 賢いカップルが選ぶブランドはコレ!ラグジュアリーを超えた輝きと出会う。

婚約指輪を賢く選ぶには!?

結婚へのカウントダウンが、いよいよスタート。婚約指輪の購入を考えているカップルにとって、予算やデザインに加え「どのブランドで買うか」をどう決めるかは、人生一度の大英断といえるでしょう。
賢く正しい選びかた、早いうちに知っておきたいですよね。

もちろん、このサイトでご紹介しているラグジュアリーブランドなら、その知名度、品格、完成度においてもれなく世界最高峰レベル。どこを選んでも間違いありません。

しかし、ご存知でしょうか? こうしたブランドには大きく分けて2つのタイプがあり、その「違い」を知るのはいかに重要か、ということを。

宝石の王、ダイヤモンドの原石を自社で仕入れるのはなぜ難しい?

それはズバリ「ダイヤモンド原石の仕入れ方」。
つまり、自社で供給会社から直接仕入れているか、あるいは複数の中間業者を通じて仕入れているか、の違いです。
さて、ふたつのうち、より「賢く正しい」婚約指輪選びにふさわしいのは、どちらでしょうか?

答えは、前者。そう、ダイヤモンドを原石(未研磨)の状態から仕入れられる、特別な権利を有したブランドです。
なぜなら、ご存知のようにダイヤモンドは数ある天然宝石の中で郡を抜く美しさで、希少価値もダントツ。そのため原石の入手は非常に困難で、たとえ著名なセレブや大富豪、また彼らを魅了してやまない超高級ジュエラーであっても、そうおいそれと買い付けることはできないのですから。

厳格かつ複雑なプロセスを経てようやく得られる「特権」とは。

そこで出番となるのが、世界最大手「ダイヤモンド・トレーディング・カンパニー(DTC)」をはじめとする原石採掘・供給会社。こうした権威ある企業から原石を直接仕入れるには、トップレベルのカット技術(原石を精確に磨きあげる技術)やすぐれた鑑識眼、徹底した品質管理など、複雑で多岐にわたる厳格な基準を「オールクリア」しなくてはなりません。
これほど別格の権利を得られるブランドは、世界中に何千何万という宝石業者がひしめく中、たった数十社のみ! しかもその資格は永年にわたって保持することはできず、定期的に行われる外部監査などにより失効の憂き目にあうことも……。
それだけで、とてつもない難易度とステイタスの高さがうかがえますね。

安心の品質、手の届くプライス……。原石自社仕入れによるメリットって?

これほどまで厳格に選び抜かれる、ダイヤモンド原石の自社仕入れブランド。カップルにとってのメリットは果たしてどんなものなのか、気になりますね。
さっそくチェックしていきましょう。

  • 4Cをはじめとするクオリティの高さは万全。

    ダイヤモンド、そして婚約指輪を選ぶ際の必須条件といえば、やはりクオリティの高さ。こちらについてのメリットはいうまでもありません。
    なにしろ先述のように、原石を自社仕入れするため厳守すべき鉄の掟は数えきれないほど! そのなかで最も重視されるのは、常に高水準の4C(ダイヤモンドの評価基準)を継続的かつ充分量キープし、あらゆる面で高品位のジュエリーを提供できる実績にほかなりません。
    婚約指輪に確かな品質を求めるカップルにとって、こうした「お墨つき」ブランドの安心感は絶大なものとなるでしょう。

  • シンプルな流通経路の確保で「手の届きやすい価格」を実現!

    品質にこだわるほど、ダイヤモンドはその希少価値もプライスも際限なく高くなるのが世のことわり。しかし意外なことに、業界屈指のクオリティを誇りながらも「手の届きやすい価格帯」で手に入る……。そんな原石自社仕入れブランドが存在するのも、また事実です。
    その理由は、卸売り会社などの中間業者をはさまずにカット、デザイン、ショップ展開まで一括するため。つまり経費を極力おさえることで、知名度やカラット数(大きさ)などは同等でも、原石の自社仕入れができない他社より割安なプライスで婚約指輪を提供できる、というわけですね。

  • 由緒正しき「エシカル」な輝きが手に入る!

    数少ない原石自社仕入れブランドにおいて、今の時代こそ注目すべきは「コンフリクト・フリー・ダイヤモンド」。
    紛争に関わりのない平和、かつエシカル(倫理的)な環境の国や地域での産出を保障する、一点の曇りなきダイヤモンドのことです。
    トレーサビリティ(原産地からの全プロセス追跡可能性)が明確であることも、原石自社仕入れブランドには欠かせない条件のひとつ。そのため、取り扱うダイヤモンドはすべて、クリーンな来歴を証明できるコンフリクト・フリーであることがのぞましいのは当然でしょう。
    由緒正しきダイヤモンドならではの毅然としてピュアな存在感。その輝きは、婚約指輪を身に着けるよろこびをいっそう深めてくれます。

    いかがでしょうか?とっておきの婚約指輪と運命の出会いを求めるカップルにとって、これらのメリットはブランド選びの指針として、ぜひ胸に留めておきたいですね。

賢いカップルが選ぶブランドはコレ!ラグジュアリーを超えた輝きと出会う。

安心の品質、手の届きやすい価格帯、そしてクリーンかつエシカルな出自を掲げたダイヤモンド……。
まれに見るそのメリットをほぼそなえているのは、世界有数の原石自社仕入れブランドの中でもさらに少数派というから驚き! まさに本物中のホンモノです。

では、そんなこだわりの婚約指輪を賢く手に入れたいカップルにだけ、いくつかの厳選メゾンをお教えしましょう。

日本唯一を誇る美意識がキラリ “TASAKI”

まずは、最高級パールでも知られるTASAKI(タサキ)。日本唯一の原石自社仕入れブランドとして長年の実績を誇り、「和」の美意識を細部に宿したダイヤモンドジュエリーは、すべて3EX(トリプルエクセレント)の評価を得た最高級グレードです。近年では、米国で活躍するトップアーティスト、プラバル・グルン氏をクリエイティブディレクターに抜擢。より独創的なコレクションをスタートさせました。

21世紀を代表するセレブブランド “グラフ”

次々に発表される華やかな大粒ダイヤモンドで一世を風靡し、ハリウッドセレブ垂涎のグラフ。1960年創業と歴史は浅くとも、またたく間にラグジュアリーブランドの地位を得た英国きっての実力派です。店頭には目をみはるほどのゴージャスジュエリーはもちろんのこと、1ct未満のダイヤモンドも豊富。勇気を持ってブティックをたずねてみては?

永遠の美と輝きを知らしめた “デビアス”

「ダイヤモンドは永遠の輝き」のキャッチフレーズで知られるデビアスも、原石自社仕入れブランドの代表格。古くから世界中の宝石商を魅了するダイヤモンド・エキスパートとして、比類なき歴史と知名度を誇っています。「世界にひとつ」のスペシャルな婚約指輪を提供するカスタムオーダーは、特におすすめ。ひとりひとりの指もとに調和する、素晴らしいリングと出会えます。

世界で最も美しいと評される ”ラザール ダイヤモンド” 

そして名誉ある原石自社仕入れブランドのなかでも、カットの名門としてジュエリー業界の権威にすら「世界で最も美しい」といわしめるラザール ダイヤモンド。その圧倒的な輝きに加え、さらに特筆すべきは扱う高品質ダイヤモンドのすべてにコンフリクト・フリー証明書を添付、しかも幅広いプライスゾーンを展開していることです。ラグジュアリーブランドに憧れはあっても「手が届かなくて……」。そんなカップルには見逃せませんね。

何万年もの時を経て、ようやく花嫁の指できらめくダイヤモンド。一生愛せる婚約指輪と出会うなら、世界有数の原石自社仕入れブランドをぜひ選択肢に入れてみて。
このうえない満足感と心からの幸福を、きっと実感できるはずですよ。

ダイヤモンドのカッティングが
すばらしいブランドはこちら

世界3大カッティングブランド特集